家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なぐり書き
2008年09月03日 (水) | 編集 |
秋葉原事件の加藤容疑者のこと、なぜあんな事件を起こしたのか・・
どうして、なぜ、という思いは、もう事件から3ヶ月経とうとしているけれど、
どうしても頭に浮かんでくる。


全然関係ない事件だけれど、どうしても頭に浮かんできて考えてしまう・・、といえば、
「東電OL殺人事件」がそうだった。
1997年の3月に起きた事件。
ニュースを何気なく見ていて、渋谷の人通りの少ないところで女の人が殺されているのが見つかった・・
と耳に入ってきた。
「もしかして、連れ込まれて乱暴されてしまったとか・・?かわいそう。
まだ、30代後半なのに。」と思った。そんなに若くして、不幸な事件。と思った。
同じ女として、犯人許せないわ。・・そう思って、その後もしばらくして印象に残っていた。

そして新聞のコラムだったか何か忘れてしまったが、
殺されてしまったOLさんが、そこで「夜鷹」という言い方をされていた。
売春をしていた?しかも彼女は、東京電力に勤めるエリートだったという。

「東電OL殺人事件」という、佐野真一さんが書いたノンフィクションを読んでみた。
この事件を題材にしている、桐野夏生さんの「グロテスク」という小説も読んでみた。
なぜ、エリートOLでお金に困っているわけでもないのに、
売春(しかも一人で通りに立って客を引く)などを長い間続けていたのか。
なぜ、どうして、という思いで本を読んで自分でも考えて、
そのうち少しは分かったような気になった。・・・・


通り魔で大量殺人といえば、「宅間守」を思い出す人もいると思う。
宅間守も、子ども8人を殺すという残虐非道なことをした。
(言葉が見つからない・・。「残虐非道」といえば、”タリバーン”もブッシュ大統領もそうだ。
「残虐非道」としか表現の言葉を持っていなくて)

秋葉原で通り魔大量殺人をした加藤容疑者に、なぜこれほど関心があるのか。
それはやはり、ネットやケータイという、私が自分自身で勝手に、こういうものとは自分は多分縁がないだろうと思いこんでいて、でも今、ネット、ブログというものにはまっているからだろうか。

一気に殴り書きをしてしまった。
あの事件以来、ぽつりぽつりと、加藤容疑者のことを新聞や週刊誌で見かける。きのうも見かけた。
あいつについて書いている人は、「分析」しているようにも、言いたい放題のようにもみえる。
もちろんそういう事件についていろいろ議論を起こすことは大事だと思う。
でも、そうやって大きな雑誌や新聞に自分の意見を載せられるような人と、
実際に精神的にあえいでいた加藤容疑者みたいな人の間には、大きい隔たりがあるような気がする。
あいつの考えていたことが分からない。やはり分からない。
だから、そういうものを読んだりするんだけど、分からない。
少しでも分かったような気になるには、時間がかかるのだろうか。

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
事件後、連鎖しかけましたが
留まりました。行政の監視もありましたが
やはり、このような時代でもまだ抑制は
効いていると思います。
「誰もが起こしうる事件」
「ほとんど誰も起こさない事件」
この2つの命題をかかえながら
ずっと考えてゆくと思います。
そういう人生を送りたいと思います。
洋泉社のこの事件の関連本を読みましたが
案の定、ヤミに入り込みました。
2008/09/04(木) 01:31:40 | URL | syuuhou #-[ 編集]
なんか残虐なことばかりおこるようになりましたね・・・

昔からあったのか?
なんにしろ、暗い世の中・・
自分だけは大丈夫ってもう通用しないですよね・・・
自分の身は自分で守らないといけない。
突然起きるから、防ぎようがないのかもしれませんが・・・・
2008/09/04(木) 06:03:40 | URL | スリムなどらえもん #-[ 編集]
♪syuuhouさんおはようございます。ありがとうございます♪
洋泉社の、「アキバ通り魔事件をどう読むか!?」という本、探してみました。
そして、大澤真幸さんの特別寄稿文を、ざっとですが、今、一気に読んでみました。
私が気になっていた部分(要約してみると)、
---なぜ、日記というものを不特定多数が見るインターネットに公開するのか、
そしてもしかしたら誰も見ている保障がない、コメントだってくれるかどうか分からないのに、
なぜブログとして書くのか---の所が特に、印象に残りました。

「このような時代でもまだ抑制は効いている」・・そうですね・・。そうですね、・・・・。
洋泉社のこの本、知らなかったです。じっくり、読んでみたいと思いました。
syuuhouさん、このような重い内容のものにコメントしてくださり、とても嬉しいです。
ありがとうございます。
2008/09/04(木) 06:32:14 | URL | OK #-[ 編集]
♪スリムなドラえもんさんおはようございます。ありがとうございます♪
ちらっと見てみたら1938年には、村人(なのかな・・ちょっと正確じゃないですが)を30人殺害した「津山事件」というのがありました。
でも、「通り魔」っていうのはここ20何年か・・という感じがします。
私の家はとても田舎な感じのところですが、
それでも暗い道をサッサと後ろから来られると何か怖い。
秋葉原みたいな事件、また起こってしまうのかな・・。
スポーツクラブで散弾銃を乱射した事件も思い出しました。
2008/09/06(土) 05:48:17 | URL | OK #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック