家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »03
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


祖父に会えたら聞きたいこと。
2008年03月13日 (木) | 編集 |
私の父方の祖父は、多分明治42~43年生まれである。
出生地は新潟の十日町。私の実際の名字は祖父からのもの。
8人~9人兄弟の二男、と祖母から聞いた。

どういう人だったかというと・・・
父や叔母、祖母から聞いた話では、穏やかな感じの人だったらしい。
写真を見てもにこやかに微笑んでいて、そんな感じ。

小さい頃、「この人誰?」と聞いて、おじいちゃんだよと言われ、
優しそうな人だなと思ったのを憶えている。

その祖父が持っていた写真の中に、私が高2の時に初めて戦地の祖父を見てからかなり経って、
「人を殺している場面もあった」と聞いた。

祖父と祖母は、どういう経緯かまでは知らないが、
お見合いで結婚したと聞いている。祖母26歳の時である。
ここら辺もあまり定かではないが、
父が乳児くらいの時は祖父の仕事の関係で東京にいたが、
東京大空襲の時は、千葉の羽田に避難していたので無事だったということだ。

今気が付いたけど・・祖父が一度目の召集を受けたのは写真で見ると、
1937~8年。父が生まれる3年くらい前。
じゃあ、まだ結婚していない時に戦地に行ったのか。
死ぬかもしれないとか、そういうこと考えてたのかな。
「バンザーイ!」と、みんなに言われて送り出されたのかな。

続く・・。


残りの薬を飲んだら、眠い。目も、顔もかゆくて嫌になる。
効いてると思うけど、ああ・・・早く花粉の時期終わらないかなぁ。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック