家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アザラシの毛皮
2008年11月08日 (土) | 編集 |
この前、テレビ朝日で犬・猫回収車のことを取り上げていて、そのことに関する記事をブログに書いた。
そして、コメントをいただいた。コメントを下さった方のブログを訪問した。
そこでキツネやアライグマが毛皮にされるまでの、あまりに酷い扱いを告発する映像を見たのだが・・
とてもショックを受けた。
ショックはとても大きかった。衝撃。こんなこと、今まで知らなかった・・。
私は、「コヨーテ」の毛の付いたダウンジャケットを持っている、とこの前書いたんだけれど、
このことを知った後では、洋服が入っている引き戸の中で、
コヨーテのファー付きジャケットはとてもおしゃれな感じには見えなくなってしまった・・。
(これからはこのファーをジャケットに付けることはないだろう・・。鏡で見ても、浮いてしまうから。
どこかへ出かけても、ファーのことが頭から離れず、楽しくはないだろう)
(ただ・・この前にも書いたけれど、そういう考えを他人にまで「こうしたほうがいいよ」とは言えない。
どのようなファッションだろうと、自由があると思うし・・私には言う勇気がない)

そして、ずっと、そのことが頭から離れなかった・・。
大手衣料チェーンのCMを見ては吐き気がし、うさぎの苦痛と命の引き換えに、
ものすごく安く売られている小物類を、スーパーで見ては吐き気がした。
(吐き気・・というのは、毛皮になるまでの動物たちを見て、動物たちに対してではなく、
こんなおぞましく酷いことが出来てしまう人間の行為に対して・・むろん、それで生計を立てている人は「何が悪い」と思うかもしれない。だから、毛皮で儲けたいと思う人達、安く手に入ってしまう大量生産のシステムみたいなものに対して、吐き気を感じる。知らないで使っていた自分にも)

その人のブログを今日、もう一度訪問してみようと思った。
最近、一時期頭が異様に重かったこともあって、気分がこれ以上重くなってはいけない、
と毛皮の所は見られなかったが、今日久しぶりにまた訪問した。
そして知った、アザラシ猟の現実・・。殴り殺されている、という。その、殴り殺されている、というのは以前・・・テレビか雑誌か・・何だったか・・は忘れてしまったが、見たことがあった。でも正視に堪えず、見るのをやめた。
今回も、映像は見られなかった。

続く。

コメント
この記事へのコメント
人間は、他の動植物の恩恵無しには生きていけない事もまた事実です。生命を維持するためには動物の肉を食べざるを得ないしね。でも、毛皮のコートや、ファーは違いますよね。死んでしまった動物から取るのならまだしも・・・感謝の気持ちを忘れてはいけませんよね。合掌。
2008/11/09(日) 09:44:12 | URL | katsuei #bQBrz5D6[ 編集]
♪katsueiさん、こんにちは。ありがとうございます♪
本当です・・。スーパーで売っているお肉、魚・・みんな本来の姿からは遠ざかって「材料」になってしまっていますが、生き物なんですよね。
その命を奪っている、という感覚に麻痺してしまいがちです。麻痺しています・・私は。
感謝しないといけないです。人間も生きていかなければならないんだけれど、他の動物に対して傲慢になってはいけないと思います・・。
「もったいない」という言葉、日常で忘れたくない言葉です。
「もったいない」精神はすべてに通じるものがあるかなぁ。
katsueiさん、ありがとうございます☆♪
2008/11/09(日) 12:18:08 | URL | OK #-[ 編集]
こんばんは。
OKさんと同じ映像か分からないけど
私も一度ブログに毛皮について記事にしたことがあります。

http://micknohonne.blog35.fc2.com/blog-entry-128.html

嗚咽とともにショックで、その日から少し
気分も滅入ってしまいました。
知らないって怖いことですよね・・
私はあれから、アウトレットで可愛らしいウサギの毛皮つきの帽子を買うことは出来ませんでした。
痛みと恐怖によって、仕上がった物を手に取る気にはなりません・・。

少なくとも私は買えないのですが
そんな映像を見ても、毛皮が好きな人には
関係の無い世界なのかもしれませんね・・悲しいけど・・
2008/11/09(日) 20:31:37 | URL | みっく #-[ 編集]
♪みっくさん、こんにちは。ありがとうございます♪
みっくさんのブログへここから直に訪問しましたが、
このエントリのユーチューブの中身を見る勇気はありませんでした・・。
私が見たのは、多分みっくさんの見た映像とは違うと思いますが、キツネ達のことでした。ショックでした・・。それ以来、毛皮をテレビの中で見るだけでも、浮いて見えるんですよね・・。
内容よりも、そっちに目がいってしまう。
私も、ずっと知らなかったらまた「カワイイ」と言って毛皮製品を買っていたかも。
でも、もう買えないですねぇ。人工の物でもいくらでもいいものがあるし。
もしどうしても欲しいなら山の中に行って、自分で鉄砲を持って猟をして、自分も獣と格闘して危険な思いをして、・・・そういう覚悟でもない限り、必要のないものだと思いました。
例えそうだとしても、今は衣料の品質がとても良く防寒性も高いので、必要ないと思いました・・

昨日、「し○○ら」に行きましたが、フードにファーの付いているものを多く見かけました。
安いです・・。あの安さが問題だと思いました。
(みっくさんのブログ、最近よく拝見しています。またお邪魔します^^)
みっくさん、ありがとうございます♪
2008/11/10(月) 15:04:46 | URL | OK #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック