家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


銃を乱射する人
2008年09月30日 (火) | 編集 |
つい最近、フィンランドの学校(職業専門学校)で銃乱射事件が起きたというニュースを聞いた。
犯人は、そこの学生。10人が死んだ。

びっくりした。フィンランドというと、「学力が高い」「高福祉(?)」「経済的に安定している」「ノキア」
というイメージがあったから。
でも、去年の11月にも銃乱射事件があったばかりという・・8人死亡・・。
知らなかったけど、フィンランドでは兵役義務があるそうだ。それに、銃の所有率は世界第3位とか。
そうなの。

朝日新聞9月28日付の「世界の論調」というコーナーに、
『ヘルシンギン・サノマット』というフィンランドの新聞の社説が紹介されている。
気になったところ。

「・・・どうしてこうなったのか?・・・・教育機関は、人間性を育むことを犠牲にしてでも
良い成績を取ることを望んでいるのか?」

「・・・・二つの事件は、インターネットに自分の画像を投稿していた。
ネットがどれほど人間の邪悪な面をあおるか、問うてみた方がよい。
仮想世界では、人は他者の上に立てると錯覚するのだ。

「二つの学校で起きた悲劇は、若者が感じている病理が残虐行為の急増につながっていることを示した。
それが効率を追及した代償なのか、真剣に考えるべき時だ。」

----------
◎フィンランドのイメージというと、高福祉で国民は誰しもが幸せで・・
ヨーロッパの童話に出てくるような、メルヘンチックなところがあって・・経済も安定してて・・羨ましい。
と、勝手に思い込んでいた。「効率を追求した代償」か。
どういう国なんだろう。考えてみると、よく知らない。

仮想世界では、人は他者の上に立てると錯覚する
これは・・そういうことは言えるなぁ、と感じた。
日本では、例えば2ちゃんねるでの、「言いっ放し」「言い捨てご免」的な雰囲気。
(注:「2ちゃんねる」のすべてが悪いわけではない。”入院スレ”とか、”育児スレ”とか、
専門家よりも一般の人のほうが適切な情報を持っていて、ここで知ることもできる)

2ちゃんねるでは以前こっぴどく言い返されて、私はうんともすんとも手が出ずに、
嫌な思いをしたことがある。まあ、そういう場所だということ。

もちろん私も人のことは言えないだろう。ブログといえど、自分がどこの誰なのか、
名前も顔も出していない。「安全」なところから物を言える。
顔をあわせてのコミュニケーションじゃない。
気をつけないと、「自分は他者の上に立てると錯覚する」という状態になってしまう。
これは、誰にでも言えることかもしれない。


銃がなくても、日本では大阪の池田小で小学生8人が一斉に殺され、
秋葉原では7人が一斉に殺された。
あの人が銃を持っていたら・・・もっと大惨事か。

♪見えない自由がほしくて 見えない銃を撃ちまくる
本当の声を聞かせておくれよ・・・・♪

見えない銃を撃ちまくっている人が、日本には温暖化で解け出る巨大氷山のようにいると思う。
年齢性別職業関係なく。


ちなみに・・・私は朝日新聞を読んでいる。なぜうちは朝日新聞か。
大昔、家で新聞の定期購読を申し込む時に、一番購読料が安かったのが朝日新聞だったかららしい。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック