家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


難しい年頃
2008年11月03日 (月) | 編集 |
最近・・というか、少し前から・・35歳くらいを過ぎた頃からだろうか、
変な言い方だけれど、年のとり方が難しくなってきたなぁ・・と感じる時がある。
もう、若くはない。でも、まだ「おばさん」というわけでもない・・。
昔だったらもう、「中年」という部類に入っていたかもしれない。
だから、昔に比べてイメージ的に若くいられるというのはありがたいんだけれど、
若くも歳をとったわけでもなく中途半端で・・。

子どもがいないからそんなことを考えるんだ、と思った時もあった。
でも、いてもいなくても関係ないかもしれない・・いろいろな人のブログを見ていてそう感じた。
自分の人生の設計・・この世にいることは二度とないのに、考えてばかりで時が過ぎていく。
だめ!そんなことじゃ!(`・ω・´) だ・め!(大きい字ウザイよ)←これも「痛さ予防」ねw
と思うものの、行動に移さない。
いや・・移してはいるかな。今、ここにこういう風に書いていること自体が。
考えないと、文章にはならないから。

そんなことを今日書こうと思ったのは、昨日の山梨日日新聞の書評欄に、
『負け犬の遠吠え』で有名になった、酒井順子さんの新しい本が紹介されていたからだった。
その名も、『おばさん未満』。(書評:大塚明子・文教大准教授)

(本の本文より)
『世捨て男には哀愁が漂いますが、世捨て女に漂いがちなのは、悲しいかな腐臭』

分かる。すんごい、分かるなぁ。
男が歳をとって、世捨て人・孤独な人・・になっても確かに、どこか「キレイさ」を感じる。
でも、女が歳をとって世捨て人・孤独な人(本人は孤高と思っていても)・・になると、
周囲から何故か、「大丈夫!?」と思われてしまいそうw 分かるなぁ。

私はどういう風に、歳をとるのだろう。
年齢のことでつい緊張するというか、引け目を感じる・・というか(感じてもしょうがないんだけど)、そういう場面は、この前駅ビルに行った時のように、若い人向け(20代)の服だよね・・というお店をブラブラしていて、店員さんに声をかけられたとき。
(社会不安障害がひどかった時は、全然違う意味で緊張したが、そうではなくて)
「このコートかわいい」と思って見ていると、店員さんが「羽織ってみますか?」と笑顔で言う。
(いや・・多分買わない・・でも、かわいいから見てたんだけど、と思いつつ)「あっ、じゃあ・・」と応じる。
そして、羽織ってみると、「ビミョー」・・な感じ。似合ってはいない。
私「こういうデザインって、やっぱり若い子が着るデザインですよね・・」
店員さん「そ・・んなことないですよ・・(^ω^;)このインナーを合わせるとこんな感じで(と言葉を濁す)」
こういう瞬間に、ああもう、昔の若い頃の私ではないんだと落ち込み(当たり前だろーが)、
顔が暗くなって、店員さんもどう接したらいいか分からないという気まずい状況になる。

でも、年をとるのは誰にも止められない。今若くて可愛い女の子も、いずれ年をとる。
あんまり考えても仕方ないけれど、かといってあまりにも無頓着、というのも良くないと思う。
しかし・・たまに、若く見せようと「気合入りすぎ」という人を見かける。
そういう風にはなりたくないな。難しい。


コメント
この記事へのコメント
どういう風に年をとるのか…
う~ん、理想はあるけど。
なかなか思い通りにはいっていなのが事実。
とりあえず、自分を好きになる事が今の課題。

店員さんがくっついてくるようなお店には、最近行かなくなってしまったので、
つい無難なものを購入しています。
まぁ、子供に汚されてしまう事が多いので、お洒落が出来ないのも
事実ですけどね。
2008/11/04(火) 16:38:04 | URL | ryoko #-[ 編集]
私も洋服を見にいったとき「これは若い子向き」。ちょっとミセス向きのお店に行くと「さすがにまだここまでは」と、なんだか中途半端です。

私はとっても白髪が多く、気を抜くとかなり白髪の部分が多くなっています。
ビックリはします。でも、これは自分だからこれでいいんです。
とっても気になったときは、さっさと自分で染めちゃいます。

自分のペースで年を重ねるのが一番ではないかなと思います。
自分が思っているほど、人には見られていないものですよ~。

将来のことを考えるのも大切ですが、今の自分を大切にしていくことも、自分磨きになると思います。

・・・・っていう私は、特に自分は磨いていませんが (^◇^;)

2008/11/04(火) 22:59:43 | URL | あお #X.Av9vec[ 編集]
♪ryokoさんこんばんは。ありがとうございます♪
姪っ子のアオイが生まれてから、私も度々会いに行きますが、その時につくづく思ったのは、
アオイと接する時は「動きやすい服装」が一番だということです。
そしてもちろん、ryokoさんおっしゃるように、「汚れてもいい服装」。
ああ・・これは汚すと困る・・とか、これは飾りが引っかかると困る・・とかいう服だと、
着られないですよね。
私は普段からカジュアルな服が多いですが、アオイと会う時は、
ストレッチの効いた動きやすい服かな。
私の住む町は山梨の中でもかなり田舎ですが、それでも駅前に1店だけ、
「かわいいお母さん」をコンセプトとしたお店があるのです(貴重な存在)。
子どもがいるいないにかかわらず、動きやすくて値段も安いので、
そのお店は重宝で、私もたまに服を買います。

「年のとり方」・・なんて考えても仕方ないのに考えて・・
芸能人の見すぎかな!?^^;

やっぱり、子どもに接する時遊ぶ時は、動きやすいのが一番です。
あと、アオイの顔の肌に優しいように、チクチクしないものを選びます^^
ryokoさん、ありがとう♪
(ryokoさん腰大丈夫かな・・。後でそちらに行きますね)

♪あおさん、こんばんは。ありがとうございます♪
「ミセス向き」の洋服というと、どうしてああも、一気に「年齢」を感じさせてしまうのでしょう。
(^ω^;)抵抗ありますよね。(「ミセス」っていう響きがすでに・・)

私も、白髪が多いです。特に、頭の左側に多いです。
美容院では、「体の血行が悪い」というようなことを言われました。中から来るのかなぁ。
私も、染めます。染めてしまえば、なんていうことはないですよね。

そうかぁ。「自分のペースで年を重ねるのが一番」・・そうですね。自分のペースで。
将来のことばかりつい考えてしまい(入れる老人ホームはあるのか、とか・・orz)、
今がおろそかになっているかもしれません。
自分の心が求めていることを、実行したら心に栄養が行き渡るのかなぁ・・。
「自分のペースで年を重ねる」って、いいですね^^
あおさん、ありがとうございます♪
2008/11/05(水) 17:17:46 | URL | OK #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック