家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ツアーバス事故について
2012年05月01日 (火) | 編集 |
カテゴリが多くなってしまったので「時事的なこと」にしましたが、
これは、慢性的な問題だと思います。
安さばかりを求めていていいのか・・・と、考えさせられます。

先日の、群馬県で東京ディズニーランドに向かっていたツアーバスが事故を起こし、
乗客7人の方が亡くなり、重軽傷者が多数出た事故について。

私がツイッターでフォローしているだいふくさんの、4月29日のつぶやき。



サイト:T A K A の 交 通 論 の 部 屋
様より、リンクさせていただきました。
今回のツアーバス事故について、「高速路線バス」と「ツアーバス」の違いについて、
2008年に管理人であるTASAさんが実際に[東京⇔会津若松・喜多方線]に高速路線バス・ツアーバス双方に乗った「レポート記事」です。
とても分かりやすく書かれています。
以下にリンクした、不公正な競争」がもたらす社会的弊害について考える
より、読んでみてください。
(このサイトは、管理人であるTAKA さんが、『交通・鉄道・経営等についての分析や訴えたい主張について現地訪問を基に書いた』記事です)

「不公正な競争」がもたらす社会的弊害について考える
----『(概要):都市間バス輸送における路線高速バスとツアーバスの「不公正な競争」の状況について実地検証を含め考えて見ました。(2008年 12月 15日)』

リンクさせていただいた記事を、私が読んだ感想です。

一番、気になった部分だけ。

一部、転載・引用させていただきます。

=============一部転載、ここから。
● 生まれて始めて?ツアーバスに乗ってみる -10月12日 16;30発白虎ライナー-

そうすると出発直前にバスが入り運転手が降りてきて名簿に照らし合わせながら座席を指示して乗せて行きます。まあ添乗員が居ないバスツアーですからこうなんでしょうが、運転手さんは大変そうです。

・・・・・中略・・・・・
(※会津・白虎から東京に到着して)
 降車場所でも誰も居ないので、バスの運転手さんが床下トランクから荷物を出すなど一生懸命頑張って居ます。しかしこの運転手さん一人乗務なので、会津若松駅(厳密には車庫出庫時点から)ずっとハンドルを握り続けて居ます。しかも一人乗務なので途中の乗客休憩地点でも殆どバスから離れて居なかった(少なくとも私が離れた時間よりは短い)ので殆ど休憩しないでここまで乗務して居ます。確かにこの日は渋滞で2時間遅延して居るので想定外とも言えますが、普通に乗務していても行きのJRバス関東の乗務員と比べると過酷な労働と言えます。
(下線は私)

===================一部転載、ここまで。
(管理人のTAKAさんは、東京から白虎まで、行きは高速路線バスに乗り、白虎から東京へ帰るのに、「16;30発白虎ライナー」のツアーバスに乗った、ということです。)

私自身は、母が存命中の今から4,5年前、山梨の「YBSツアー」という会社のツアーで、添乗員さんが付き添ってくれる形で、母と一緒に浅草や軽井沢に行ったことがあります。
その時は、「観光」というのも兼ねているので、乗客への声かけや点呼、案内、細々したことは添乗員さんがほとんど行っていたように思います。
おそらく、乗客がバスに乗っていない間に車内を清掃する、なども添乗員さんがしていたものと思われます。
そういうことを、添乗員がいない場合は、バスの運転手さんがする、というわけですよね。
今回、大事故を起こしてしまったツアーバスの運転手さんですが、
おそらく、過酷なスケジュールを強いられていたのではないかと推測します。


1月28日(土)の朝の地震
2012年01月28日 (土) | 編集 |
情報サイト:「レスポンス」よりリンク、一部転載。
山梨県東部・富士五湖の地震 震度4程度の余震に注意
(2012年1月28日(土) 14時22分)
================
山梨県東部で28日7時43分、強い地震があった。震源地は山梨県東部・富士五湖、深さ18kmの地点で、マグニチュード5.4(暫定値)。山梨県忍野村、富士河口湖市で震度5弱を観測した。

ほかにも中部地方を中心に、東北地方の一部から近畿地方にかけて震度4~1の揺れが広がっている。

================

こんばんは。今朝7時43分頃、山梨県東部が震源の地震がありました。
昨年3月11日の東日本大震災の時も、山梨でもけっこう揺れがありましたが、
その時と同じか、それに次ぐくらいの揺れだったように感じました。
ただ、違ったのは揺れ方。
「3.11」のときは横揺れでしたが、今回は下から突き上げるような、
地響きを感じました。
時間にして20分くらいでしょうか、地震後に地鳴りのような音が聞こえていました。

この地震から、富士山の噴火の前兆か?とか、首都圏直下型の前兆だろうか?、
と推測するのは、専門家でも難しいのでしょうか。

思い出したのは、ユーチューブの動画です。
日本列島で起きたマグニチュード3以上の地震と震源地や規模やエネルギーを
可視化した画像です。
気象庁のページを情報源に個人が非公式で作成した、とあります。
2011年1月1日から始まっています。
3月10日からの地殻変動がすごいです。
読者の皆様、是非、見てみてほしいと思います。
「ジーッ」とか、「ブツッ」という音が出ます。

東北地方太平洋沖地震 発生地点・規模・時刻分布図(2011/10/15)





天皇制と大相撲
2011年11月30日 (水) | 編集 |
デイリースポーツオンラインより、大相撲のニュースを紹介、転載。

================================

大関昇進の稀勢の里「精進します」 
(先代師匠の遺影の前で大関昇進伝達式で口上を述べる稀勢の里(中央)。手前は先代師匠夫人の高谷典子さん。奥は師匠の鳴戸親方=福岡市内の鳴戸部屋宿舎)

大相撲九州場所で10勝を挙げた関脇稀勢の里=鳴戸=について、日本相撲協会が30日、福岡市内で来年初場所(1月8日初日、両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、大関昇進を満場一致で決めた。

 これを受け、同市内の鳴戸部屋宿舎で昇進伝達式が行われた。場所前の7日に亡くなった先代師匠・高谷俊英さん(元横綱隆の里)の遺影が見守る前で、現師匠の鳴戸親方(元幕内隆の鶴)、先代師匠夫人の高谷典子さんと並んで使者を迎えた稀勢の里は「ありがとうございます。謹んでお受け致します。大関の名を汚さぬよう精進します」と口上を述べた。

(2011年11月30日)

================================転載ここまで。

すみません、天皇制と大相撲って、テーマがとても大きすぎるようなのですが、
取り上げてみました。

ちょうど今日昼間私は、
新しく大関になった「稀勢の里」の”大関昇進伝達式”の様子を見ていました。
厳かな雰囲気です。
相撲は「国技ではない」とされているようですが、「神事である」との見方もあるので、そういうことを言われるらしいのです。(らしい、としか今私にはいえませんが)
ただ、いろいろ「手をつけてはならないタブー」があったであろう相撲界も、
元横綱・朝青龍みたいに自由奔放な人が出てきてずいぶん、変わりました。
それに比べて・・・と、そこで私は天皇制を思い出しました。

天皇制の話に戻ります。
このまえ私は自ブログ記事で、「天皇は高齢なので、もう引退してはどうか」「もっと言うと天皇制廃止でもいいのでは?」と書きました。
”天皇引退”について、同じようなことをツイートしている人がいたので、紹介。
(リンク先の緑虫さん(@takashi_aso)のツイートより、赤い文字の部分)

:::::(2011.11.30) @takashi_aso 言われてみれば確かに。 RT @thoton: 同意です。今の天皇制は高齢者虐待です。 @4AG868686 @jijii_kuso 天皇制も隠居を設けるべきですね。定年退職みたいに。 死ぬまで働いておじいちゃんイジメにしか見えません:::::::

秋篠宮さんが誕生日の会見のときに、「今後の皇室のあり方を考えるときに、その過程で、天皇の定年制が必要ではないか」というようなことを述べました。
秋篠宮さん、よくぞ言ってくれました。
私も、そう思います。もう高齢の天皇には、ゆっくり過ごしてほしいです。

ついでにひと言。(このひと言は余計かもしれないが)
「被災地を心配する天皇陛下」を美談に仕上げて放送する大手マスコミ、
そういう演出はやめてください。



【避難所にも個室空間---テントや間仕切りでプライバシー守れ】---朝日新聞より&山梨県韮崎市・内藤ダンボール㈱の宣伝
2011年05月09日 (月) | 編集 |
こんにちは。
連休が終わって、やっとブログを書こうという意欲が戻ってきたような。

これは約一ヶ月前の記事なのですが、ずっと気になっていました。

2011年4月7日(木)付朝日新聞社会面より、転載。

******************************************* ここから。

テントや間仕切りでプライバシー守れ

避難所にも個室空間

 岩手県大船渡市の市立大船渡中学校体育館に、白い半球形のテントが20個並んだ。英国の非営利団体から寄付された「シェルターボックス」のテント。プライバシーが守られ、寒さもしのげると被災者に好評だ。
 テントは直径4.3㍍、高さ2.4㍍。調理器具や簡易浄水器などもあり、家族や知人同士ら5人ほどで暮らせる。母親の友人と一緒に入った女子生徒(15)は「着替えなどの時、人に見られないのがいい。オープンスペースだと、プライバシーがなくて疲れちゃう」。
 
 約200人が避難生活を送る岩手県大槌町の県立大槌高校体育館では、建築家が主宰する団体が、長さ約2㍍の紙製の筒を柱とはりにして厚手の白い布をつり、カーテンのように区切った約50区画の「個室」をつくった。
 1歳の娘がいる主婦Y.Aさん(21)は「夜中にトイレに行く人が横を通ることが多く寝づらかったが、仕切りができて子どもの寝つきもよくなった」と話した。

******************************************* 転載ここまで。

日本では何か災害があると、小中学校通学域の体育館が避難場所に指定されています。
阪神大震災、新潟の地震では、広い体育館にたくさんの人が避難しているという光景を、
テレビ等でずっと目にしてきました。

そういう時に、女の人の着替えとか授乳とか、お年寄りや具合の悪い人・・
というか、結局すべての人ですよね・・プライバシーがなくて気を使って、
あれでは疲れてしまうだろうなぁ・・・と、感じていました。

朝日の記事の写真では、ホームセンターなどで見かける三角のテントではなく、
ドーム型のテントが並んでいます。それが英国から寄付されたものです。
あと、布で作った間仕切りも、何もないよりははるかに良い、と思いました。

山梨県甲府市の小瀬スポーツ公園の体育館には福島県から避難してきた人たちが一時、
滞在していて、その様子が報道されました。、
屏風(びょうぶ)のように折りたたまれているダンボールが、グループや個人や家族連れを個室のように分け、視線のプライバシーから守られている、と感じました。

山梨県韮崎市に、「内藤ダンボール」という会社があります。
甲府市古瀬で使われていたものは、この会社のダンボールです。
家の形をした物もあるようです。
「内藤ダンボール」のことがasahi.comで報じられていました。
一部を転載します。

===============================================転載ここから。

やまなし百年企業

〈内藤〉 段ボール製造販売
2011年04月07日

機械を使って様々な形の段ボールを仕上げていく。左は内藤久夫社長=韮崎市円野町

   ■紙間仕切り、震災で重宝

 災害時に避難所で使う段ボール製の簡易間仕切り「ダンほーむ」を開発した「内藤」(韮崎市)は、3月11日の東日本大震災後、受注生産に追われている。

 「岩手県の避難所に500セットを送りたい」という韮崎市をはじめ、小瀬武道館(甲府市)を一時避難所として開放した県が100セット、新潟市が700セット……という具合だ。

 ダンほーむは、2枚の段ボール板の端をつないで使う。1995年の阪神大震災をヒントに、「避難所で被災者のプライバシーを守る製品」として商品化した。高さ1・3メートル、長さ2・6~3・6メートル。持ち運びしやすく、避難所の床に設置しやすいようにじゃばら状にした点が特徴だ。

 2004年の新潟県中越地震や07年の中越沖地震の一部避難所で使われ、防災関係者の目に留まった。

 顧客への貢献、従業員への貢献、社会への貢献を社訓に掲げる。内藤久夫社長(57)は震災後、朝礼で「被災者の皆さんのために、ダンほーむを届けよう」と呼びかけた。従業員は「被災者のために」という使命感に燃え、1週間程度の納期を厳守。社長は大震災を機に社内の連帯意識も高まっていると実感している。
--------------------------------------------------------
《企業プロフィル》

 韮崎市円野町上円井/創業1861年/設立1952年/内藤久夫社長/資本金3750万円/従業員53人/売上高14億円(2010年12月期決算)

=====================================================転載ここまで。

山梨県の企業、すごい会社があるんだ!と、誇りに思います。
 

『仕方がない』と思う国民性には強権的な知事が合ってるのか? &朝日新聞のどうしようもなさ
2011年04月11日 (月) | 編集 |
こんにちは。
ツイッターでつぶやく代わりに、ブログで少し、つぶやきます。
ツイッターは情報拡散にはもってこいの道具ですが、”「閉じている」感”を感じます。
ブログも”「閉じている」感”はあるかもしれませんが、ツイッターよりかは、いいかな。

■どうして石原さんが都知事に四選されたのか、私には分からない。「みんな」の考えていることが分からない。あの人、原発推進派なんだよね。だったら東京湾に原発、どうだろ?効率いいじゃん、一番電気使うだろうしさ。

■もっとも、「みんな」と言ったって投票率が57.8%だったらしいから、東京都の有権者の何割が石原さんに入れたのだろう。それを考えると、「みんな」は誤まりか。

■心配なのは・・・・石原さん御年78歳。私の埼玉の叔父は72歳だが、亡くなっている親戚・友人も多い。こんな想像をしては失礼だが、男性の平均寿命からして、任期を満了できるのか。

■きのう4月10日(日)の原発反対のデモは、東京で約1万5000人参加、名古屋で約2000人参加だったそうです。今まで、大都市でこんな規模の反原発デモあった?ないよね。なのに、我が家(父&私)で購読している朝日新聞は一行も伝えていない。

■朝日新聞は、本当に報道機関ですか? まさか、「がんばれニッポン!」に酔ってしまっているのか? この規模のデモを伝えないのは、どう考えても不思議です。世界のジャーナリストから「本当に大手新聞社なのか?アンビリーバボー」と思われてしまいますよ。

■「SHIKATANAI」(しかたない)という英語ができませんように。

17:16ごろ、地震がありました。強い揺れです。
福島、茨城の一部で震度6弱です。