家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


麻生内閣支持率、とりあえず44.6%か。
2008年09月26日 (金) | 編集 |
【麻生内閣誕生を受け、産経新聞社はFNNと合同で25日、世論調査を実施した。
内閣支持率は44.6%で、発足直後の支持率としては福田康夫前内閣の55.3%を下回り、
平成5年の細川護熙内閣以降の10内閣のうち、下から3番目という低水準になった。
政党支持率は自民党が31.7%で民主党(25.9%)を5.8%上回ったが、
この差は自民党総裁選告示直前の前回調査(今月10、11日)とほとんど変わらなかった。】
(産経ニュースより)

ふーん。
44.6%の支持率というのはどういう風に捉えていいのか私にはよくは分からないが、
福田さんが急に辞めちゃったからとにかく、内閣を立ち上げなければいけないよね。
まったく、担当者がコロコロ変わって忙しいこった。

そしてもう一つの調査の結果。
【・・・・(中略)
だが、次期衆院選の比例代表で投票したい政党は自民党36.0%(前回比1.7ポイント増)、
民主党39.3%(同4.1ポイント増)
で、民主が自民を3.3ポイント上回った。
次の衆院選で自民党、民主党のどちらに勝たせたいかとの設問では、
自民40.7%、民主48.5%とさらに差が開いた。】

この前の衆議院選挙(2005年夏)では、自民党が296議席とって、圧勝した。
この、2005年頃にはもう、小泉さんの進めた構造改革の弊害が出てきていたように思う。
だから、私はここで、何とか食い止めたほうがいいのではないか・・と感じた。
民主党に入れた。
私以外の国民も感じているのではないかな。そう思っていた。
でも、結果は・・自民党圧勝。
小泉さん、やり方が上手だな、と思った。
「郵政民営化」を題材に、「民営化か、否か」。
分かりやすく、「刺客」まで登場させて。マスコミも大はしゃぎで。

うちの父は、昔から自民党が好きではないらしく、選挙のたびに、
私は子どもの頃からそういう話を聞かされていた。
なのに、「小泉さんはすごい!こういう人がやらなきゃダメだ」みたいに言って、
今まで一度も自民党に入れたことがなかったというのに、自民党に入れたと言っていた。
何だろう・・・ノリに乗せられた?だまされた?ちょっとあきれた。

今回はどうなるのだろう。やっぱり、『♪中身が無くても イメージがあればいいよ♪』(byブルーハーツ
なのかな。国民は、イメージと選挙期間中のお祭り騒ぎに、してやられる?

不思議だ・・・一時期「自・社・さ」政権とか日本新党連立内閣があったけれど、
自民党がこんなに長く幅を利かせることを、なぜ国民は許しているのか。
一度、民主党に政権を取らせてみる、という選択をしてみたらどうかと思う。
もしもまた、衆院選で自民の方が多く議席を取ったら、それこそ日本の国民は、不思議な人たち・・
になるだろう。

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
そうですね。
「とりあえず」現状を流動化させる手が
政権交代しかありませんから、
消去法でそんな流れだといいですね。
大家のアメリカさんは、どちらの政権でも
若手のレクチャーは、しっかりされているみたいですから、興ざめもしますが・・・。
それでも、官が嫌がるのは民主政権ですから
そこから、第3の地方自治勢力が出てくることを期待したいですね。
「せんたく」は、今一歩ですね。何をやっているんでしょうか?
2008/09/26(金) 22:45:58 | URL | しゅうほう #-[ 編集]
♪しゅうほうさんこんばんは。ありがとうございます♪
現状の流動化・・「とりあえず」政権交代しかなくて、
その手段が一票を入れることだけというのはもどかしい気がしますが、
選挙に投票に行かないことには始まりませんよね・・。
たとえ民主党が自民党と似たようなところがあるとしても、
失望させられるかもしれないとしても、政権交代するしかないでしょうね・・そう思います。

アメリカ型の、2大政党が拮抗する感じのやり方がいいのかどうか分からないですが、
・・・私が羨ましく思うのは、ドイツです。「緑の党」という政党があります。
”環境政策を進展させ…ドイツ連邦議会では47議席を持つ5番目に大きい党”(wikiより)
だそうですが、環境政策というのはとても大事だと思います。
今の日本は農業も環境も、大事な政策が抜け落ちていると思います。

「せんたく」・・そうですね・・
本当・・いまいち、やりたいことが分かりにくいという感じがします。
完全な”上から目線”でもないけれど、庶民の目線とも違うイメージですね。
2008/09/26(金) 23:59:01 | URL | OK #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック