家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本当に困っている人を助けて欲しい・2
2009年04月12日 (日) | 編集 |
今回、麻生内閣が決定した「経済危機対策」、
「景気が良くなれば何とかなる」・・・とでも思っているのだろうか、政治家の人たちは・・
と、感じてしまうんだよね・・。
これだけのお金を使って、一時的に良くなるのかも分からないが、
「見た目だけの経済」のことだけしか考えていないんじゃないかな・・と思ってしまう。

8日深夜放送の、局を忘れてしまったが民放のどこかで、
「元派遣社員の男性が死後約1ヶ月経って発見された」ということを伝えていた。
以下は私がメモしたことをまとめてみた。

49歳で元派遣社員の男性が、今年1月にアパートで、家賃を請求しに来た業者に発見された。
死後約1ヶ月だったそうで、死因は餓死。大阪でのこと、という。
ベッドの上で寝ている体勢で亡くなっていて、土のような肌色だったという。解剖の結果、餓死と分かる。

佐藤さんという仮名で、顔写真が出ていた。十何年くらいか昔の写真で、どこにでもいそうな、
ごく普通の感じなちょっとふっくらした人、という印象を私は受けた。
佐藤さんはシステムエンジニアの派遣社員として働き、500万円くらいの年収があったが2007年3月に体調を崩し、会社を辞めて無職となる。その後失業手当で暮らすも、終了する。
そして2007年冬、糖尿病で倒れてしまう。そのまま入院、そして治療を受けて退院するのだが、病院に払う治療費がない。
徳島の実家に連絡し、母親が治療費として7万円を送金する。徳島では81歳の母親と、失業中の兄が二人で暮らしている。翌2008年2月に、兄が佐藤さんに、生活保護を受けてみたら、と言う。
佐藤さんは生活保護を申請しに、役所に行く。しかし、生活保護の担当者から「もう一度仕事を探して、それでも仕事がない時はまた来て下さい」、というようなことを言われ、返される。
(それ以来、佐藤さんは生活保護申請には行っていない)

生活保護の申請をした1ヵ月後の2008年3月に、佐藤さんは、またお金を送って欲しい、と徳島の実家に電話をする。兄は「こっちは3万円が限度。3万しか送れない」と、3万円送った、という。
そしてそれから2008年12月に亡くなるまで、家族とは会っていない・・連絡も確か、取っていなかったらしい・・どうしていたのかも分からないらしいが、求人広告誌などがアパートには残されていたという。もしかして、仕事を探していたのだろうか、と番組で放送していたような気がする。

その佐藤さんとは関係ない人だが、ちょっと正確なことを忘れてしまったが、社会福祉団体だったかボランティア団体だったか、番組がインタビューした人は、
「糖尿病で入院して退院して、その時点でお金はないと分かるはず、それに働けないことも分かるはず」と、佐藤さんが生活保護を申請した役所の対応を、(正確ではないが)そのような言い方で、
批判していた。


どこの都道府県だったか、何年か前に、
「おにぎりが食べたい」と書き残して餓死してしまった男性を思い出した。
その人も、「職探しをして・・」みたいなことを役所から言われたらしい。
病気で働けなかったり、万策尽きて生活保護の窓口に行くのに、そこからさらにもっと、
「仕事を探せ」とは・・。

餓死した佐藤さんは、一回だけ申請に行ってそれが最初で最後になってしまったが、
「あの申請をしてきた人は、どうしているのか」とか、追跡は役所ではしていないんだよね・・。
「生活保護」・・文字通り、「生活を保護する」制度なのに、この飽食日本で餓死・・。


「経済危機対策」 という名称がね。見た目さえ良くなりゃいいのかよ、選挙の時だけ「こんな対策を考えました!」とバカみたいに借金をして「エコポイント」だの「エコカー促進」だの、
チマチマしてて分かりにくいです(゚Д゚#)

それにねぇ・・・「つながっていない高速道路の整備」「整備新幹線の建設促進」・・

高速道路つながってなくてもよくね?
新幹線と餓死しそうな人では、新幹線の方が大事なのでしょうか!?(# ゚Д゚)


「それでも、だって景気対策は必要ですよ」と言われたら、私は何と答えたらいいのか分からない。
でもさ・・・母子家庭や父子家庭とか、経済的に苦しくなってしまいがちな家庭の子どもが、
また経済的に苦しくなり、それを繰り返してしまう・・「自助努力」で何とかしろというのかね。
それに、病気になって働けなくなって助けを求めている人を、追い返すなんてね・・
それともそういう人間は必要ない、放っておけとでも、「政府」「国家」とはそういうものかと思ってしまうよ。
愛国心なんて湧くわけがないね。凸( ゚o゚)


ああ・・いやなことを思い出した。
麻生総理と森田健作知事が、満面の笑みで握手してるところ。
ダメだ思い出すと吐き気がするわ。



コメント
この記事へのコメント
私の身の回りには生活保護を受けている人や
申請している人は居ないのですが、
正直、生活保護の申請をしにいく人ってかなり後ろめたい気持ちが有ると思うんです。
そういった後ろめたい気持ちが有る方は大抵気の優しい方で、適当に扱われるという行為は精神的な暴力を受けていると言っても過言ではないと思います。
本当に困っている人や死ぬほど覚悟をしないと他人に助けを求められない人などを救ってからなら、税金をどんだけ使おうがばら撒こうが私は文句言わないんですけどね・・・。
2009/04/18(土) 07:51:15 | URL | U #q1cvaNjE[ 編集]
♪Uさん、はじめまして♪
コメントどうもありがとうございます!

>正直、生活保護の申請をしにいく人ってかなり後ろめたい気持ちが有ると思うんです。

そうですよね・・。
かなり悩んだ挙げ句に、ものすごく勇気を出して申請をしに行くのだろうと想像します。
私がテレビ番組で見た、この佐藤さんという方も、真面目な人という印象を受けました。

私はこういうことが伝えられる度に、怒りを感じずにはいられないです・・。
なぜそこで、「では仕事を探して・・」などと言えるのでしょう。
明らかに、最初から保護申請を拒絶しようとしている感じがします。
生活保護が受けられなくて餓死してしまう人は、知られていないだけで、もっと多いのかな・・
と想像します。
今は順調に生活が送れている人でも、いつ困窮するかなど分かりませんよね・・。
何のための政府に行政なのかな・・と、不安になります。
「強者を助け、弱きをくじく」という感じです。逆のことをしています。
Uさん、コメントありがとうございました。
2009/04/18(土) 16:32:21 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック