家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「生きてることが辛いなら」
2008年08月19日 (火) | 編集 |
今朝テレ朝の芸能ニュースを見たら、
森山直太朗の「生きてることが辛いなら」という新曲の歌詞が話題になっているらしい。


この曲の最初の部分
「生きてることが辛いなら いっそ小さく死ねばいい
恋人と親は悲しむが 三日と経てば元通り・・・」
が特に問題になっているらしいが・・・。(コンビニが放送規制をしたらしい。)

少し前からちらほら見かけて、”小さく死ねばいい”の部分に賛否両論の意見があった。

この歌を初めて聴いたのは確か、今年夏の初めくらいに、NHKだったかな。
直太朗らしい歌だなぁとは思った。作詞は、御徒町さん。

うーん・・。ネットでは直太朗のことをボロボロに言っている人もいた。
「ボンボン育ちにはそんな気持ちは分からん」とか、「3流歌手がどうのこうの・・」とか。
まあ、そういうのは置いといて・・。

確かに、 ”小さく死ねばいい”の「小さく」がどのような事柄を表しているのか(・・なんていちいち言うのもアレだけど)分かりにくいことは分かりにくいと思う。
でも例えば、よく2ちゃんなんかで、「氏ね」というような投げやりな乾いた感じを意図して書かれたものでないことは分かる。

恋人と親は悲しむが 三日もたてば元通り は、今の世の中その通りなような。
北京オリンピックのちょうど2ヶ月前に、
秋葉原であいつが事件を起こしたことをみんな忘れかかっているかも。(という人もいるかも)
八王子の駅ビルの本屋さんで、若い店員さんが刺し殺されて死んでしまったことも。

三日もたてば元通り というのは、世間なんて、マスコミなんてそんなもんだろうということかな。

”小さく死ぬ”ってさ、家出とかどこかを彷徨うとか・・直太朗はそういうことを言いたいんだろうか。
「生きてることが辛いなら わめき散らして泣けばいい」は、分かる。
私はそうはしてこなかったなぁ・・。いつでもじっと我慢。あ、いや・・家族に当り散らしてた・・

分からない。今朝このことについて書きたいなと思っていたけれど、まとまらない。

でも、CM規制するとかしないとか、コンビニの店内で流さないようにするとか、
そういう方向性でいくのは過剰反応のような気がしてしまう。

コンビニの店内に入ってきた人が短時間しかいなくて、
”いっそ小さく死ねばいい”の部分がとても印象に残ってしまって、その人に悪影響を及ぼすのが心配、という理由でコンビニ店内に流れているこの曲を規制するらしいが・・。


コメント
この記事へのコメント
ご訪問ありがとうございました。
この守山問題?について
・規制する人がいて
・それを批判する人がいて
・ちょっと反応して忘れてしまう人がいて
・過剰反応する人がいて
・家族で議論したり
・一切無視したり
・一人で考え込んだり
・無理やり知らんふりしたり
・・・・
 これからも、このように
 世の流れは弛まないと思います。
 それなら良いと思います。
2008/08/20(水) 00:27:54 | URL | syuuhou #-[ 編集]
♪syuuhouさんおはようございます。コメントありがとうございます♪
そうですねぇ・・。ネットの世界でもどこでもそうかもしれませんが、
「今」だけが注目されて・・後は忘れ去られる・・そんな傾向はあるような気がします。

「それなら良いと思います」・・・ですか。
そうですね、昔からそうだったかもしれないですね。

これからも自分の気になることはブログに書いていきたいと思いますが、
私はそれを自分自身で嘲って、「こんなところでほざいてても」などとは思いたくありません。
見ていてくれる人がいて、少しの波紋でも届いたとしたら、
0.1mmでも世の中が豊かになったら・・と願っているからです。
2008/08/20(水) 08:03:03 | URL | OK #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック