家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まだ続くよ 『悩みのるつぼ』
2009年07月02日 (木) | 編集 |
この前、「私の感想はまた書きます」とか大げさに書いといて、
何だろうこの内容の滅茶苦茶さ加減は。。。なんだか申し訳ないですが・・

「破綻して、職業も名誉も家庭も失った時、はじめて人間とは何かということが見えるのです」、
「私はいま作家としてこの世を生きていますが、人間とは何か、ということが少し分かり掛けたのは、
31歳で無一物になった時です」
だって?
そりゃ、車谷さんは作家になるくらいだからそういう才能があるだろうし、それを生かせるだろうし、
無一物になってもその才能をお金を稼ぐのに使えるし、それに、
人生の一番いい時期が、「自己責任で生きろ」みたいなカサカサした世の中ではなかったからそう言えるのではないだろうか?と、私は思ったりもした。

でも、考えるよ。極端に言うと、
全ての人が「味気ない人生」だったら。
逆に、全ての人が「自分の気の赴くまま」、生きたら。
どうなるんだろうこの世の中。

恋愛に限らない。仕事や趣味が面白くてのめり込み、夫婦の仲が冷えて離婚する人もいる。
それ以前に、やりたい仕事や趣味のために、結婚しないという人もいる。
でも、「生きているのに生きてない」感じより、ずっといいかもしれない。
「ずっとこの状態を保つ」のが目的になってしまうと、生活は段々、いろどり(彩り)を失っていく。
だからといって私は浮気や不倫(あまり品のない言葉・・)が必要不可欠と言ってるわけじゃない。

私は?どうか。私たちは。
もしも私に、「この人の手をずっと握っていたい、離したくない」と思う人ができてしまったら。

ダンナが私の手を握る力は、私のそれよりもずっと強い力だというのは感じる。うぬぼれでもなくて。
私は、本気でないと、浮気なんかでは簡単に手を握ることは出来ないだろう。
もしもそういう人ができてしまったら、ダンナのことは傷つけたくないが、思い切って胸に飛び込んでしまうかもしれない。(欲張り・・というか何考えてんだよ・・・と思われた方、まあそういうことです)
だから、両手を離さず、しかもダンナには絶対にバレないようにするでしょう。(大変だな)

でも・・こんな妄想じみたことまで考えてふと、気がついた。
そんなことができるくらいなら、社会不安障害なんてとっくに治っているだろう、と・・・。
ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ


コメント
この記事へのコメント
はじめまして、
記事 面白く 読ませて頂きました。
全く同感です。

たしかに、破綻から 始まることも
多いと思います。 (戦後の日本社会 自体とか・・・)

でも、破綻を 目指しての 破綻では なく
やむなくの 破綻のはず。

「破綻して、(略)はじめて人間とは何かということが見える」 というのは
断定的で、視野の狭い、単なる 自己肯定に 思えます。

そして、とても 無責任だと思いました。

突然の 書き込み 失礼しました。










2009/07/06(月) 07:08:57 | URL | naya #dpHUiJhs[ 編集]
Re: タイトルなし
♪nayaさん、こんにちは。はじめまして♪コメントありがとうございます!
とても嬉しいです!^^

> たしかに、破綻から 始まることも
> 多いと思います。 (戦後の日本社会 自体とか・・・)

そうなんですねぇ・・。あの戦争は、酷い破綻だったと思います。
ちょっとここからは話題が逸れるのですが、でも日本は、あの破綻で「もうこりごりだ」という、
そういう思いを最近忘れがちになっている人が増えているのかな・・・と、
勢いのいい人たちを見ると、心配になってきたりします。(ちょっと話が逸れましたが・・)


> 「破綻して、(略)はじめて人間とは何かということが見える」 というのは
> 断定的で、視野の狭い、単なる 自己肯定に 思えます。
>
> そして、とても 無責任だと思いました。

私は、この40代男性高校教師は、煮えきっていない感じがするんですよねぇ。
「好きだ!」「あの子のことしか考えられない」というのではなくて・・・だから、車谷長吉さんは、
「あなたは小利口な人です」なんていう回答を出したのでしょうか・・。

この相談に関しては、好きになった女生徒が17歳だし、高校教師の奥さんと子どもはどうなるのか・・
と思うとやはり、私の考えとしては「決着をつけてから」の方がいいのかなぁ・・なんて。
女生徒が好きだなんて家族に言って、彼女をどうしても好きだと告白して、そして17歳女生徒の家族からはひんしゅくを買い・・・家族と女生徒両方失うかもしれない、そういう覚悟はこの人にはない気がします。で、「駆け落ち」なんてしてしまったら、大昔じゃあるまいし、親子ほども年が離れているのだから、この不安定な時代、17歳の女生徒の将来を考えなくてはいけないし・・・。って・・私も、「小利口」な人なのでしょうか^^;ゞ

でも、「恋愛」とはまた別の意味で、車谷長吉さんの回答は頷ける部分があるんですよねぇ。
それはまた、今度このブログに書いてみようと思います。
nayaさん、コメントありがとうございますv-411
2009/07/07(火) 17:37:57 | URL | ゆうこ #-[ 編集]

> 「決着をつけてから」の方がいい
同感です。

記事 楽しみにしていますv-221


2009/07/08(水) 07:37:20 | URL | naya #dpHUiJhs[ 編集]
Re: タイトルなし
♪nayaさん、こんばんは!コメントありがとうございます☆♪

> 記事 楽しみにしていますv-221

あ、いや~なんか、嬉しいです・・(ノ´∀`*)
家事をしながら考えて…まとまりそうになったらまた書きます。v-222(^^)
ありがとうございます。
2009/07/08(水) 22:36:16 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック