家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「美味しんぼ」掲載から一ヶ月…。その時ラジオパーソナリティは当たり障りのない感想だった。
2014年06月17日 (火) | 編集 |
こんばんは。
「美味しんぼ」について。2014年05月12日 (月)の続きです。

週刊コミックス雑誌:スピリッツの「美味しんぼ」が、『福島の真実』という作品の中で、"福島第一原発訪問後に、主人公の山岡の鼻から血が出る"という場面を描いて「物議を醸し」ましたが、物議を醸すというか、前の自ブログ記事にも書きましたが、あれはあくまで、「作品」だと私は思っています。表現の自由でもあります。ヘイトスピーチのようなものとは違います。放射能と鼻血の関係についても、「原因は不明」と表現しています。

今から一ヶ月前の5月13日(火)、「美味しんぼ」について、その「騒動」のさなか、山梨の地元ラジオ局「FMfuji」で、午前8前時台の『Yes!Morning』でパーソナリティが、朝日新聞からのニュースとして伝えた後、少しだけそのことについて、パーソナリティ自身の感想を述べていました。
それは、『デリケートな問題だから、簡単に、福島に住んではいけないという表現をするのはどうでしょうか。』という趣旨の言葉でした。

一ヶ月経って「美味しんぼ」のことをまた私が書くというのは、どうしても、出来事が次から次へと流れていってしまうことへの危機感や、この一言が引っかかっていたというのが理由です。

『デリケートな問題』・・・という感想しか、出てこなかったのかな・・と思いました。
FMfujiのこの番組の人に限らず、そういうような、「美味しんぼ」作者を責めるような論調がとても多く、私は、「作者を責めている人は、福島に限らず放射能で汚染された地域での健康被害のことを何も知らないのか」と感じました。
放射能が原因、とは断定できないが、事故後に症状が出る人が相次ぐというのは、ある程度関係があると思わざるを得ません。
≪"美味しんぼ鼻血騒動"になって初めて、健康被害が注目されたのではないか≫と、ツイッターでは多くの人がツイートしていました。同感です。

なぜ『デリケートな問題』になったかというと、大雑把にまとめると、
政府が移住政策をとらなかったからです。
その時の民主党政権の責任はとても重いですが、
原子力発電政策を進めてきた自民党の責任も重いです。

「福島に住んではいけない、という言い方がよくない」というのは確かに、福島全域が放射能汚染されているかというと、首都圏や東京のホットスポットと呼ばれる場所の方が福島よりも汚染されている、という指摘ならば合っていると思います。
しかし、福島第一原発事故は収束はしておらず、原子炉建屋も不安定な状態で、地震もまたいつ来るか分かりません。今度福島第一原発で何か重大な事が起きれば、風向きによっては、福島でも比較的汚染度の少ない白河や会津を汚染してしまうかもしれないし、朝日の「プロメテウスの罠」でも取り上げていましたが、福島と宮城の県境の丸森町は、原発から60キロくらいしか離れていません。丸森町では、放射性物質が降下しました。



手抜きであっさりハンバーグ。(細けぇことはいいんだよ!?)
2014年05月23日 (金) | 編集 |
こんにちは。

この前私は、夕方になって焦ってしまいました。というのは、
夕ご飯を何も考えていなかったからです。
気がついたら夕方6時くらい・・。
体調や気分が悪いと、そういう時もあります。

その時に冷蔵庫にあったのは、かなり固めの木綿豆腐1丁(生協で購入)、
賞味期限が3週間は切れた豚挽き肉(密封・生協で購入)、
その他、卵や、中途半端に残っている野菜類。

どうしよう、間に合わないな。。と思ったときに思い出したのが、
以前(かなり昔ですが)の職場(病院)の給食の献立の、ハンバーグ。

ここからいきなり、その時つくったハンバーグの材料を紹介です。

豚挽き肉(300グラムくらいありました)

木綿豆腐(300グラム(約1丁))

玉ねぎ



そして、作り方。

木綿豆腐の水分を切る。
キッチンペーパーをぐるぐる巻きにして(水が切れればいいです。ケチらない)、または、
そこら辺にある、清潔なハンカチ(タオルではないもの)を豆腐に巻くまたは覆って、
水分を取る。

玉ねぎをみじん切りにする。
(私は、超急いでいたので、ミニチョッパー(フードカッター)で切りました。
まな板で切る場合、
粗みじん切りでない方がまとまりますが、そこそこみじん切りで大丈夫です)

ボールに、ひき肉と①と②、卵を入れます。
卵は、ハンバーグの具の「つなぎ」です。
卵を入れると、まとまります。
塩、こしょうも少々入れます。
塩は、パパパパパパパ、くらいです。

具材を、手でこねます。
この時に、手が汚れてしまって後で洗うとまた時間がかかる・・・という場合、
薄い使い捨てのビニール手袋があればいいですが、ない場合、
ビニール袋に手を入れて、その中でこねると楽かもしれません。

こねる回数は、私は、今回は53回でした。
(なぜ53回か、というと、
ギョウザの名人という人がテレビに出ているのを以前見たことがあるのですが、
具をこねる回数は44回、と言っていて、44回が一番よいそうです。
念を入れて、53回にしました)

ここで、「パン粉」をまぶして、パパン、パパン、とするやり方もあるのですが、
(そうするとまた食感が違う)
急いでいたので、省きました。

フライパンで焼きます。
フライパンに薄く油を引き、少し熱した後、
手のひらサイズ(私は楕円形の6センチくらい)に丸め、
厚さ1.5センチくらいの形にして焼きます。
中火よりももう少し弱火くらいで片面約5分、ひっくり返してまた5分くらい。
ご家庭のコンロの火加減によっても違うので、その辺は焼き具合を見ながら。
(5分だと、焼きすぎになる場合もあります。我が家は5分です)

ソースは、特に作らずに、完成したハンバーグにケチャップを丸型にかけて、
その中にソース(中濃)を落とす、という適当なやり方で食べました。


まとめです。

木綿豆腐がないわ!という場合、
ちょっとやりにくいかもしれないですが、絹豆腐でもいいかもしれないです。
(私は作ったことがない。今度やってみます)
豆腐がない場合は、豆腐なしでも、いいか!という感じで。
(そうすると、普通の、お肉だけのハンバーグになります)

そして、焼く手間隙の時間がない!という場合、
丸めた後に、レンジでチンしても完成します。
(その場合、500W(ワット)で3分くらいでしょうか。機種によって調節してください)
フライパンで焼くのではなくレンジでチンにした場合、
「蒸す」感じになるので、出来上がりは、焼くよりもしっとりすると思います。


まとめのまとめ。

ボールにひき肉と豆腐(木綿)とみじん切り玉ねぎと卵を入れて、塩コショウを入れて、53回練る。そして6センチ楕円形(厚さ1.5センチ)にして、両面およそ5分焼く、ソースはケチャップとウスターでも中濃でも適当にかける
という、ハンバーグ料理です。
豆腐が入っている分、胃にもたれない感じがします。

拍手コメントありがとうございます!以下、返信。U´・ー・`U

[READ MORE...]
「戦略的『日本人的』コミュニケーション」をとった私
2014年05月07日 (水) | 編集 |
連休が終わりました。
何となく・・・疲れました。何が疲れたのだろう。

家事専業なのにもかかわらず私は(だからか)、きのうの夜、量販店で買ってきたアルコール度数19%のリキュールを、ロックで少し飲みすぎてしまい、酔いすぎてしまった。
で、阿呆だから今日は(珍しく、です)寝坊をしてしまった。私は毎日毎朝ご飯を炊いて、味噌汁を作っています(前日の味噌汁が余った時には、インスタントです。夫は前日の味噌汁は絶対に飲みません)が、自業自得ですが、今日は前日のアルコールのせいでしんどかった。朝、起きられずにいました。夫が作業着に着替えて出かける時になって(その作業着も私が用意するのですが、作業着・タオル・Tシャツの三点セットが出せなかった)、やっと起きて見送りました。
夫はいつもより少し、不機嫌でした。そりゃそうですよね・・奥さんが寝坊しているのだから。申し訳ない。ごめんね本当に、と何度か言ってしまった(何度も言われる方が余計ムカムカするかな、とか思いながら)。夫は「うん」と言っていたけど、目は笑ってなかった。当たり前。
我が家は朝は毎日NHKや民放テレビを流しているのですが、ちょうど夫が出かける2分前くらいに、韓国の大統領の顔が映った。韓国史上おそらく最大の船舶事故に、今度は電車の事故。大統領が責任を追及されている、という報道は毎日流れている。朴槿恵大統領の顔は表情が暗かった。支持率が急落しているという。

夫の話に戻って。なぜ、韓国の大統領の話が出てきたのか。
夫は私のことを心配してくれるし、地域の人や友人からも好かれて良い人です。しっかりしている人です。ただ、どういう理由かは知らないが、韓国人や中国人の不祥事になると(言い方悪いけど)「ざまあ」という話になる(私はそういうのは好きではない)。それを知っていて私は、テレビの中の朴槿恵大統領を見やりながら、「大変だよね、この人も」と、何気ないように見せかけて夫に言った。(不機嫌が少し直るのではないか、と思ったのです。)
その時、無言で不機嫌そうだった夫が朴槿恵大統領について言及した。「あのオバさん、ものすげえ強硬派っつうじゃん。それにオバさん、親の七光りだっていうし」と口を開いた。私は「へえ。それにしても大変だよね」と返事した。
その瞬間、「ああ、嫌だな自分」と思った。まるで、「いじめることで『絆』を強める」小学生のようです。
私が朝寝坊したことが原因の、夫の機嫌の悪さが"朴槿恵大統領への悪口"で、少し良くなったのだろうか、と、見送る瞬間に思った。

F1000170 4月27日の白いタンポポ 2014年


=======================

追記。上記の私の気分とは全く関係なく、韓国で相次いだ船舶や鉄道の事故について。
大体の人は、「韓国のことをあれこれ言ってる場合じゃない、日本だって同じようなもんだろう」と、韓国を悪く言う日本人や、延々と放送する日本のマスコミを苦々しく思っている人も多いだろう(私の夫については、大統領や韓国人への態度(思うこと)は置いておいて、事故については私と見解が同じ)。
しかし、一部では、
「やっぱり韓国は(韓国だから)ダメだ」などと言う人もいるかもしれない。

けれど、日本だって、原発事故や、中央道のトンネル崩落事故、JR北海道の脱線事故が起こっている。インフラが老朽化している部分の点検は徹底しているのか、効率重視になってはいないか、という部分では、
韓国とよく似ていると思う。対岸の火事ではない。


食料品にまで消費税をかけるのは、なぜか。(日本の場合)
2014年05月01日 (木) | 編集 |
またまた、消費税のお話です。

ツイートを貼って紹介させていただきますが、
『日本は 食料品への軽減税率を 導入しない?、できない? んでしょう?
明確な説明されたことあります?』
って、その通りです。説明されたことはない。

生きていくのに必要不可欠な食料品、
そしてどうしても必要な日用品にまで消費税を一律に掛けてしまうのは、なぜなのか。

食料品等にはかけないようにしよう、という議論もあったようですが、
実際には現在、消費税を納めなければならないということは、
食品日用品は非課税もしくは増税しないという議論は、立ち消えになったとしか思えません。

上に紹介した方のツイートの、国税庁のリンク。
こちら→https://t.co/QtfiPeO6Mvより、一部抜粋、転載。

===================
(税大論叢(44号~46号)>論叢46号)
食料品等に対する軽減税率の導入問題

・・・・
2 研究の概要等
(1) 逆進性の実態と対応策
(※管理人コメント:消費税に「逆進性」(収入が少ない世帯ほど、収入に対する消費税の割合が高くなってしまう)逆進性は、認めているようです。)
・・・・
(2) 食料品等に対する軽減税率制度のあり方についての考察
・・・・
イ 対象となる食料品の範囲(※管理人注:ここからが問題だと思う)

 軽減税率の対象となる食料品の範囲については、低所得者層への配慮という政策目的に照らせば、日常的な食料品に限定することが望ましい。
 しかしながら、家計調査などの客観的なデータに基づき、対象となる食料品を合理的な基準で選定することは困難である。また、「生鮮食料品」や「基礎的食料品」として特定することについては、既存の制度に確立した概念がないほか、食料品は一般的に生鮮なほど高価なものが多いといった問題もあり、生鮮食料品等の概念を用いて税法で新たに特定し、定義づける意義、実益は見出せない。そうすると、対象範囲を限定する方法としては、主要国にも見られるように、いわゆる贅沢品を限定列挙して軽減対象から除外することが現実的かとも考えられるが、贅沢品の範囲をどのような基準で特定するかなど問題も多い。
 このように、食料品の一部を合理的な基準で区分することは困難であり、また、食料品の中に税率区分を設けることは国民の間に混乱を生じかねないことから、過去の政府提案においても食料品全体が特例の対象となっているものと考えられる。
 また、軽減税率の設定は消費税の適用税率を異にするものであることから、対象となる食料品の判定に混乱が生じないよう、その範囲を明確にする必要があるが、これを法令だけで網羅的に規定することは不可能である。したがって、法令の解釈、あるいは予想される限界事例等について、通達等により予め統一的な取扱いを定めることが重要となる。

==========================転載終わり。

(※管理人注:下線は私が引きました。これを読んでみると(特に私が独断と偏見で下線を引いた部分ですが)、何だかんだ言い訳をしながら、食品は軽減税率を設けない方針、という風に受け取れます)


国税庁:「食料品等に対する軽減税率の導入問題」には、
食料品以外の生活必需品についても、書いてあります。
ぜひ、読んでみてください。


先日、姪たちから一言ずつ、『喝!』をもらいました^^
2014年04月09日 (水) | 編集 |
3月中旬、私の姪の二人のうち4歳の子が誕生日を迎えました。
健康に、無事に4歳を迎えたことは、叔母としてはとても嬉しいです。
さらに、6歳の姪は4月から小学生です。

4歳の子に、誕生日当日にプレゼントを渡しに行きたかったものの、
無理だったので、一週間遅れでしたが、
6歳の子の入学祝を渡すのを兼ねて、3月下旬に妹の家に行ってきました。
久しぶりのおめでたい出来事なので、お赤飯を炊いて持って行きました。

4歳の姪一人だけに物をプレゼント、というわけにもいかないので
(二人でケンカになってしまう^^)6歳の上の姪にも、
ちょっとしたプレゼントを持っていきました。

プレゼントを渡したら、二人とも、「ありがとう~」と言って、
早速、包みの袋を覗き込んでいました。

でもそれ以上に私と遊びたかったらしく、
「ねえ、おばちゃん、あとどのくらい居られるの?」と、
6歳の姪がしきりに私に聞きます。
妹の家に着いたのは午後6時くらいでした。
「うーんと、30分くらいなら大丈夫だよ」、と答えました。
(家事をある程度片つけて・・・(私は最近体調が良くなく、休み休みだったので)
到着がちょっと遅くなってしまいました。)

二人とも、私を大歓迎してくれました。

「シルバニアファミリー」を父親に買ってもらったらしく、
ちいさなかわいい家が置いてありました。
そこに小さなウサギの人形を持ってきたり、
「プリキュア」の、透明な着せ替えカードを見せてくれたりしました。

でも結局、熱中したのは、木で出来ている積み木。
私の母が、初孫が生まれたときに買い与えた物です。

「公園をつくろう」「道路作ろう」とか、これが意外と楽しいのです。
積み木で、ロボットを作ることになりました。
4歳の姪、私が想像もしていなかったような意外な作り方です。
6歳の方も、頭の部分が「おおっ」とこれもまた、びっくり。
私はちょっと焦り、
「大人だってすごいんだから・・」というところを見せなければと思い、
ついムキになって積み木ロボット作りに没頭してしまいました。
ふと気がつくと、帰宅予定時間を10分もオーバーしていました。

そして4歳の姪に、
「ねえ、おばちゃんさぁ、もう帰らないと。おじちゃんが待っているからさぁ。
この積み木とかいろいろ、時間がないから片つけられないから、
そのままでいいかな?」と聞きながら鞄と妹からもらったおかずを持って、
4歳姪が「うん、いいよ」と言ってくれるだろうと思い、
体だけは玄関の方に向きかけていました。

そうしたら4歳姪が、私の顔をじっと見て、
まるでクリスマスか誕生日のケーキのろうそくを吹き消すようなまん丸の目と、
大きな口を開けて、「ダメーっ!」と言いました。
(今思い出しても、その顔がまた、とても可愛いのです^^(叔母バカ))
私は帰ろうとしていたのを慌てて取って返し、
「だよね、そうだよね、おばちゃんだって遊んだんだからさ、片つけなきゃね。
かたつけよう」
と言ったら、「うん」と返事をしてくれました。
「よし、じゃあ皆で、かたつけよう!」
と、大急ぎで3人で、
積み木やカードや、人形やLEGOのブロックを片つけました。

それにしても、4歳姪の「ダメーっ!」の一言は、効きました。
姪の言うとおりです。時間がない、というのは言い訳にはならない。
遊んで散らかしたら、帰るまでに元の状態にしないと、です。
(この年齢になると、人からハッキリ注意されることなどない。
って、こんなこと書いてるのもなんだかなぁ…ですが^^;)

片つけているときに、妹と、6歳姪のことで少し話をしました。
小学校の時間に慣れるように、リズムを崩さないように夜は早めに寝かせる、
とのこと。

「そうだよねー」と言いながら、私は、
6歳姪に、(こう言われるだろう、と想像はつきながらも)
「ねえ、おばちゃんはさ、いつも夜寝るのが午前の12時くらいなの。夜の。
遅い?」と聞いてみました。(本当は12時よりももっと遅かったですが)

そうしたら姪は、
「それはねぇ、ちょっと、遅いね!」と、
はっきり言いました。
ガーーン!(でもこれは私にとっては、良い「ガーン!」です^^)

それ以来私は、夕食後うとうとしてそのままそこら辺でうたた寝したりせず、
ちゃんとお風呂に入って、
以前よりはずっと規則正しく生活するようになりました。
姪のおかげです。