家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もうそこには居ない
2008年07月25日 (金) | 編集 |
今日の朝日新聞社説に、22日に起きた東京八王子の書店で、
店員さんが男に庖丁で刺されて殺された事件のことが、
--【無差別殺傷】 この連鎖を断ち切らねば-- というタイトル(題)で書かれていた。

…何か、こういう事件って本当に虚しい。
亡くなった女の人は、まだ3日前の今頃は生きていて、将来の夢も希望もあっただろう。
・・仮に、夢も希望もなかった人だったとしても、誰もが、殺されていいなんてことはない・・。

菅野昭一という容疑者は、「最近あちこちで通り魔事件が起きており、
刃物なら簡単に殺せると思った」と供述している、と社説にある。

私は、ダンナがやっていたゲームの、「トンベリ」というキャラクター(多分、敵だと思う)を思い出した。
ドラクエかファイナルファンタジーか、どっちか分からないけれど、
確か、庖丁を武器として持っていて、
相手を一回刺すだけで殺せる(倒せる)というキャラだったと思う。

トンベリは、相手を情容赦なく刺す。
まあ、それを言うなら他のキャラクター(主人公も含めて)も同じなんだけど。


菅野容疑者は、「この庖丁で人を刺したら、死んでしまう」とか、
「相当痛い思いと怖い思いをさせてしまう」ということは考えなかったのだろうか・・。

社説の最後の方が、気になった。
「教育の取り組みも必要だ。どの事件の容疑者も、刃物を向ける相手への想像力に欠け、
痛みに思いが至っていない。
そんな人間をこれ以上生み出さないためには、命の大切さを幼いころから
時間をかけて学ばせるしかない。」・・・
命の大切さって、”学ばせる”ものなのかな…。
”学ばせる”という、上から目線的なもので解決するのかな…。

 命の大切さ=自分の大切さ なのかな…などということを考えてみた。

私の家は両親が少し厳しくて、けなされはしないけれど、
子ども時代、ただの一度も褒められたこともなかった。(だから自信が持てないという部分はある)
でも、大事にはしてくれたと思う。
だから、若い頃、アトピーがひどすぎたり失恋したり、本当に死にたいと思った時に、
死んではダメ・・と、思いとどまれたのだろう。

ましてや、むしゃくしゃしていたからといって、人を殺そうなんて考えには及ばなかった。
でも、「この連鎖を断ち切らねば」と言ったところで、この社会でそんなことが出来るのかな。

秋葉の事件で亡くなった人、それ以前の通り魔で亡くなった人、
そして22日に菅野容疑者に殺された斉木愛さんという22歳の人、無念だろうな・・と思う。
・・・いや、通り魔だけじゃなくて、人に殺された人。
人を殺す人が一人もいない世の中なんて、有り得ないんだろうけれど。

「今の世の中は、人間関係が希薄で、孤立感を深めている」
それもあるのかな・・。あの犯人の話を聞いてやっていれば、また違ったのかな・・

例えば、じゃあ、江戸時代とかはどうだったんだろうね。
人の付き合いの密度というのは、確かにずっと今よりも濃かったかもしれない。
それに人殺しが起きたって、かわら版でも見なければ、
どういう風に被害者が殺されたか、なんて、一般人は詳しくは知り得なかっただろう。

人殺しという犯罪を犯した人、今何を考えているのだろう。

=====================

天声人語の筆者が、亡くなった斉木さんへの献花台に手を合わせて、
‘三好達治の詩の一説を思った’ことを書いていた。
-------

いいえ昨日(きのう)はありません

今日を打つのは今日の時計……昨日はどこにもありません

そこにあなたの立っていた

そこにあなたの笑っていた

昨日はどこにもありません

-------

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
命の大切さを学ばせる人達は、文部科学省の
天下りの皆さんでしょうか?厚生労働省でしょうか?
やめてもらいたいですね。
人間は、他の動物と違って、不完全で矛盾
に満ちた生き物です。
その人間が、人を殺したら、加害者・被害者
ともに、更に底なしの落としどころの無い
時間を永遠に過ごすことになります。
「人間は、ホントに偉いのか?」
から議論を始めてもいいかもしれませんね。
欲だけは、宇宙一かも・・・。(笑)
(もちろん、私もです。)
2008/07/25(金) 17:35:12 | URL | syuhou #-[ 編集]
本当に虚しく悲しい事件が多いですね。
単純的で衝動的で…でも、根が深い。
2008/07/26(土) 04:14:03 | URL | ryoko #-[ 編集]
♪syuuhouさんおはようございます、ありがとうございます♪
また事件のことを書いたりして、重いなぁ内容が・・などと考えながらでしたが・・。
お役人は、こういう事件が起きても、
どうも特殊な人たちが起こすものと思い込んでいるのか何だか・・。
命の大切さを学ばせる、という言い方がとてもひっかかります。

人間は偉くないですよね・・あんなこと、こんなこと・・本当に欲の塊みたいなものですね。
事件が起きても考えなければいいのでしょうが・・あまりにも虚しくて、
考えずにはいられませんでした。疲れましたが・・
これからも、命が消える度にいろいろ考えてしまうのかなぁ・・。
syuuhouさん、重くて長い文章を読んで下さり、コメントまでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。

♪ryokoさんおはようございます、ありがとうございます♪
あまりにも虚しすぎて・・でも今、そういう世の中に生きているのですよね・・。
どうしても、こういう事件が起きるたびに考えてしまいます。
殺す方も殺される方も、動物も人間も、大切な命なのになぁ。

・・不意に、鳥インフルエンザ騒ぎで「処分」された無数のニワトリ達のことを思い出しました・・。
あと、繁殖目的だけで生きさせられて世話をきちんとしてもらえない犬たちのこと・・
暗くなってしまいまた辛いですね・・すみません・・。
ryokoさんも、こんな重い内容を読んで下さり、コメントもありがとう。嬉しいです。
2008/07/26(土) 06:05:20 | URL | OK #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック