家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うぴしさん、重傷
2008年08月26日 (火) | 編集 |
うぴしの右後ろ足の湿疹がひどくなってこの前病院に行って、
「粉薬を根気よく付けてみてあげてください」と言われたので、その通りにしていたが、
やはり噛んでしまう。
傷の周りの、舐めすぎて毛が抜けてつるつるになってしまったところには、
新しく毛が生えてきた。
でも、本体の傷自体が全然治らない。
もう長いなぁ。7月初めくらいからかな。

そして朝はまだ良かったものの、昼間うぴしの足の状態を見てみたら、
血が出ているし、少し引きずっている。
やはり段々悪くなってしまっているようだ。
食欲はすごくあるし、犬が通ると吠える。元気だ。
うーんどうしよ・・でも今日は自分が調子悪い。
明日かな・・でも明日じゃ一晩痛くてかわいそうだし・・でも今日は自分が辛いな・・でもこれは一晩経つと良くないかも・・
と思っていたら、
母が「うぴし足が痛そうだから、今日○○さん(動物病院)に連れて行こう」と私に言う。

私「分かるけど・・私ちょっと今日は調子悪くて。どうしよう」
母「調子が悪いって・・だって、うぴしかわいそうだよ」
私「うーん」

この前行った動物病院は隣の町。車で5分くらい。
でも、この○○動物病院は普通に行くと45分~50分。高速道路を使っても30分はかかる。
確かに、うぴしは左の首におそらく甲状腺腫瘍と思われる腫瘍が出来ていて、
○○動物病院で経過を定期的に診てもらうことになっている。

母には、やはり私のことは分からないだろうな。
風邪気味&頭の調子が悪い時に急に出かけるのはけっこう大変だということを。
それにダンナのご飯の心配もしていかなくてはならないし。
買ってきてもらうにしても、メールをしなきゃならない。

昔、トラちゃんという猫を飼っていたとき、トラちゃんがケガをしてうぴしのように足の肉が露出してしまったことがあった。
でも母は、「けっこう猫って強いね」と、そのままにしておいたのに。
(トラちゃんはその後、足は良くなった)
そして、数年前に死んだミミちゃんという猫は急にやせ細ってしまい、
明らかにおかしい状態だったのに、母は「なんでこんなに痩せちゃったのかね。分からんじゃんね」
とそのままにしていて、私が「病院に連れて行ったほうがいいかも」と言ったのに、
「多分歳だから」と、連れて行かなかった。
自分はそうなのに、私にはちゃんとすることを要求する。
気持ち的に負担になることが分かっているのに、
私に「○○(私のダンナ)にちゃんとご飯作ってあげないとかわいそう」と言ったり。

ああもう。ただのグチになってしまいました・・。

母に言われたからうぴ氏を動物病院に連れて行くんじゃない。
さっきうぴしの目を見たら、うぴしの目は澄んでいた。
「私と犬との十の約束」(だったかな)で、「わたしにはあなたしかいません」
というのを思い出した。
そう。うぴしには私しかいないんだから。
今から動物病院に行ってくる。

コメント
この記事へのコメント
うびしさん、どうなりましたでしょうか ?

 最近 「 犬の十戒 」を見まして・・
 
     私まで気になってしまいました。
2008/08/26(火) 21:11:34 | URL | みちのこ #mKv8o/Bs[ 編集]
♪みちのこさん、こんばんは。ありがとうございます♪
今しがた、今日の動物病院の結果をブログに書きました。
「湿疹」だと思い込んでいましたが、それだけではないようです。
まさか、床ずれと言われるとは^^;
本人(犬)はいたって元気なのですが、こりゃあ長期戦になるのだろうか・・という予感がします。
老犬なので、手間がかかるのは当たり前、と思って気長に(超気長に)治すしかなさそうです。
みちのこさん、ありがとうございます^^
2008/08/26(火) 23:58:31 | URL | OK #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック