家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


食欲の秋とは言うけれど
2008年11月11日 (火) | 編集 |
今日は午前中にうぴしを動物病院に連れて行ったからか、眠くてしょうがない。
いくらでも眠ってしまう。うぴしの昼のおしっこも忘れ、
隣のおばちゃんが「○子ちゃーん、いる?これもらいものだけど食べる?」と、
私の家のチャイムを押すまで、12時~2時まで眠り、
お腹がすいて食べてまた眠り、今起きて、洗濯物をたたみながらこれを書いて・・。眠い~。
もうろうとしている。今からご飯・・食べすぎてお腹いっぱいになってしまった。面倒~。
なんてことはダンナに口が避けても言えるわけはなく、気合で晩御飯作るしかないわ。
といっても、焼き魚に焼き油揚げに大根おろしに・・何だろう・・みかん。みかん・・。?
じゃなくて後はお茶漬けにでもしよう。大丈夫。

どうしよう・・。食べて寝ていたら、一時期減った体重はあっという間に元に戻り・・( ゚Д゚)マズー
何とかしないと、と言いつつどうしてこんなに実行力がないんだろうね私。
ダンナが怒らせてくれればまた、「んだとおぉー!」と思って体が動くのかな。怒りは原動力なり。
昨日は別の意味でダンナに言われた言葉で悲しくなったが・・書くと余計に傷付くのでやめる。


全然話題が違うけれど、あの、田母神前航空幕僚長の論文を読んでみた。
専門家によると、事実的には”間違っている”そうだが、中身の正誤も大事なんだけれど、
それ以前に「日本は侵略国家ではなかった」という、田母神さんが一番主張したいことが、
読んでいて全然伝わってこない。
私は紙に書き殴る日記ではなく、こうやってブログに文章を書いていて楽しいが、
理路整然としていて内容がうまく人に伝わっているかどうか、という点では、
私の文章は「上手な文章」とは言えないと思う。
でも、人の文章を読んで、「この人は言いたいことが伝わる」「この人は何言ってるんだか分からない」
と判断というか判定(なんてエラそうだが)するのは、割と得意である。
具体的に言うと、「加藤周一さん」という評論家(だったと思う)の文章が難しいようでいて読みやすい。
でも、田母神さんの文章はいまいちまとまりがなくて、読みにくい。
何となく、事情を知っている「身内」にだけ話しているような印象を受ける。
(よく分からないが実際そうなのか?)(と、勘ぐってしまう)
『日本は侵略国家だったのか』という題名の論文の芯の部分、「日本は侵略国家ではなかった」という考えが「普通なもの」としての「認識」がある人が読めば分かるのかもしれないが、
この論文で大賞で賞金300万円か・・・と思ってしまった。

----続き。
心に伝わる文章、というのは漢字が多いとか論文とか、平易であるとか、
そういうことはまったく関係ないと思う。
(友人Kさん、話題にしてごめん)例えば私の「友人Kさん」(「」つきです)は以前よく手紙をくれたが、
枚数が多いわりに中身はほとんどないといっていいものだった。当たり障りのないことばかり。
でも、これはまた別の人の話だが、もらった一枚の手紙でも、とても心を打つものがあった。
そして、あるブログに紹介されていた、中学生の女の子の言葉。私の、宝物にしたい言葉となった。
中でも難しいのは、思いを詩にすること、だと私は思う。言葉を凝縮するのは難しいなぁ。

ただねぇ・・あの田母神さんの論文は内容の正誤にも、問題ありなんだろうか・・・という気がする。

コメント
この記事へのコメント
文章はヘタクソですよね。
私も思いました。
土下座外交をやめてほしい点では支持するけど。
2008/11/12(水) 11:31:53 | URL | ちよりそ #-[ 編集]
♪ちよりそさん、こんにちは。ありがとうございます♪
ちよりそさんも読んでみましたか。
そうですねぇ・・私は自分のことを棚に上げて言っていますが、田母神さんのあの論文、
何か、いいたいことが伝わってこないんですよねぇ。

「土下座外交」というと私は、どうしてもアメリカとの付き合い方を思い出します。
60余年前の戦争に負けたということはあるでしょうが、基地への「思いやり予算」とか、
最近では牛肉の輸入再開のこととか・・。
どうしてああも、ヘラヘラ、親分にへつらう子分のようなのかなぁ・・と。
自衛隊の給油活動のことも。
沖縄では基地問題で苦しんでいる人がいるのに、牛肉のことでは不安が取りきれないままだったのに・・と、いつも解せない思いです。
ただアメリカとはまた別のことですが、日中戦争・太平洋戦争の加害者として、「文句を言われたらとりあえず何とかする」を繰り返してきたので、土下座外交などと言われるのでしょうか。
そこへもってきてエライ人が「神の国」だの、「南京大虐殺はなかった」だの言うから、土下座するはめになるとか・・。よく分からないのですが、そういう印象はあります。

ちよりそさん、コメントありがとう♪U ゚ _・゚>ノ
2008/11/12(水) 16:19:03 | URL | OK #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック