家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


何も咲かない寒い日は・・
2009年01月16日 (金) | 編集 |
「今年は暖冬」といってももう、かなり前から毎年暖冬だが、
さすがにいよいよ、寒さが厳しくなってきた。
私が住んでいるところはまだましだけれど、母の実家の辺では、
「八ヶ岳下ろし」という、からっ風が吹く。
ただやはり暖冬・・というより地球温暖化で、からっ風はあまり吹かなくなったらしいが・・。

この時期は、気分が何となく、どんよりする。
どうしてかな。寒いし、寂しいし。
家族がいるのに寂しいなんて、変だけどね。
お正月が終わり、まだ本格的に寒い時期に向かっていて、「春」というわけでもない・・
(でも、春の気配はしつつあるんだけれど)

そういうときに思い出す、言葉。

『何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ』

これはもう20年近くも前、山梨学院大の陸上競技部の上田監督が言っていた言葉なのだが、
私は直接に(といっても大勢で)、この言葉を聞く機会があった。
それ以来、寒いな・・なんだか辛いな・・あーあ・・という時は、この言葉を思い出している。

何も咲かない寒い日、か・・。
私の人生はどうなんだろうな。
ということを考えて、自分でプッと吹いている。
何言ってるんだかね、と。
(-_- ) (- _ - )

もう少し経つと道端で咲き誇る、「オオイヌノフグリ」という小さな花が私は好きで、
あの花が咲き始めると、春も近いかな・・と、少しわくわくする。
「オオイヌノフグリ」は、小さくて水色で、「星の花」という別名もあるらしい。
花言葉:神聖・清らか・信頼・・と、今調べてみるとそのようにある。
へええ~。
でも・・「フグリ」ってさ・・そうだったの・・(^ω^;)そうなのー?そんな(ry

夏には「暑い~早く冬が来て~」と言い、冬になると自分勝手なことに
「ああ早く春が来て~」と思ってしまう。


コメント
この記事へのコメント
確かにまだまだ寒い日は続きますね
やはり「暑さ寒さは彼岸まで」でしょうかな?

人の知らない所で自然界の生き物達は
少しずつ春の息吹を出そうと我々人間に
教えてくれます

植物が凄いと思うのは
たとえアスファルトの下からでも
太陽の光求めて地上に目を出します

鹿苑寺タワーが感じる春の花
シロツメグサ(5月~)やレンゲ(4月~)なんかが
思い浮かべます、シロツメグサの場合は
夏が近くなってしまいますが…
2009/01/16(金) 06:48:36 | URL | 鹿苑寺タワー #-[ 編集]
♪鹿苑寺タワーさん、こんにちは。ありがとうございます♪
「暑さ寒さは彼岸まで」ですね。長いですね~。つい猫背になりますw
春の花は他にもタンポポなんかがありますが、まだちょっと早いんですよね。
今がまさに、何もない・・という状態で。
でも、鹿苑寺さんのお住まいの辺では、もう梅なんかが咲き始めているでしょうか。
シロツメグサ・・いいですねぇ。初夏というイメージですね。
コタツに入ってばかりじゃいけないなと思います。
(鹿苑寺さん、筋トレ続けてらっしゃるのですね。私も何かやろうかなと思いました)
2009/01/16(金) 11:24:23 | URL | ユウコ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック