家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一つ前の記事、ちょっと訂正
2009年09月30日 (水) | 編集 |

『きれいごとやゴタクを偉そうに並べても、路上生活の人に限らず、実際に困っている人に寄り添って活動をしているわけでもない私は、ブログでは「何か人にためになりたい」という欲求の限界を感じることがある。でもそう思いながら、偏見や偉そうな気持ち、先入観があることは否めないと思った。』

ちょっと待った。
自分の書いたことを、もう一回、家事の合間に直そうと思った。

さっきの記事、こんなことを書いたけど、
そんなこと言えば、絵を描く人、文章を書く人、音楽をする人、
「何もしていなく」ても、弱い立場の存在の、動物や人に対して心配している人、
そういう人たちのすることすべてを否定することになってしまう。

それこそ、みんなにとって、何の得にもならない。

きれいごとやゴタクを並べててもいいんだよ。

私は、うだうだでも何でも、ブログを書くことは出来る。
ブログを書いて、「少しでも」、憂えている状況が良い方向にいけばいいな。
それでいいか。プラス、自分のできる範囲で何か。



コメント
この記事へのコメント
続ける事
大き過ぎるチャレンジをして、つぶれるより、
少しずつでも、止めないこと、続けること、
そういうことが、変化を生む、と思います。
もちろんブログも。

ゆうこさんの、正直さがステキです。
2009/10/01(木) 02:15:36 | URL | 緑虫 #0iaDgzFo[ 編集]
Re: 続ける事
☆緑虫さん、こんばんは♪コメントありがとうございます!e-415

> ゆうこさんの、正直さがステキです。

み、緑虫さん…ありがとうございます。(*´・▽・`*)
緑虫さんにそういうこと言われるととても嬉しいです。(*´ー`*)ゞ

本当の私は正直なんだろうかどうか…

でもやはり、このブログの「ネタ」は私の心の中だと自分では思っているので、
思ったこと感じたことを整理しながらも、そのまま、書き表そうと思っていて、
そうすると、この記事のようになるのでしょうか。。。と思います。(´・ー・`)

緑虫さん、私の方こそいつも、緑虫さんからエネルギーをいただいていますよ。
勝手にエネルギー源にしています。。(笑)
緑虫さん、ありがとうございます!
2009/10/01(木) 18:33:30 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
ご訪問・コメントありがとうございました。
相手に「何かを施す」としますと、
こちら(自分)側の満たされない何かを埋めることになることが多いような気がします。そのために、施しをするのです。とっさに手を差し伸べる場合は、どうなのかわかりませんが・・・。
そして、施しを受けた側がどう受け取ったかは神様しかわかりません。相手は心底の共鳴を受けたとしても自分には確認のしようがありませんから・・・。
このように酔って(今宵は、サントリーダブルグレープフルーツ)考えてみますと、100%迷惑をかける真剣な意気込みで施しをすることしかないような気もいたします。
でも、結局「傲慢」な」自分という意識は消えませんし、こうやって書いていても傲慢な自分がいるだけなのです。
だから、飲むのです。e-78
2009/10/01(木) 23:20:54 | URL | syuuhou #-[ 編集]
Re: ご訪問・コメントありがとうございました。
☆syuuhouさん、おはようございますv-481コメントありがとうございます!☆

> 相手に「何かを施す」としますと、
> こちら(自分)側の満たされない何かを埋めることになることが多いような気がします。

それは、あるのでしょうかねぇ・・。
「施す」・・この場合は、”恵みを与える”(--旺文社国語辞典--)の、「施す」になるのでしょうか、
それとも・・”考え出して行う”(同)なのでしょうか・・。

写真家の宮嶋茂樹さんの、
『サマワのいちばん暑い日--イラクのど田舎でアホ!と叫ぶ--』という著書の中で、
日本中が「自己責任」という言葉で大騒ぎになった、3人の人質について宮島さんが書いていたことですが、
<この国の泥沼を招いているのは、オノレらがしていることが絶対的に善であるという思い込みであろう。オノレらの無謬性を信じて疑わない未熟さが、人質事件を引き起こすきっかけになっていることを、解放後、お三方には真摯に反省していただきたい……。>
という部分を思い出しました。
アメリカは、民主化=善みたいなところがあると思います。
それは置いておきまして、
人質になってしまった方に対して、私は「自己責任」なんて思いたくありません。(きれいごとかもしれませんが)地球は皆のもので、国境は人が勝手に引いたもの(--「超きれいごと」ですがそう思う)なので、あの人達を責めたくないと、当時も今も思っています。
しかし、「オノレらの無謬(むびゅう)性を信じて疑わない」という部分には、少し頷ける部分もありました。
でも、そうなんですけどね・・・やはり、困っているのなら、自分でできることはできる範囲で、できる限り・・というのは、私は思います。

> でも、結局「傲慢」な」自分という意識は消えませんし、
「傲慢」でもいいんですよね。と思います。

> だから、飲むのです。e-78
syuuhouさん、私もですよ!v-275
syuuhouさん、ありがとうございます。
2009/10/02(金) 05:59:54 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメント追加・・というか、訂正

先の私のコメント、
「でも、そうなんですけどね・・・やはり、困っているのなら、自分でできることはできる範囲で、できる限り・・というのは、私は思います。」

違う。
誤解を生む表現だな。訂正。

困っている人がいるのなら、
私ができることなら、できる限り、いい方向に行くように、
少しでも力になれれば、と思う。
うーんこれでいいのかな。ちょっと時間がなくなってしまった。
2009/10/02(金) 06:07:18 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
難しいのです。
飲むのです。
そうですね、国語辞典は最低限の会話を成り立たせるための
もので、是非が存在すると思うのですが、「施し」というのは
自己欺瞞と本能の混在する極めて人間的なものだと考えます。
人間的とは、あらゆるものが割り切れない土壌の上に生きるという意味合いとともにグルグル巡りめくイメージです。
2009/10/04(日) 23:54:32 | URL | syuuhou #-[ 編集]
Re: タイトルなし
☆syuuhouさん、おはようございます☆
コメントありがとうございます!(n‘∀‘)η

「施し」という言葉は私自身がほとんど使わない言葉なので、意味を調べてみましたが、
言葉というのは、”たかが言葉、されど言葉”で、大事だと思いました。

> 人間的とは、あらゆるものが割り切れない土壌の上に生きるという意味合いとともにグルグル巡りめくイメージです。

--------

『有限な存在でありながら無限の精神を持つ私たちは、

ひたすら苦悩し、そして歓喜するために生まれてきた』

----「名言サイトの決定版!【一千人の名言集】」というサイトより----


私は”名言・格言”というものはあまり好きではありませんが、
ベートーベンのこの言葉だけは別で、昔、若かった時に悩み過ぎた時に、
心の中で繰り返したことがあります。
今でも、辛い時には心の中で繰り返しています。
2009/10/05(月) 04:45:32 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック