家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「モチベーション格差」という斉藤孝さんの言葉
2009年03月02日 (月) | 編集 |
今日は久しぶりにすっきりと晴れている。昨日は天気がはっきりしなくて、布団が干せなかった。
でも今日は干せる。よかった~。
土日が終わると、どっと疲れる・・。それは・・
特に冬は、ダンナは休みの日はほとんど家の中にいて、ゲーム(昔のドラクエ)をしていること・・。
あの音が、3,4時間嫌でも耳に入ってきながら家事をやっていると、ものすごく疲れる。
・・といって、家事なのだから家の中でやるしかないわけだし。
でもね・・音を小さくして・・と言うだけで不機嫌になるので言えないし。
まったく、難しいわ。(-_- )

土曜日の夜だったか、ビートたけしが出ているTBSの番組を見た。
今は「中学受験」が過熱していて、例えば東大に入るんだったら、
小学校3,4年生から塾に行かないとダメなんだとか・・。(3~4歳から・・という人もいた)
でも、塾に行けるかどうか、それは子どもの家庭の経済状態に直結する、みたいな状況らしい。
そうだよね・・塾はおそらく、けっこうお金がかかるだろう。
塾に行かせる余裕のない家庭の子どもは、素質があったとしても、学力に差がついてしまう。

コメンテーターの斉藤孝さん曰く、塾に行ける子とそうでない子とでは、
「モチベーション格差」があるのだという。
学校以外に塾、という場所がある子は塾に行っていない子どもと比べて、他の子から刺激を受けて、
「やる気」が出るのだそうだ。
もちろん、塾に行っていない子どもは勉強をやる気がない、という意味ではない。

「モチベーション」
:目標を達成しようとする行動を引き起こす動機。また、その動機を与えること。
 動機づけ。誘因。例:「モチベーションが下がる」

うーん…。
私はよく考えてみたら、人生に目標がないな~。だからモチベーション低いのかな。
ということを斉藤孝さんの言葉でふと、気づいた。
大きな目標を持っていたが、今は失くしてしまった。何か目標を持った方がいいかな。


コメント
この記事へのコメント
モチベーションですか・・・。
塾の是非は、道具としての使い方と同じように思いますね。
できれば、次世代人には、人生の半ばあたりで折れない心の操縦法を身に付けていただきたいものです。
受験塾では、栄冠を勝ち取った後の、更に
熾烈な激務にも耐えうる人材をも養成する
責務が求められる時代ですね。
2009/03/03(火) 01:29:07 | URL | syuuhou #-[ 編集]
やる気、目標
中学受験をする塾で講師をしていた私としては、、、
「こんなに勉強している子がいる」ということを知るだけでも「やる気」につながっているとは思います。
ただそれが、負け組に入りたくないというやる気なのか、安全な人生をおくりたいというやる気なのか、ほめられたいというやる気なのか、知的好奇心によるやる気なのか、誰かの薬に立ちたいというやる気なのか、、、いろいろあるとは思います。
勉強がすべて『何かの対策』になってしまっているのは、悲しいことだと思います。

目標って、見つけようとして見つかるものではないような気がします。『目標を見つけることが目標』でもいいのではないでしょうか? 手近なところから、、、
2009/03/03(火) 01:37:02 | URL | 緑虫 #0iaDgzFo[ 編集]
♪syuuhouさん、こんにちは♪
そのテレビ番組では、塾に通っている子どもは「学校では学んだり友人と遊ぶ」ことを楽しみ、「塾では勉強をしっかりする」・・みたいなことを言っていました。
「折れない心の操縦法」・・そうですねぇ。「勉強ができる」ということも大切なんだろうと思いますが、心が折れない、って、大切ですよね・・。
折れてしまいそうになっても、戻ろうとする力は、
人間対人間(やはり一番は家族なのでしょうが・・)でしか身につかないのかなぁ。
栄冠を勝ち取って、また更に熾烈な競争を勝ち抜いた挙句に心が乾ききってしまったり、
折れてしまわなければいいけれど・・と、心配になりました・・。
syuuhouさん、コメントありがとうございます。

♪緑虫さん、こんにちは。ありがとうございます♪
うーん・・そうですねぇ。「勉強がすべて『何かの対策』になってしまっている」
・・それはあるかも知れませんねぇ。
私は小・中・高の頃は勉強が嫌いでした。すべてがすべて、ではないですが、
受験対策になってしまっていて、特に英語、数学、物理などは楽しくなかったです。
今、緑虫さんの著書を手元に置いて少しずつ読んでいますが、あの頃と違うのは、
私は今から受験勉強をするわけではないので、「頭の中がゆるゆるしている」ということです。
要するに、「楽しい」んですよねぇ。
あの頃は「何でもまんべんなく出来る」ということばかりが優先されていたかなぁ。
そのテレビ番組の中で「塾で理科の実験をする」というのがありましたが、楽しそうでした。
でも、今では、学校そのものでは実験をやらないところもあるみたいですね・・。

まったくですねぇ(笑 
私は持っていた目標が大きかっただけに、今は喪失感みたいなものがあるのだと思います。
そうですね、手近なところから、がいいかもしれないですね。
2009/03/03(火) 17:21:14 | URL | ユウコ #-[ 編集]
ドラクエの曲を聞くと燃える
鹿苑寺タワーが通りますよ~

自分自身は「小学校」「中学校」と
テストの成績が悪かったので
学年では、いつも後ろの方でした
成績表の数字も低いものばかりでした…
2009/03/03(火) 20:12:18 | URL | 鹿苑寺タワー #-[ 編集]
♪鹿苑寺タワーさん、こんにちは。ありがとうございます♪
私の夫は本当にドラクエが好きですが、ゲームをすること自体はいいと思うんですよねぇ・・
でも、長時間なので音が耳に障ってしまいます。
早く、あたたかくなって外に出て行くと助かるんだけど…(切実)

私は小・中は普通な感じでしたが、高校に行って一気に成績が悪くなりました・・。
女子の記録では、まだ私を破った人はいないのでは?というくらい、ひどかったです。
(自慢にならないわ…)
2009/03/04(水) 13:44:22 | URL | ユウコ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック