家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~「スパモニ」と「特ダネ!」をだらだら見る~
2009年05月15日 (金) | 編集 |
昨日は妹の家で5時間ぐらい、姪っ子の面倒を見た。
今まで私は出かけるということがあまりなかったので、さすがにきついかなという感じはする。
でも、楽しかったなぁ・・。子どもと一緒にいることが、こんなに面白いとは。
ただ、妹は親。私は遊ぶだけ。一日中一緒にいると、大変だろうなぁとは思う。
姪っ子は、「ちょうちょ」と、「かわいいねぇ~」という言葉を、また覚えた(´∀`)・・(ような気がする^^)

そして、今日は朝ごはんを食べたらちょっと朝寝・・と思いながら、
お茶を飲みながらテレ朝の「スーパーモーニング」とフジTVの「特ダネ!」を、面白いところだけ交互に見た。(ちょっとダラダラしながら)
いつもはここで寝転がっているけれど、スパモニの「玉川徹さん」のコーナーが始まったら、
「ふーん・・そうなの・・」と、どうしても気になり起き上がってしまった。

今日の玉川徹さんのコーナーは、「補正予算案はこんなに無駄使いなものがある」ということを、
玉川さんが絵や文字や数字を書いてあるボードを用いて、説明していた。
うとうとしていたが、一気に目が覚めて紙にメモをしてしまった。

以下は、私が玉川さんのコーナーを見ながら、衝撃を受けた部分を感想を交えたり、
テレビで見た内容(数字など)をメモしながら、出演者の発言も書いています。

①◆「国立メディア芸術総合センター(仮称)」の設立、建設◆
施設設備費として117億円
どういう施設かというのをひと言で言ってしまうと、
「過去にメディア芸術祭に入選した作品を展示する等」の施設、らしい。
番組では、別名「国営マンガ喫茶」と表現していた。
お台場(?)(決定しているのかどうか分らないが)に、建物を建てるらしい。

うーん・・。117億円で、施設を建ててしまうのか?また、失敗しない?すごく心配なんだけど。
だって、入場料収入があるっていっても、維持費はどうなるのかな。
どこかのブログでは、「『私のしごと館』になってしまうぞ」みたいに書かれていた。
まったくねぇ。
コメンテーターの大谷さんは、「そもそもマンガは、もとは”風刺”から始まっているのに、
それをお上がやろうなんてね」という主旨のことを言っていた。
そうか。そういう面からもねぇ。考えてみればわざわざそんなの国で作らなくても既存の施設でいいよね。
ああ、でも、麻生首相はアニメ好きだったのか。まさか、それで?(´゚ー゚`;)

②◆科学技術振興機構の施設整備◆ 科学技術振興機構(JST)→こちら
これは、私には少し難しく感じたが、科学技術振興機構(略してJST)の研究拠点のイノベーション施設が今現在全国に(調べてみたが正確な数が分らない、おそらく放送では16施設くらいではなかったかと記憶している)点在しているが、それをあと47施設(47というのは、各都道府県に一つなのか、それは不明)、新たに建設することが盛り込まれている。(イノベーションとは、「技術革新」とも訳されている)
その施設設備費の金額、725億円。
番組出演者が話していたのだが、独立行政法人は廃止・縮小する方向で2007年12月24日に閣議決定されているのだが、その方針をなぜ、逆に施設を増やす方向に行くのか、と、指摘していた。
そして、「ips細胞研究費」には、143億円の予算案。
番組出演者は、「ips細胞研究費が143億で研究拠点の施設設備費が725億円では、反対ではないか。ips細胞研究費の方にもっとお金をかけてもいいのでは」という主旨の発言をしていた。

「独立行政法人」がどういうものなのか、私には難しくてよく理解できていないのだが、
確かに、番組で指摘している通り、施設設備(建設)費の方にお金をかけすぎだと思う・・・。

そして、週刊朝日の編集長の人が、
「最初から14兆円という金額があって、それからどう使うか、予算を組むというやり方、
まず金額ありきなんですよね」
という旨のことを言っていたと思う。
一つ前の自ブログ記事で書いたが、農林水産関係の予算を組むのに、麻生総理の「(財源が)不足する場合は赤字国債の発行も辞さない」との表明で8500億円が1兆302億円になってしまったように、
せっかく、「無駄なものは考え直して合理化していこう」という方向で少しずつ来たものが、
その、麻生総理の「赤字国債を発行してまで」という、”打ち出の小槌”と勘違いしているのが原因で逆戻りか・・。



コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
副島隆彦氏や河村たかし名古屋市長は、視点が庶民に一番近い発言をされています。
どんな税金でも徴収根拠などなく、取れるギリギリまで取る という考え方に庶民が気が付かなければどうにもならない のですね。
決められた税金は収めなければなりません。
当たり前です。その決められ方を問う人は
ほとんどいません。税法など全くわかりませんからね・・・。勝ち目無しです。
2009/05/18(月) 01:38:22 | URL | syuuhou #-[ 編集]
♪syuuhouさん、こんにちは。コメントありがとうございます!☆
副島隆彦さんはsyuuhouさんのブログでよくお見かけしますが、評論家の方なのですねぇ。
河村さんは、庶民的というイメージを持っています。(でも、選挙の時の、水を頭からかぶるあのパフォーマンスから「ギラギラ感」をちょっと感じ取り・・私は女性だからそう思うのかな^^;)

今日、朝テレビで、補正予算案(国費ですよね・・)の困った使い方を見て、私はまたあきれてしまいメモしましたが・・そういうのが多いですよねぇ・・。
税金の決められ方・・知らないです。どこにどのくらい予算が、というのは知ることが出来ても決められ方までは・・ですよねぇ。

鳩山さんではどうなのか、民主党の執行部のあの人事や体制は・・など、詳しいことはよく分からないというのが正直なところですが、とにかく、総選挙では、私は民主党に勝って欲しいと思っています。自民党と似ているとか、ダメそうとか最初から言ってても、埒が明かないかなぁ・・という感じはします・・。
syuuhouさん、ありがとうございます。
2009/05/19(火) 17:03:10 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック