家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東京行きは荷物がすごい
2009年09月04日 (金) | 編集 |
埼玉のおじが先日、梨を送ってくれた。
毎年、この時期になると送ってくれる。

今日は母のところへ行くのだが、なんと、梨を6個、持ってきて欲しいという。(数指定・・笑)
「うん、分かった~(´・ー・)」と何気なく返事をしたが、ちょっと待った。
梨6個って・・梨1個がすでに重い。しかもサイズが大きい。6個?・・6個?6(ry
私が持って行くの?
そうなの?そうだね。ヽ(´・∀・`)ノ( ゚Д゚)

あと、父が作っているトマトがあったら、持ってきて欲しいという。
そして頼まれた身の周りのものに、この前持ち帰って洗ったパジャマやシャツとかも、
私が全部持っていくということ?
そうだね。いいよ。大丈夫だよ。

よし、気合。(`・ヘ・´) |ι´Д`|っ
体力的にきついのは仕方ない。

でもね・・それで帰りが楽になるかと思えば、牛乳が給食で出ても飲まないからとか、
これは同室の人にもらったけど置き場所に困るし、食べ物は家に持って行ってくれ、となる。
プラス、洗濯物。
結局、行き帰り荷物がすごい。
だから、帰りに寄る所が本屋さんに限定されるのが難点である。
あの状態で、おしゃれなお店には入れないよ~。(^ω^;)

-----------


きのうは涙でシクシクしてしまった。身内のお葬式の時や飼い犬飼い猫が死んだ以外では、
人前で涙など・・。


きのうもそうだったが、人が私のために考えてくれた言葉は、
私の心に寄り添ってくれ、いつでも思い出してその言葉で自分を支えることが出来る。

また、ここで書いてしまって、すみません。

「意識して美味しいものを食べてください。」
「自分を大切にしないと、他人を守れません。」
「泣いていけない場面なんてない、というアイデアもアリだとは思います。」
「私も父も母もガンを患って現在は一応回復しております。」
「気丈にふるまう必要もないのだとおもいます。」
「感情のままどうかお過ごしください。」
「頭の中でシュミレートして整理すると、落ち着いて、心の準備もしやすいかもしれません。」
「いつも見ていますよ。」
「深呼吸をしてみて。」

家族以外の人に、親しい友人でもないのに、私への言葉を考えてくれて、
あらためて、ありがとうございます。
本当に、ありがとう。
おかげさまで、これからも私は、何とか大丈夫そうです。

では行ってきます。

(うぴしは、今下に見に行ったら、足の肉球の腫れはかなり引いていました。
よかった~。)

コメントありがとうございます!記事を先に書いてしまいスミマセン。
帰ってきたらお返事書きますね。(^o^)ノ


コメント
この記事へのコメント
頼まれたら
頼りにされているから頼まれるんですよ。それは素晴らしい事だと思いましょうよ。
病室に着いたら、お母上様に梨を取り出して、ほらちゃんと持ってきたよと笑顔で渡してみて下さいね。きっとお母上様も嬉しくなって、笑顔を返してくれると思います。
知り合いがいない病院に居ると、笑顔になる機会がすくないと思います。楽しい気分になって笑顔になれる事って、病気と闘う上でとても重要な事だと思います。
2009/09/04(金) 09:33:13 | URL | katsuei #bQBrz5D6[ 編集]
私も
私も、ゆうこさんから、たびたびエネルギーと元気をいただいております。
感謝です。

「寄添う」、、、良い言葉だと思います。
2009/09/04(金) 11:40:35 | URL | 緑虫 #0iaDgzFo[ 編集]
Re: 頼まれたら
☆katsueiさん、こんばんは!コメントありがとうございます☆v-483

> 病室に着いたら、お母上様に梨を取り出して、ほらちゃんと持ってきたよと笑顔で渡してみて下さいね。きっとお母上様も嬉しくなって、笑顔を返してくれると思います。

katsueiさん、きのう病院に梨を持っていったら、とてもとても、喜んでいました。
今から抗がん剤治療が進んで白血球の値が下がると生物(なまもの)が食べられなくなるので、
それに、病院では新鮮な果物が不足しがちなので、母は本当に喜んでくれて、
満面の笑みでした。「重かったのに、ありがとねー」と言ってくれて、持って行った甲斐があったと、
私はとても嬉しかったです。

> 楽しい気分になって笑顔になれる事って、病気と闘う上でとても重要な事だと思います。

笑うこと、楽しい気分になることというのは、大切ですよねぇ。
特に、がんという病気と闘っているのでなおさら、暗くなりがちですが、
私が母のところに行くと(私はのん気なのか、たまに母ががんだということを忘れてしまい)、
どうでもいい世間話などをしてしまいますが、母にはそれが息抜きのようです。
出来る限り、母のところに顔を見せに行ってあげようと思います。

katsueiさん、「ほらちゃんと持ってきたよと笑顔で渡してみて下さいね。」
という言葉をかけていただき、うれしいです。今度はぶどうが食べたいというので、
また、母に笑顔で渡そうと思います。
katsueiさん、ありがとうございます!(^o^)
2009/09/05(土) 18:33:13 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
Re: 私も
☆緑虫さん、こんばんは!コメントありがとうございますe-420

> 私も、ゆうこさんから、たびたびエネルギーと元気をいただいております。
> 感謝です。
あ、いえいえそんな・・・(ノ*´∀`*) 
緑虫さん、私の方こそ、です。
(お顔はブログで拝見したことがありますが(笑))
声も聞いたこともないのに、
緑虫さんを勝手に心の友にしてしまっています(笑)。
皆さんに対してもそうなのですが、
私に言葉をかけてくれるために、時間を割いてくれている・・
それがとても、心にじんわりと温かくて。

> 「寄添う」、、、良い言葉だと思います。
こういう、嬉しい気持ちをどのように表現しようかと考えたら、
「いつでも取り出して、自分の心と体全体を包むことが出来る・・」
そんな感じがしたので・・。
緑虫さん、ありがとうございます。U´・∀・`U
2009/09/05(土) 18:52:49 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック