家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


優しさ・・って
2008年07月22日 (火) | 編集 |
妹から聞いた話。
妹が勤める職場では、何人かの看護師さんと何人かの事務員さんがいる。

30代くらいの男性看護師さんには、4人の子どもがいるそうだ。
でも、一人の女性看護師さんと事務員さん、2人は子どもが欲しいと思っているそうだが2人とも、
女の人に特有の病気を抱えていて、できにくい。

職場で、その男性看護師さんが子どもの自慢話ばかりするので、
そういう時に女性2人はとても、落ち込んでしまうらしい。
自慢話というのは、「子どもは可愛い」「今日はうちの子がどうだったこうだった・・」とか。

分かるなぁ・・。
私も以前は、子どもがいないということで落ち込む方だった。
ダンナの実家や親戚の家に行くと、‘針のむしろ’状態。

誰も味方をしてくれない。行きたくなかった。(今もあまり)
セクハラまがいの事を酔っ払ったおじさんから言われたり、向こうは全然悪気のない親切心の、
でもこちらにとっては心に突き刺さることを言われたり・・。


妹の職場のその女性看護師さんは、その病気の手術の後で、心の病気にもなったことがあるそうだ。
妹もその30代男性看護師を苦々しく思っていたそうだが、悪気がないとはいえ、
子どもがいなくて悩む女性相手に、自分の子のことを時に延々と話す男性看護師に、
職場の責任者である医師が注意をしたそうだ・・。


他の人の立場になって考えるというのは、大切だなぁ・・と思う。
仕事ができるとか、要領がいいとか、
世の中で生きていくにはそういうことも必要だと思うけれど、
心の優しい人が、私は一番いい。

そういう私も、人のことは言えないかもしれない・・。
でも、このブログでもそうなんだけれど、できるだけ他の人の立場に立って、
いろいろ考えたいと思う。うまく言えないけれど。

優しい心の持ち主の人は、きっと辛いことを体験してきたから、
弱いものや動物に優しくなれるのかもしれない。
何かと不器用な人やすぐ不安になってしまう人でも、優しい心とか誠実さを持っている人は、
どこか輝いて見えると、私は思う。
そして、華やかでなくても存在感があり、安心感があるような気がする・・。



-----------
妹が、アオイはもう、少しでも目が離せなくなってきたと言っていた。
「怒る」、という感情も出てきたらしい。アオイに会いたくてしょうがない。
今日は妹の家に、少し行ってこようかと思っている。

コメント
この記事へのコメント
どんなアオイちゃんに会えたのかな?

人の立場に成って、考えられる人って素敵ですよね。
私もそうありたいです。
弱さも持っているから、強くもなれ優しくもなれる。
何事も経験したほうが、深みがます。

OKさんもそうです。
耐え難い思いを積み重ねて、今があり、
真剣に人を思いやれる人柄が存在している気がします。
2008/07/22(火) 23:26:43 | URL | ryoko #-[ 編集]
♪ryokoさんおはようございます、ありがとうございます♪
夜中に地震がありましたねぇ・・そちらは大丈夫だったかな?

何だか、偉そうに書いてしまいましたが・・そんな事ないのですよ、私は・・

知り合いなどからの質問で返答に困るのが、「今何してるの?」という質問。
「子どもはまだ?」「いないとしたら、何で働かないの?」「若いのに働かないでもったいない」と、
相手が思っているのではないか、と邪推してしまうんですよね・・。
でも、何気なく聞く人と、イヤだなと思う聞き方は違うのが分かります。

それでも、自分が聞かれるのならまだしも、
1ヶ月くらい前にホームセンターで偶然会った中学の同級生に、
私は「今何しているの?」と聞いてしまいました。
何を話していいのかなと思ってとっさに口から出た言葉がこれ。
「今どうしているの?」だったらまだ良かったのになぁ。バカです。
2008/07/24(木) 05:41:27 | URL | OK #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック