家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「無難」がいい?
2008年12月18日 (木) | 編集 |
カン・サンジュンさんの著書『悩む力』を、いつだったか衝動買いして、
今、読んでいる。斜め読み。

ふうーん・・と思った箇所。激しく、同感。(禿同)

「他人とは浅く無難につながり、できるだけリスクを抱え込まないようにする、
世の中で起きていることにはあまりとらわれず、何事にもこだわりのないように行動する、
そんな『要領のいい』若さは、情念のようなものがあらかじめ切り落とされた、
あるいは最初から脱色されている青春ではないでしょうか。」

青春、ね・・。

私は「青春」といわれる時期はとうに過ぎている。
でも、カン・サンジュンさんの言いたいこと、分かるなぁ・・。

昔の自分がそうだった。
他人が良かれと思って私にしてくれることでさえ、苦痛。放っておいてくれ状態。
今の若い人もそうかもしれない。

ただ、ダンナに会ってから、私は変わった。
ダンナは私の友達兼きょうだい兼親・・みたいな存在。
「男」としてはあまり意識していないかも。
でも、今は平穏でも、ここまで来るのに大変だった。
ぶつかりもしたし、泣いたり怒ったり。

昔、異性関係で手痛い思いをした直後に、
ダンナに「つきあってくれ」と告白された時、
「もう恋愛とか彼氏はいいや」と思って、断った。
でも、ダンナはあきらめなかった。
あきらめないでくれて、よかった。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック