家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『骨太の方針』って、どこの言葉??
2009年06月13日 (土) | 編集 |
テレビから聞こえてくるニュース。
「いわゆる『骨太の方針』が・・・」と、キャスターが言っているが、
今日、急に、
「そういえば『骨太の方針』って、何だ?骨太?
政府が自分で言っているの?自画自賛?何語?どこの言葉?」
と、疑問符がいっぱい自分の頭の中に・・・。

まず、国語辞典で調べた。
ほね-ぶと【骨太】
①骨格のたくましいさま。(例)「---の指」
②気骨や気概のあるさま。「---の作品」
 by旺文社国語辞典

(ちなみに、近くに「骨抜き」という言葉もあったが、
「気骨」「骨っぽい」「骨無し」「骨張る」「骨身」など、「骨」を使った言葉はけっこうあるものだと思った。
しかし、政府が、国語辞典にある”「骨太」だ”と感じられたことは、
『骨太の方針』が使われてから一度も無いような気がする・・のは私だけか・・
だって頼りないんだもん日本の政府・・・年金とか医療とか介護とか教育とか)
(ちょっと付け加え・・・ただ、国民皆保険制度はいいと思うけれど・・介護をもう少し何とか)

「今現在、報道で一般的にどういう意味で使うか」と思いwikipediaで調べてみた。

骨太の方針(ほねぶとのほうしん)とは、2001年6月に答申された「経済財政運営と構造改革に関する基本方針」に際して、当時の内閣総理大臣小泉純一郎が、聖域なき構造改革とともにキャッチフレーズ的に使用し、一般国民に浸透させた言葉である。・・・後略。

キャッチフレーズ的・・って、そうだったのー。・・・・。

骨太の方針2009は、毎日新聞のこの記事が私には分かりやすかった。
<骨太の方針>2009素案明らかに 赤字半減「5年以内」....毎日新聞2009年6月9日配信
 →こちら
すみません、今さら・・という感じなのですが、よく分かっていなかったです。

しかし・・・変な言葉だな~。というか、キャッチフレーズ?
ふーん。はあー。
永田町言葉?
・・・・。
居心地悪い言葉というか、気持ち悪いというか、
『骨太の方針』。


コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
骨太の方針が骨抜きにされるということは、
骨の成分が抜かれるわけですね。
カスカスに・・・。
骨しょしょうしょうです。^^.
骨を抜く人は、やたらと
「等」の文字を使ったり、○○するを妨げないと言ったり、この限りではないと使ったりしてカスカスにするんでしょう。
アジの小骨を取るなんてへっちゃらでしょうね。
2009/06/14(日) 00:15:32 | URL | syuuhou #-[ 編集]
Re: タイトルなし
♪syuuhouさん、こんばんは♪コメントありがとうございます!v-483

syuuhouさんのコメントに脱力して笑ってしまいました。
・・・骨の成分が抜かれるわけですよね・・今の日本は骨しょしょうしょうか・・(  ´∀`)・・ 
本当は笑っている場合ではないですね・・(;^ω^A

> アジの小骨を取るなんてへっちゃらでしょうね。
アジの小骨かぁ・・・
全然関係ない話ですが、私はサンマをあまりきれいに食べられないのです。
やたらと時間がかかるし・・。
だから、サンマをきれいに食べる人にあこがれます~。
2009/06/15(月) 00:15:23 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック