家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ビミョーに悩むこと
2008年03月15日 (土) | 編集 |
雨上がりの朝だ。なんとなくけだるい。

耕作放棄地に残された無残な一本のスモモの木が、
雨に濡れて少し息を吹き返したような。
地面には草が生えてきて、オオイヌノフグリみたいな小さな花も咲いている。
でも木のほうはまだ、冬のままという感じ。

スモモの木にはよく見ると蕾ができている。
着実に花を咲かせようと、どの木も必死のようにみえる。



ビミョーに悩むというのは、本当にどうでもいいことなんだけど、
古くなったズボンをどうするか、ということ。

私は普段、ほとんど家にいる。
普段着はほぼ、上から下まで全身ユニクロ。
なにしろ、ベーシックで値段も安いし、まあまあ長持ちする。

けど、悩ましいのがズボン。(ズボンはパンツと言った方がいいのか?まあいいや)

畳にこたつという生活空間なので、ひざが擦り切れてしまう。
新しく下ろしてから、2年くらいでそうなるかなぁ。
でも、ひざは擦り切れてしまうのに、ウエストや太ももの辺はなんとも無い。
おしりの辺は少し擦れているけど、まだはける。

でもねぇ、ひざが擦り切れちゃうとそのままはいていると
どんどん破けちゃうし、かといって不器用な手先で縫って繕ってはいてると、
庭にいるときに近所の人や宅配の人と出くわした時に、なんか恥ずかしいしね。

そのまま捨てるのも、もったいない。ひざが切れただけでねぇ。
今までのは、母にかわいく直してもらってはこうかと思って、
とって置いたこともあるけど結局、捨てたりうぴしの小屋の敷物にしてしまった。

ナイロンシャリシャリズボンは強いので、相当何年も経つのにまだ現役だ。
でも、デニムやチノパン、コーデュロイパンツは弱いんだよね。
そのまま捨てるのはやっぱりもったいない。
結局ハサミで分解して、油を拭き取ったりするのに使うしかないかなあ。
最初から、家ではく専門のズボンとかメーカーは・・考えた事あるかな・・ないか。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック