家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしも。
2008年07月18日 (金) | 編集 |
もしも、万が一私がダンナ以外の人を好きになってしまったら。
ということを想像してみた。
アクセス解析で、山本モナで検索してくる人で、アクセス数が一気に増えた。
皆関心あるのかなー、と思った。
(今朝から、またfc2の障害なのか何なのか、アクセス解析動いてないよ~。
悲しい。( ;Д;)本当、元気の素なのにな~)

というわけで、テーマはあくまで「山本モナ不倫騒動」なんだけどね。

昨日の夜ダンナが、すれ違うときに私をギュッと抱きしめたと思ったら一瞬私の目を見て、
「大好きだよ」と言ってまたギュッとする。
どうしたのかな・・と思ったけれどダンナの目はいつもの優しい目でニコッとしていた。
あまりないことなので少しびっくりしたけれど、普通に嬉しかった。

私はダンナのことが、大好きだ。
大きくて温かくて・・優しい。
海のように私を包んでくれる。
「もうやだな」と思う時もある。でも、「好き」が「もうやだな」を上回っている。


ただ・・モナは多分もしかしたら、前回の民主党の議員とのことも、‘遊び’だったかもしれない。
あくまで推測だけど。
私はそんなことはできないな・・。好きになったら、本気になってしまうだろうな・・。

ダンナのことがすぐに思い浮かぶだろう。
今では夫というだけでなく、親兄弟、親友のような間柄でもある。
切っては切り離せない存在になってしまった。

それでも、自分の気持ちがどうしようもなく言うことを聞かなくなってしまったら。

分からない。分からないなぁ、どうするか。
もしも本当に・・どうしようもなく好きだという人がいたら。
簡単には突っ走る事などできないだろう。私以外でもおそらく、そんな人は多くはないだろう。

ずっと、「あの人のこと好き」と、思い続けるかな。
その方がいいのかな・・。
でも、気持ちが抑えられなくなったら。
分からない。人間の気持ちは、割り切ることができない。
まあ、そこが人間なんだろうね。

--------------

今回の不倫騒動での、岡田監督の言葉。
「(二岡は)アホやな。しかし、山本モナはすごいな。」
笑えたw

コメント
この記事へのコメント
私も主人のことが好き。
普段は、嫌な面ばかり見てしまうけど、何だかんだ言っても、
裏切る気持ちもサラサラない!
正常!?な感覚を無くしたくはないなぁ。

人を本気で好きになる気持ちは大切。
2008/07/18(金) 13:29:28 | URL | ryoko #-[ 編集]
ryokoさん♪
ryokoさんもですか^^
「子どもみたい」とか、「何でそうなるの」と思う時もあるけれど、
落ち込んでいる時にダンナのオヤジギャグに笑ってしまったり。結局はダンナ、なんですよね。

でも、もしも本気で好きになってしまうような人ができたら、ダンナと両方!?
なんてことを想像(妄想)してしまい…。アホです。
2008/07/18(金) 15:28:37 | URL | OK #-[ 編集]
そうそう、旦那のことは大事にすべきです。
…旦那の立場から…

始めまして。
あし@たどってきました(笑)
おみくじ、中吉でした♪
2008/07/19(土) 12:47:00 | URL | cdoor #1Cm5Xbjo[ 編集]
cdoorさん、おはようございます♪コメントありがとうございます♪

こちらこそ、はじめまして。このようなところを見てくださり、とても嬉しいです♪

cdoorさんご自身が謎に満ちている(?)なぁ、と思ったのですが、奥様いらっしゃるのですね^^
そうですよね。本当に大切な存在というのは、失ってから初めて気づくような気がします。
そう思うと、ダンナのことは、とてもいとおしいです。
(でも世の中の半分は男性なので、つい目移りして・・なかなか行動に移すわけにはいきませんが^^;)

cdoorさんのショートショート、読んでみてとても面白かったです。
cdoorさんのところへはとりぶうさんのブログからジャンプしたのですが、
「F田さん」(だったかな)の話は、夢中になって読んでしまいました。
想像をかき立てられるところがいいです。楽しみにしていますよ^^
2008/07/20(日) 06:11:47 | URL | OK #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック