家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


国立国会図書館法改正?
2009年07月17日 (金) | 編集 |
私の選挙区は、山梨一区である。だから、
というわけではないのだが、たまに、偶然見つけたこの国会議員のブログを読んでいる。
山梨一区から出馬するであろう赤池誠章さん。

『国立国会図書館法改正』という記事が気になった。→こちら

民主党が、日中戦争~太平洋戦争の日本の(?だと思う)戦争責任を追及する”恒久平和調査局”という部局(?なのかな)を国立国会図書館に設置するという案を出したらしいが、こっちは流れて、
インターネットに関することだけが「上程採決」(議会で採決)されたらしい。
(む、むずかしい・・・けど、気になったのでブログ記事として書いてみた)

で、何が上程採決されたか?と思って調べたら、このブログにたどりついた。
【冒険少年ニュース塾EXTRA】→こちら (管理人の安保 仁さま、無断でリンクさせていただきました)
(インターネットの利用に関する法案ですが、ものすごく長いけれど、管理人さんが全部載せています)

私が気になったのは、赤池誠章さんのブログの、
「●国立国会図書館法改正案が上程採決」の項目の文章の3分の2くらい読んだところの、
”鳩山由紀夫民主党代表が、保守という仮面を被った売国奴であることの証明でもあります”
という部分。
赤池さん、鳩山さんが売国奴ってさ・・。すごい言い方だわ。(^ω^;)

ただ、赤池議員が鳩山代表に批判的なこととはまったく違う意味で、私は、国会図書館に
”恒久平和調査局をつくる”というのは、どうかなぁとは思うけれど。
まず、・・・(すみません私の頭ではあまり難しいことは考えられなくてこれが限界ですが)
◇「国で」そういうもんをつくるの?・・ ということ・・
◇(分かりやすく言ってしまうと)「私のしごと館」のように、”塩漬け状態”というか、
有名無実になってしまわないか・・ ということ・・

もちろん、鳩山民主党代表のあの戦争を忘れてはいけない、日本がしてきたことを忘れてはいけない、
という姿勢はとてもいいと思う。

また、これは赤池さんのHPのカテゴリ:「政策」の下”誠論(せいろん)のところで見つけた記事。
『8月15日 靖国神社参拝は現代の踏み絵』→こちら(2007年8月27日付)
この中の一部より。
「靖国神社は、幕末維新の志士たちの同士葬から始まりました。
志半ばに倒れた同志を慰霊顕彰し、その思いを引き継ぐための儀式です。
それを明治政府が制度化したのが靖国神社です。
日本国民の精神的安全保障の拠点だと思います。」

靖国神社が、日本国民の精神的安全保障の拠点・・・そうかな?
赤池議員は、この記事の2年後の今でも、おそらくそのようにお思いであろうが、
精神的安全保障といえば、やっぱり医療と年金でしょ!
・・介護もね・・育児もね・・教育制度もね(-_- )

と私は思うけどねえ。(´・д・`)

あと、憲法9条が、私にとっては「精神的安全保障」かな。そこらへん、赤池さんとは違う。
民主党中心政権になったら気がかりなのは、憲法9条に関して、考え方がバラバラ??
なのかな・・ということ。

話は戻って、鳩山民主党代表の、国会図書館に恒久平和調査局をつくるということ自体は、
「うーん・・・」とは感じるものの、考え方の根っこは、私自身は鳩山代表と通じるものはある。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック