家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミサイルは怖いのだが、怖がってばかりでいいのか、それとも失敗すると思っているのか
2009年04月01日 (水) | 編集 |
北朝鮮のミサイル発射の準備が整っているようだ。
どこへ飛んでいくのか、それも分からないのかな。
撃ち落せるのかな。
もしも日本のどこかへ落ちたら・・・。
確率は低いだろうが日本ではなく、韓国の方角や中国、ロシアの方に行ってしまうのだろうか。

もし、私の住んでいるところに落ちたら。
自分が住んでいるところでなくても、日本のどこかに落ちたら。
いや、日本じゃなくても人がいるところに落ちたら。

「北朝鮮は何考えてるか分からない」「イカレてる」「脅威」「万一に備えて(は大事だけど確かに)」
・・・と思ってこれからも接するのか、
それとも・・・「日朝国交正常化」して、人や物を北朝鮮にどんどん入れてしまうほうがいいのか。

「どこに落ちるか分からないかもしれない」のに、何故だか私自身は、危機感がない。今は。
でも、4月4日が過ぎたら一気に「空襲警報発令」の気分を味わうのか。

「北朝鮮をイラクみたいに、アメリカがやっちゃえばいい」と私の家族が言った。
そういう考えはやだな・・。
北朝鮮人は『北朝鮮人』である前に、私達と同じ人間ということを忘れてる・・。
当然、喜怒哀楽があるし、私達と変わらない。
北朝鮮人だから爆弾の雨を降らせていいなんてことはないよね・・。
(他に国の人たちに対してだってさ・・イラクとかアフガニスタンとか。パレスチナとか。
何をきれいごとを、と思われても間違ってはいないと思うけどね)

そういえば私達の世代を含むもっと下の若い人たちは(自分も含めて)、
朝鮮半島の人たちの「創氏改名」や「強制連行・強制労働、被爆」をあまりよく知らないだろう・・。
今からでもちゃんと知ったほうがいい、知りたい、と私は思う。と、この機会に考えた。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック