家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


薬を減らしてみている
2009年03月03日 (火) | 編集 |
このブログのプロフィールにもあるとおり、私は精神科に通って、薬をもらって飲んでいる。
パキシルは通い始めた時から、一時期15mgになったもののすぐに戻り、10mgでずっと変わらない。
メイラックスという、緊張を和らげる薬は、確か1年半くらい前に、
1日1錠だったのを1日2分の1錠に減らしてもらった。

最近、また良くなってきたので、この前先生に、「メイラックスを減らしていきたいんですけど・・」
と話したら、「でも、薬がなくて不安で困るという状態も良くないので、いつも通りに出しておきますので、
ご自身で調節してみてください」と言われた。
そうかそうか、ということで、今日は調子が悪くなかった、という日は、もう、
メイラックスを飲まないようにしている。

でも、パキシルはまだ、焦って止めないほうがいいらしい。
確かに・・私の薬の量は、パキシルの錠剤では一番少ない量だもんなぁ・・。

ただ・・まだ年齢のせいというのはない・・とは思うので、
これはパキシルのせいかもしれないが、
物忘れがひどい。(ちょっとは年齢のせいもあるのか、日常生活に刺激がないからか・・^^;)
おまけに、慎重な性格の私は治療前はほとんど皿など割ったりしたことがなかったが、
注意力が散漫になり、よく割っている・・しかも、お気に入りばかり・・。
この傾向は、治療を始めてから変わらない。

4,5日前くらいに、朝パンを焼いて食べたのだが、その時にマーガリンを使った。
で、きのうまたパンに塗って食べようとしたら、冷蔵庫の中にマーガリンが見当たらない。
・・どこいったんだ、マーガリン。と思って冷凍庫とか戸棚とか引き出しを探したが、見つからない。
フキツ・・・。
マーガリンがないこと自体は仕方ないんだけど、どこかで融けていたりしたら・・。
それか、夏になって見つかって、戸棚とかで融けちゃったら最悪だなと思って探しているが見つからない。
母に、「私のマーガリン見なかった?」と聞いたら、「マーガリンならうちのをやるよ」と言われた。
困ったなぁ。
「あの~・・、マーガリンさんマーガリンさん、いらっしゃいましたら正面玄関までお越しください」
と言ってみたが、出て来るわけはない。(注:これ赤塚不二夫さんのギャグです・∀・)
出てきてくれ・・マーガリン。


コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
お薬、調子をみながら焦らず
減らせるといいですね。

最近私も 物忘れがひどくて
あれ?なんて焦る事もしばしば、
やたらと涙もろくなるは、すぐ落ち込むは
情緒不安定?ひょっとしたら更年期?
色々思い悩んではいるけれど・・・
救いは0型の性格、あまりクヨクヨ考える事ができないの (^.^;)

マーガリンいったい何処にいったんでしょう?
実は全部使ってしまっていた。とか・・・
たまにあるんですよ、そんな事が
あるはずなのに!と探してたら
ゴミ箱に捨ててあったとかね(^^)
きっと見つかりますよ。


2009/03/05(木) 01:41:47 | URL | ふうらい猫 #-[ 編集]
♪ふうらい猫さん、おはようございます。ありがとうございます!♪
物忘れ、ひどいですね~。「今何をしようとしていたんだっけ?」ということもしばしばで。
「プレ更年期」というのがあるらしいですが、もしかしてそういうのもあるのかなぁ、
と思ったりします。

マーガリンのこと、気になります。
捨ててしまったのならもったいないけれど仕方ないですが、
暖かくなってどこかで融けたら・・なんていう心配が・・(^ω^;)
使い切ったという可能性もありますね~。困ったもんです。

私はA型です!(^o^) 真面目で几帳面(自分で言うなという感じですが)な反面、
いまいちうじうじ考えがちですねぇ。
2009/03/05(木) 06:02:04 | URL | ユウコ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック