家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


言い知れぬ不安が・・・
2009年08月18日 (火) | 編集 |
先週金曜日に母は、紹介された山梨の新しい病院を受診したのだが、
結局、そこでは治療をしないことになった。

患者がとても多く、対応できない・・ということだった。
妹が勤める精神科の院長のつてだったので、話だけは聞きますという感じだったらしい。
「ビスホスホネート」という骨の破壊を防ぐ効果のある点滴を、
するのかしないのか生返事な感じで・・と母は言っていた。

母が最初に大腸の手術をした病院に戻って、そこで治療されるのはどうでしょう?
と言われたらしいが、母はその病院が信用できないから違うところで治療を受けたいのであって、
もう、東京の病院しか選択肢がなくなった。
・・・というと暗くなってしまうので、「まだ東京の病院がある。医師が診てくれる」
という風に考えた方がいいかな。


季節が、朝の風が、秋らしくなってきたような気もする。

新型インフルエンザの感染が、不気味に広がっている。

母に元気がない。また体重が減ってしまったと・・。
毎日お灸をしているので、それでギリギリ保っている感じで・・。

骨に転移した腫瘍そのものを点滴で小さくして、それから放射線治療・・
ということらしいけど、
その点滴は(まだ分からないけど)、2,3週間に一度、48時間かけてする点滴とか・・
そうすると、足掛け3日くらいは入院することになる。(ビスホスホネートとはまた別の点滴)
山梨と東京を行き来して、その間に体力が消耗してしまわないか・・。

今日、東京の主治医に電話して、先生のところでお願いしますと話すらしい。

不安・・。

と私が不安を感じても、どんどん日は過ぎていくわけで・・・
うーん。

わけも分からずいきなり災害や事故などで死んでしまうのと、
死ぬ準備ができるのと、どっちがいいのだろう・・と考えてしまった。
私なら、準備ができる方がいいのかな・・
でも、死ぬ恐怖と病気と闘いながらの準備かぁ・・。

秋に向かえば暑さも去って過ごしやすい、と思えばいいのに、
今朝の風が涼しいのが、どこか不安でしかたない。

誰もが、こういう思いを抱えないといけない時期が来るんだよね・・
私は、それが今なんだろうなぁ。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック