家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヤブイヌ
2008年07月17日 (木) | 編集 |
朝うとうとしながら、どうでもいいことを考えてしまった。

うぴしはどのようにしてDNAを引き継いで、ああいう耳の垂れた長毛で顔の四角い、
洋犬の風貌になったんだろう。ああうとうと・・(-Д-)(- _ -)

父親は分かっている。うぴしの生家の、近所の犬(おそらく)。
そこから前の、親の親の親のそのまた親の……が、気になって・・・どうでもいいこと。

「ヤブイヌ」を思い出した。
ヤブイヌ…別名:ブッシュ・ドッグ。
一応イヌ科の動物ではあるが、見た目が素人目には犬・・とはまた微妙に違う。
ずんぐりむっくりで、キツネ・・でもないし。

ヤブイヌを初めて見たのは「犬の生態」という、もとは1956年に書かれた本の中でだった。
ヤブイヌ・・・変な名前だ・・名前がすごい。

(どうでもいいけど、ディンゴという、オーストラリアの犬も気になる・・。)
(ヤブイヌ=ディンゴだと長いこと思っていた。wikiで調べたら、違うじゃん・・。びっくり)

全然関係ないが、魚の、「ゴンズイ」も初めて聞いた時すごい名前だと思った。
ずっと前にダンナに、「・・・ってさ、ゴンズイみたいじゃんねぇ」と言ったらダンナは、
「何それ…ゴンズイ?(゚∀゚≡゚∀゚)wwwwwってさww存在するの?知らんよそんなのww」と言った。
存在する。
刺されると、痛いらしい。

コメント
この記事へのコメント
動物の遺伝もなかなか興味深いものですよね。
2008/07/18(金) 13:26:25 | URL | ryoko #-[ 編集]
ryokoさん♪
ヤブイヌとディンゴが、同じイヌ科の動物とは思えません。
ディンゴは、キツネに近いような動物でした。

うぴしはたまに、「何の種類ですか?」と聞かれますが、雑種なのです。
(でも何となく、そう聞かれると嬉しい)
2008/07/18(金) 15:15:17 | URL | OK #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック