家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8月31日のあれこれ
2008年09月01日 (月) | 編集 |
友人Kさんのことを書こうと思ったけれど・・ものすごく疲れそうなのでやめた。
もしかして記事を消しちゃったのかな・・と思って探してみたら、カテゴリー「未分類」の、
5月15日以前に友人Kさんのことがあいてあった。
それにしても、私のブログって、読み返してみるとなんて長い文章(・ω・)
(読み返したのはものすごくざっと、未分類のところだけなんだけど、疲れた A´ー`;)。

-----------
30日に行った病院でもらった薬を、よく調べてみた。
「ビブラマイシン・50㎎」、抗生物質の錠剤。

7月の初め頃、うぴしの足の傷に気が付いた時、薬を塗ってもなめてしまったので、
自分の花粉症の薬(セレスタミン=合成副腎皮質ホルモン)と、
母が歯医者で出してもらって余った抗生剤「フロモックス」を飲ませていた。
しかも断続的に・・・・。

それが良くなかったのかな・・抗生剤を断続的に、だと、確か菌に耐性がついてしまうんだったような・・
そういうことは聞いたことがあったのに、忘れてしまっていた。
「ビブラマイシン」は、きのう行った動物病院でうぴしが外耳炎や目やにが出た時に、
以前から出してもらっていた薬。

「フロモックス」は私も病院で出してもらったことがあって、余ったのを以前から度々、
4分の1に割って、(自分の体重と比較しての大体の量を)うぴしに飲ませていた。
それで肉球の炎症が治っていたので、いいと思い込んでいた。(大体の量というのも良くないのかな)

「フロモックス」は抗生剤の中でも”セフェム系”という系統で、
「ビブラマイシン」は”テトラサイクリン系”という、違う系統だった。

ああもう・・よく調べもしないで・・。ごめんうぴし。
夕立が来て、雨がザーッと降った。蒸し暑い。
この蒸し暑さが収まってくれればなぁ・・・。という以前に、抗生物質の使い方を安易に考えていてはいけなかった。ああもう・・本当にごめんうぴし。

---------
「オニフスベ」という、巨大なマッシュルームみたいなきのこが、家の庭に育っている。
ものすごい速さで。
ここ二日くらいの間に、大きさが5,6倍になったような。
特に今日(8/31)は、何時間かの間に「あれ?大きくなってる?」みたいな。
食べられるらしいが・・食べる勇気はない。
見た目が、「もののけ姫」に出てくる、”こだま”みたい。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック