家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どうしてこんなことになるのか
2009年05月13日 (水) | 編集 |
今日の朝日新聞の政策面に、「生活保護を受けている母子家庭への母子加算が4月に廃止」され、
病気などで働くことが出来ない母親の母子家庭が生活に困窮している、ということが載っていた。

加算廃止窮する母子 [ 病気で働けぬ生活保護家庭 ]  ~現場から~ と題し、記事が載っている。(記事:佐藤章さん)

Aさん、Bさん、Cさんという仮名で、母子家庭の苦しい生活が書かれている。
<>の部分はそのまま新聞記事を使用した。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<北海道小樽市に住むAさん(40)は3年前に夫と離婚、生活保護を受けている。この4月、母子加算分がそっくり削られた。小学生になったばかりの一人娘の言葉に、冷水を浴びせられた思いがした。
「ママ、私高校行けないんでしょ。勉強したいのにね」
 周りの子どもは机を新調したのに、リサイクルショップで小さい机を買わなければならなかった。Aさんは高血圧や高脂血症、ぜんそくに加え、自律神経失調症、うつ病を抱える。医療費は生活保護で賄えるが、生活費は切り詰めている。おふろは浴槽に湯を半分にして週に2度、食事はいつも夜だけ。髪は2年に1回千円のところに切りに行く。そんな暮らしに、母子加算削減が追い打ちをかけた。>

<Bさん(42)は高校1年と中学2年の男子、小学校6年女子の3人の子どもの母親だ。小遣いはゼロ。次男はクラブ活動後ジュースも飲めない。それがつらい。
 「働く」と言っていた長男を説き伏せ、道立工業高校に行かせることができた。だが、13万円の修学旅行代に頭を痛める。長男は「行かなくてもいいよ」と言うが、本心ではないことがわかる。>

<小学校4,5年の娘の母親であるCさん(47)は2年前までは昼夜働いていたが、くも膜下出血で倒れ、生活保護を受けた。習い事どころか、服も買ってやれない。「月に一度は外食したり何かを買ってあげたりしたい。加算はなぜなくなるのですか」と訴える。>

話が前後するけれど、憲法25条で定める生存権のことが書かれている。

<小樽市の母子加算は06年まで2万1640円だった。だが、小泉政権の社会保障費抑制策として段階的な削減が始まり、この4月にゼロになった。憲法25条で定める生存権に違反するとして、広島地裁や札幌地裁など全国で廃止取り消し訴訟が起きた。小樽市では北海道知事あての不服審査請求が出された。Aさんは請求人に名を連ねた。(Bさんも請求人である)>

釧路公立大学の中ぞの(字が出てこないです)桐代(きりよ)教授によると、「定額給付金の事務費だけで800億円かかっている」という。母子加算が削られたのは約200億円だそうだ。
<厚生省は母親の就労支援費の給付を差し引き、164億5千万円の削減としている。>

私がびっくりしたのは、上に挙げた、Cさんの「保護決定通知書」である。
今年4月に15歳以下の母子加算がゼロになったので、
3月の19万6080円から、4月は14万1050円になってしまった ということ。
小学校4,5年子が2人いて、母親が病気がちで、5万円以上生活保護費を削られる・・・。
仮に賃貸住宅だとしたら、家賃が3~4万円で、光熱費とか水道代とか・・医療費生活保護費で賄えるといってもこれでは、この家族の文化的な生活、この2人の子の将来を(教育格差なども加味して)考えると、とうてい足りない額であると思う。

さらに、
<また厚労省は母子加算廃止に代わって母親就労支援を打ち出した。月に3万円以上働けば1万円支給、職業訓練などを受ければ5千円支給する。だが、小樽市の3人のように病気がちの母親に就労支援策は実態に合っていない。>

まったくだ・・・。
エコポイントとかエコカーとか、経済危機対策って・・・訳が分からんよ本当に・・。
やはり、上の3人のような人が生活に困窮しているのに、この政策はおかしいと思うんだよね・・。
それに、「母親就労支援」だが、たとえ病気を抱えていない母親の母子家庭も、職を探しても無かったらどうするのか。
パートやアルバイトを掛け持ちして体を壊してしまう、などということになってしまわないだろうか。
母子家庭でなくても、これは親が父親のみの家庭、父子家庭でも同じであると思う。

さらにびっくりしたのが、この記事の隣に載っていたまさに、( ´゚д゚`)えーーー!という、各省庁による、
「何これ!??」というお金の使い方。あきれた。国民にここまで押し付けておいて、ひど過ぎると思った。

コメント
この記事へのコメント
私も使えるお金がある他人だけが得をするみたいな施策はどうかと思います。
車を持っている人だけが得をしたり、高価な家電を購入できる人だけが得をするような景気刺激作ってどうなんでしょう?
その影で、今まで必要に迫られて使っていたお金まで削られる人がいるんですものね。
どうしたら景気が良くなって、そして皆幸せに暮らせるようになるんでしょうねぇ・・・
2009/05/13(水) 21:58:16 | URL | katsuei #bQBrz5D6[ 編集]
得をするのが真犯人
結局一番得をするのは、家電メーカーとクルマメーカー。
雇用は、瞬間的には良くなるかも知れんが、根本的な解決になるはずもないですよね。
わかりやすいエントリーありがたいっす。
2009/05/15(金) 00:25:59 | URL | 緑虫 #0iaDgzFo[ 編集]
エントリー違い
すみません。
上のコメント、5/14のエントリーへのコメントのつもりでした((汗))
2009/05/15(金) 00:47:30 | URL | 緑虫 #0iaDgzFo[ 編集]
おはようございます。
私もこの記事読みました。ひどい話です。
2009/05/15(金) 10:13:33 | URL | 酔流亭 #wLMIWoss[ 編集]
Re: タイトルなし
♪katsueiさん、こんにちは。コメントありがとうございます!

> その影で、今まで必要に迫られて使っていたお金まで削られる人がいるんですものね。
> どうしたら景気が良くなって、そして皆幸せに暮らせるようになるんでしょうねぇ・・・

そう思ってしまいますよね。国民の幸せを考えているとは感じられません・・。
どう考えても、この記事にあげた家庭の生活は深刻だと思います。
月に数万円でも削られてしまったら一気に生活が深刻になる、ということが、
政治をしている人には思い至らないのでしょうか。頭にきてしまう話です。
2009/05/15(金) 13:31:59 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
♪緑虫さん、こんにちは。コメントありがとうございます^^♪

普通に考えて、雇用の根本的な解決になるとは思えませんよねぇ。
なんというか、ヤケにでもなっているのかとか(そんなワケないでしょうが)、
「どうなっているのかなぁこの予算・・」と思ってしまいました・・。

> わかりやすいエントリーありがたいっす。

本当ですか~~。
やらなきゃならないことがあるのに何やってんだ、時間がないのに~、などと思いながら焦って書いたのでどうかなぁ・・と思っていたのでよかったです。ありがとうございます^^


♪酔流亭さん、こんにちは!コメントありがとうございます☆♪

私も、こんなことがあっていいのかなぁ・・と思いながら読みました。
生活が経済的に大変になるということは、誰にでもあり得るのに、
こんなことでは安心できないですよね・・。
省庁のテレビを今無理して地デジに買い換えないだけでも、かなり予算を福祉の方に使えると思うのに、と感じました。
2009/05/15(金) 16:42:18 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック