家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今、カムバックして欲しい人
2008年10月10日 (金) | 編集 |
ニュースを見たり聞いたりしていると、アメリカの株価が下がって大変なことになっているらしい。
何が大変?と少し考えたが、よく考えてみれば・・株価が大幅に下がったということは、
もし自分が100万円のアメリカの会社の株を持っていたら、70万に落ちたら、30万円も損をしたっていうこと?そんな人があちこちにわんさか・・。
そして、個人だけじゃなく会社も大変なことになるんだよね、もちろん。
なんだか、1000億円以上の負債(?なんだろうか)を出して、倒産した会社の社長の記者会見をNHKニュースで見た。

麻生さんはまず、景気対策を・・と言っているが・・景気、かぁ・・。
(でもよく考えたら・・景気対策=大企業を救うこと??私の勝手なイメージ的に。
見当違いなら、指摘してくださるとうれしいです)

それも大事だと思う。でも、医者がいなくて子どもが産めないとか、大学に行きたくても家の経済状況で進学できないとか、そういうことを何とかしてほしい・・と思う。
この前も書いたけれど、一方では何十社面接を受けても断られる・・で、職がない・・でも一方では働きすぎて過労死してしまう・・このアンバランスは何とかならないかな。
あと、人の命を大切に考えてほしい。例えば脳卒中なんかでリハビリを受ける必要が出てきたとき、今の制度だと180日でリハビリを終えなければならないらしい。
180日で良くならなかった人はどんどんまた機能が落ちて、死ぬしかないのかな・・数字で区切れることなのかな・・
こういうことを、いろいろ政治がやらなければいけない、と思うのに・・。

日本は「世界第2位の経済大国」なんて言われているけれど、中身がボロボロで、ただの2位で胸を張っていられるのかな。

上杉鷹山(ようざん)と、田中正造。私はこの2人を、尊敬している。
今のこの世の中に降りてきて何とかして欲しい・・そんなことを思ってしまう。
それか、この2人のような政治家はいないだろうか・・出てこないだろうか・・

今の政治家でこの人は温かみを感じる・・というのは、河野洋平さん(引退してしまったけれど)、
加藤紘一さんあたりか。
とにかく、次の衆院選では、小泉チルドレンはことどとく落選して欲しい。



コメント
この記事へのコメント
>もし自分が100万円のアメリカの会社の株を持っていたら、70万に落ちたら、30万円も損をしたっていうこと?

甘い。
株式の購入には、信用取引という手法があります。
100万円口座に預けていれば、それを担保に、
3倍の300万円まで株を購入できるんです。
目いっぱい買っていたら、300万円が210万円に、
つまり100万円は10万円にまで目減りします。
相場の世界は厳しいんですよ。
2008/10/10(金) 08:17:49 | URL | ちよりそ #-[ 編集]
♪ちよりそさん、こんばんは。ありがとうございます♪

100万円⇒70万に落ちる⇒30万円損する

と、株の知識を全く何も持っていない私は、単純にそう思っていました・・。
あっらぁ~、うっそ~~そうなの?( ;´゚д゚`)という感じです。
「信用取引」・・そういうことなのですか・・。
以前ちょっと聞きかじったことがあって、分からないのでダンナに聞いてみたら、
余計分からなくなりました・・。
でも、今やっと分かりました。うーん・・そういうことなのですね。
100万円が10万円・・厳しいですね。
私が想像していた以上に、ずっと厳しいと感じました。
ちよりそさん、ナイス突っ込みです。
社会のいろいろなことを考えてブログを書いているので、
また株のことは書くかもしれないです。その時はぜひ突っ込みを・・(^ω^ (もちろん他の事でも何でも、よろしくお願いします。)
ちよりそさんコメントありがとう(゚ー゚)ノ
2008/10/10(金) 17:44:33 | URL | OK #-[ 編集]
個人だけじゃなくて、会社も取引先の株を持っていたりしますし、ともすると所有している株を担保にして銀行からお金を借りていたりします。仮に1千万円の株を保有していて、それを担保に800万円の借入をしていたとしましょう。30%株価が下がると担保としての価値が1千万円ではなく700万になってしまうので、銀行は100万円を返してもらう事が出来ない可能性が出てくるので、早く100万円を現金で返しなさいと言ってくるわけです。もっと下がれば、もっと返済しなければならない額が増えてくるんです。私の勤務している会社もそうですが、そんなに余裕資金を持っている訳じゃないですから、商品を仕入れるために準備していたお金でなんとか返済したりして、一時しのぎをしますが、下がり続けると借りる事が不可能になり、仕入れが出来なくなる。商品を仕入れられなければ売る物がなくなり、売上がなければ当然儲からない・・・給料も払えなくなるって訳です。このまま株価が上昇しないと言う事になれば、冬のボーナスは厳しい状態になり、ボーナス商戦を見込んで商品を仕入れてしまっている会社は、物が売れ残りますます経営状態が悪化する訳です。クリスマス、お正月用品なんて、季節が過ぎれば売れませんからねぇ・・・
ですから、金融市場の正常化は、早急に行ってもらい、少なくとも12月の始めにはある程度の水準まで戻してもらわないと大変な事になるんですよ。
2008/10/12(日) 09:31:35 | URL | katsuei #bQBrz5D6[ 編集]
♪katsueiさんこんにちは。ありがとうございます♪
「銀行は・・・早く100万円を現金で返しなさいと言ってくる・・・」
厳しいですよね・・。そういう会社がたくさんあるわけだから、
ボーナス商戦にも響いてくるわけですよね。

私の育った家は、父も母も「借金・株で失敗=死」という感じで、
金融機関とかかわって損をするともうすぐそこで死ぬ!という勢いで、
「借金はいけない、株=悪」ということを、私は叩き込まれました。
(今思うと大げさすぎ・・(笑
それだからか、(ただ単に私の頭の理解能力が遅いのか)株価が下がるとなぜそんなに困るか、ということを正直言うと良く分かっていませんでした。
そういう私までもが、「何事!?」と思っているのですから、
今回の株価下落は大きい事象ですよね。(今日は少し戻っているようですね・・)

katsueiさんの説明してくださったこと、とても分かりやすかったです。
特に、ボーナス商戦やクリスマス、お正月まで影響してしまうこと・・。
すべては、回りまわって、自分自身にも影響が及んでくることですよね。

katsueiさん、もしもまた、私が気がついていないようなことがあったら、
「それはこうなんですよ」と、教えてくださるとありがたいです。
説明が本当に分かりやすかったです。ありがとうございます^^ノ
2008/10/14(火) 14:48:54 | URL | OK #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック