家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


その寂しさは
2009年03月25日 (水) | 編集 |
寂しいということでは、私は一緒かもしれない。
一緒って誰と?
茨城で通り魔殺人をした金川真大被告と、秋葉原事件の加藤智大被告。
金川被告は、取材の記者が面会に行くと、はにかむような表情に、一瞬なったという。
でも、やり取りした手紙の文面からは、加藤被告は7人も殺せてうらやましいとか、
反省しているような所は感じられない。
加藤被告が今現在、何を考えているのかは分からない。
でもあの時、「寂しい」という感情が頂点に達していたのではないか。
「寂しい」という感情と、変な高揚感。警察に捕まってはじめて、「話を聞いてもらえ」る。
灼(や)けるような寂しさを感じていたのだろか。

一方で、殺された被害者のことを、もう2度とこの世に戻れない被害者のことを考えてしまう。

ただただ、「犯人が憎い」。それは、当然だと思う。
「死刑にして当然でしょう」。そういう感情が沸くのも理解できる。
あの場所で、人生が、生が、終わってしまった。

一方、金川被告・加藤被告は人生も生もまだ終わっていない。
(死刑になる可能性が高いだろうが)死刑囚として過ごすのも「人生」だろう。
その中でどれだけ、自分が殺した人々に対して、心から絞り出すように、
殺したという行為、取り返しのつかない事実を悔いることができるのだろう。
そこまでいかないまま死刑になるのだろうか。


コメント
この記事へのコメント
鹿苑寺タワーも本当は
寂しがりやさんなのでありますが
どうしても素直になれず
強がっている自分がいます
人に頼ったり甘えたりする事に
抵抗感を感じてしまいます。

頭の中で天使と悪魔が戦ってるようです。
2009/03/26(木) 21:56:07 | URL | 鹿苑寺タワー #-[ 編集]
♪鹿苑寺タワーさん、おはようございます!ありがとうございます♪
>人に頼ったり甘えたりする事に抵抗感を感じてしまいます。
・・考えさせられますねぇ・・
私は、いちいち悩まず前向きな人に対して「タフでいいな。クールでかっこいい」と思ったり。
でも、自分自身はそんな風に出来なくて・・。
(身近な人に、ですが)グチを言ったりわめいたり・・(女性はその傾向が強いかも・・)

‘寂しがりやさん’…鹿苑寺さんはすこし「クール」な人なのかなぁと思ったりしましたが、
そんなことはないのかなぁ。
でも、「強がってる自分」もいいと思います。
(あくまで私自身のことですが)世の中が作り上げたイメージの「強い人間」には、
なれないなぁと思っています・・。でもそれでいいかな・・。
( ゚∀゚)人(゚∀゚ )ナカマー! ですね(勝手にナカマー!にしてしまいました^^)
2009/03/27(金) 05:24:35 | URL | ユウコ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック