家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「他人のフードをしげしげ見てしまう病」な私・3
2009年02月10日 (火) | 編集 |
そして、動物の毛皮についての3回目の記事を・・。

では、どうしたらいいのか。

私に出来ることは、
◎毛皮製品を買わない。
「毛皮」と言っても単に「着るもの」だけではなく、あらゆる所に使われている。
パーカーのフードの縁どり、猫のおもちゃ、バッグ、髪をまとめるゴムとか・・。
私がまだまだ若い頃、まだそれ以前か・・そんなに毛皮って使われていなかったと思う。
「非日常」で「自分には関係ないもの」だったのに、
今では値段がすごく安くなり、「ふわっとしてかわいい毛皮」が、
あまりにも簡単に手に入り過ぎるのではないか。そんな気がする。
それが問題かな。毛皮が大量に生産され、大量に消費されるなんて。

◎今持っている毛皮製品を使わない、身につけない
今日、以前コメントを下さった方のブログからジャンプして、動物の毛皮の実態を紹介しているサイトを再び、少し詳しく見てみた。
もちろん、毛皮を動物から取る過程のあのような酷い映像を見れば、身につけたくは無くなる。
しかし・・今持っているのは、せめて使わないと、この毛皮の主が逆にかわいそうなのかな・・
どうなんだろう・・いや、でも気分的に・・などと考えながらそこを見てみた。
今自分が持っているのを身につけない方がいい、という訳が分かった。
というのは、例えば私がファー付きダウンジャケットを着ていたら、それを見て「いいな、自分も欲しい」
と思う人が出てしまい、”結果的に毛皮製品の宣伝になってしまう”というのである。
納得した。・・そうだよね・・私がファー付きダウンを4年くらい前に買ったのも、
女優さんがかっこよく着こなしているのを見たから・・。バッグだって、小物だって、そうだよね。

◎リアルファー(動物の毛皮)のついている服を無くして欲しい、とメーカーに要望する。
今冬、あるカジュアル衣料品チェーンの広告を見ていて、これデザインいいし、値段もいいな、
と思ったハーフコートがあった。でも、ついてる・・リアルファーが。
これがアクリルかポリエステルのフェイクだったら買うのにな・・と思った。
新しく買うのに、リアルファーは嫌だよ。
「フェイクファーだったら買います」と言えば、考えてくれるのだろうか。
ちょっとまだ書きたいことがあるのですが、長いので4に続こうかと思います。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック