家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3月10日と3月11日
2013年03月10日 (日) | 編集 |
2013年3月8日付朝日新聞朝刊の「声」欄に、
写真版 東京大空襲の記録 (新潮文庫)
の著者の、早乙女勝元さんの投書が載っていました。

私は、この本をたまに手にとって見ますが、おそらく今回見るのは1年ぶりです。
3月10日の東京大空襲の惨禍、写真での記録はあまり残されていない、というようなことが記されていた記憶があります。
下は、早乙女さんの著書:「写真版東京大空襲の記録」の176,177ページの写真。
和光の時計台が切れてしまいましたが、映っています。銀座と思われます。
著書の中の説明文:焼け跡に佇むアメリカ人。左の人は報道関係者か
と、あります。
(この写真は、3月10日の空襲の後なのか、同年5月の空襲の後か、不明です。)
この著書には、犠牲になった市民の惨たらしい写真もあります。
P1010429_convert_20130310161311.jpg


下は、3月8日付朝日「声」欄の早乙女さんの投書。

----3・10と3・11 ともに心に刻む----

asahi 20130308

その中から、一部を抜粋して、紹介します。

=================(ここから)

 3月10日(1945年)の東京大空襲の後、下町地区は一望の焼け野原だった。当時私は12歳だったが、学校は丸焼け、勤労動員の工場も壊滅し、焦土をさまよっては、めぼしい物を拾う日々だった。
・・・・
大震災後の被災地では、いつになったら故郷の土を踏めるのか、全く見通しのない人たちが多いのに心が痛む。
 平和とは、3・11前まで、ごく平凡な日常だったのだ。それが一瞬にして非日常と化したのは、天災ではない。昨年、福島県南相馬市の被災地に立って何が収束かと呆れ、原発の再稼働・輸出の報にぞっとした。その気持ちは今も尾を引いている。
・・・・
=================(ここまで)

「天災」の部分はもちろんありますが、「人災」の面もありますよね・・。
特に、原発事故です。
まだまだ、続いています。
爆発して壊れた建屋や配管を、人間が被曝しながら撤去していかないとならないし、炉心の状態も分かっていない。まだらに飛び散った放射性物質は、「流通」で全国あちこちに広がってしまいました。
それで、再稼働・新規建設・他国に輸出と言っている政府。
「途方に暮れて」いる場合ではないですが、私はそういう気持ちにもなってしまいます。
ネガティブでよくないんだけど・・・


--------------------------------

「TVでた蔵」より全文転載。(ここから)==============

2013年3月9日放送 6:00 - 7:00 NHK総合
NHKニュース おはよう日本 (リポート)
東京大空襲が起きてから、明日で68年をむかえる。空襲孤児となった子供が高齢になる中、これまであまり語られて来なかった「苦悩」を語り継いでいこうという取り組みが始まっている。
東京大空襲で、空襲孤児で孤児となった子供が現在は高齢に。空襲孤児である星野光世さんは、同じような経験をした人を訪ね歩きながら、記録する取り組みを始めている。この日訪ねた永田郁子さんは戦争時、風呂敷1つで町を彷徨っていた。その風呂敷に入れて持ち歩いていたのは、空襲で死亡した家族の写真や手紙だった。そういう経験を絵に描いていく星野光世さん。
東京大空襲で、空襲孤児となった星野光世さんは、今日から東京・墨田区にある「すみだ郷土文化資料館」で、同じような経験をした人を訪ね歩きながら記録した、5人分の絵などを展示している。 「戦争の怖さ・愚かさ」が伝わればいいと話してくれた。
=================(ここまで)

http://datazoo.jp/w/%E5%A2%A8%E7%94%B0%E5%8C%BA%EF%BC%88%E6%9D%B1%E4%BA%AC%EF%BC%89/13943123

きのうの朝、私は偶然NHKニュースを見ていました。東京大空襲で親や家族を失った女性への取材です。

星野光世さんは、当時女学生くらいの年齢だったのだと思う。空襲で親を亡くし、姉妹3人で親戚の家を頼り、居たそうです。しかし親戚宅では「邪魔者」扱いで当時は辛かった、と言っていました。「でも、今考えてみると、孤児を預かることになった親戚も被害者だったんだ、と思うようになった」、と話していました。
星野さんは、親戚宅に居づらくなり、わずかな荷物を持って姉妹3人で親戚宅を出て道を歩いた体験も、絵にしていました。

また、星野さんが話を聞いた永田郁子さんは、大空襲で家族全員を亡くしたのだろうか、行く当てもなく一週間ほど神社に野宿したそうです。
ぽつんと一人、夜、神社にいる女の子の絵です。


東日本大震災で、津波で家族全員を失った女子高校生がいました。
彼女は、「かわいそう」とは思われたくない、と、明るく振舞っている場面をテレビで私は見たのですが、気が重くなり、言葉がありませんでした。
もちろん、明るい方がいいと思うけれど、
時には、わーーっと、泣いてもいいんだよと、声をかけたくなりました。

原発事故が原因で、牛舎の壁に「原発さえなければ」と書き残して自殺した酪農家の男性のことも、私は折にふれ思い出します。
思い出すのですが、思い出すたびに、どうしたら自殺しないで済んだのだろうかと思っても、無力感を覚えます。



ブログを書きたいのですが
2012年10月26日 (金) | 編集 |
おはようございます。
コメントのお返事をまずしないと、と気になっているのですが、私は今とても体調を崩してしまい、できないです。
あと、記事も下書きをしていたり、「これは」と思い、書きたい記事もあるのですが、更新できません。もうしばらく、お待ちください。
ツイッターでは、少しツイートします。
右下のバーに、私のつぶやきがあります。

(夜です。ここに書いたどうでもいいグチは削除しました)

では。 I'll be back. (また戻ります)




トラックバックテーマ 第1520回「今の時期、長袖?半袖?」
2012年10月02日 (火) | 編集 |


トラックバックテーマ 第1520回「今の時期、長袖?半袖?」



こんばんは。

今年の9月の平均気温は、過去最高になったところが多いようです。

8月、お盆の前後だったかな。ちょっと涼しくなったと感じるようになったら、
また、暑さぶり返し・・その後、9月になったら少し暑さが収まるかと思えば、
ずっと32度くらいの日が続き、
そして、もう10月はさすがにいいだろうと思ったら、
きのうは甲府で30.0度で、我が家のあたりでも、同じくらいの気温でした。
しかもきのうは、夜になっても蒸し暑く、頭はぼやーんとしてしまうし、
寝苦しかったです。
今日は、きのうよりは、いいかな。

でもまた、フィリピンの方に台風が出来ていますね。
「秋だわ~」というひやっとした寒さに、なかなか、ならないです。

前置きが長かったですが、私は今日は、七分袖にしようか長袖か、迷いました。
結局、長袖の薄地のシャツを着ています。
急に寒くなると、朝晩は寒いけれど、昼間暖かい、という風になって、
出かける時など、服装に悩んでしまいますね。
7日の日曜日は、上の姪っ子の運動会なので、何を着て行こうかと悩みます。
去年は、10月8日か9日でしたが、薄いコートを着ていったら、暑かったです。



感傷的な日々
2012年09月06日 (木) | 編集 |
大分麦焼酎・二階堂のCMがすきです。
2009年の「消えた足跡」が、私は一番いいかな。
子どもの頃に母の兄弟家族で集まって、
にぎやかだったあの夏を思い出します。
もうすぐ、彼岸花が咲きます。

(灰色の文字は、ナレーションです)


大分むぎ焼酎 二階堂 「消えた足跡」



近道は 遠回り 
 
急ぐほどに 足をとられる...




大分むぎ焼酎二階堂 2012



思えば 守れない約束ばかりだった

会いたい人と 会えない人

風の便りは いつも風向き次第...





大分むぎ焼酎二階堂 「黄昏の想い出」2011



あの頃の私に出会えたら どんな言葉をかけよう

深呼吸をして 前を向く

降り積もった日々が 私の背中を 強く押します...



もう一つ。曲がよかったので。

二階堂 遠い憧れ 2003



錆びついていた時計が 再び時を刻み始めた...


[READ MORE...]
タイトル未定です。とりあえず、アップです。
2012年08月09日 (木) | 編集 |
こんばんは。

おとといの夕方くらいに気がついたのですが、
「何か、”スイカの収穫”以外で今日はすごくアクセス多い!?」
と気づき、アクセス解析を見てみたら、
「たかしズム」!たかしズム「ネトウヨ、バカウヨ、ネット右翼、恥さらし、売国奴、日本の恥」を語るための、たかしのブログ
こちらのブログの、たかしさんが私のブログを紹介して下さっていました。
たかしさん、ありがとうございます!

記事は、こちらです。→今井一氏の「原発国民(都民)投票」について思うこと

私のことを、たかしさんは、「男性的」といっています。
コメント欄が興味深いです。
たかしさんの記事中、『馬鹿な主婦』について。
今日、偶然にも妹が置いていった本の中に、面白い見方を見つけました。
少々お待ちください。
原発国民投票について、『馬鹿な主婦』について、
私も記事を書こうと思います。ちょっと待っていていてくださいね。