家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そばにいることしかできないけど…
2009年09月23日 (水) | 編集 |
さっき起きたけれど、すぐにはうぴしのところに行けなかった。
もしも、モコモコのお腹が息をしていなかったらと思うと、怖くて。


今日はかかりつけのお医者さんがお休みだが、連絡がつくかどうか、
急患で診てくれるかを聞き、もしダメだったら、ここから車で25分くらいの、
休日でも診てくれる大きな動物病院がある。

でも、考える・・。
栄養剤を打つとか、(うぴしは人間で85歳くらいで)心臓が弱っているので
一時的に強心剤を打つとか、してもらったほうがいいのかな。
それとも、負担のかかる移動はせずに、ずっと私とうぴし、一緒に家にいる方がいいのかな。

できる限りのことをしたほうが、「悔い」はないような気がするが・・・。

と、ここまで書いてまた考えるが、
「もしかして今はただ眠くてお腹がすいていて動けなくて、
吐いたり下痢をしてしまうと体力を消耗するけど、
栄養剤を打ってもらったら、うぴしまた元気になるかな・・」
と思ったり。

判断が難しいが、
うぴしのテロメアは、あとどのくらい分裂するのだろうかとか、
テロメアと寿命は本当に関係あるんだろうかと考えたり。

犬でも人間でも、こんな時は不安でいっぱいだろうと思うので、
とにかく、うぴしと一緒にいてあげよう・・・。




::::::::::::::::::::::::::::::::::

きのうは父も、うぴしのことを心配していたが、
「いい犬だったな・・。お前がよく可愛がってやったから幸せだったぞ(´-ι-`)」

「だった」ーー!?すでに過去形( ´゚д゚`)


今はどうなるのか心配してるだけしかできないが、見守る。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック