家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人と人との、つながり・・
2008年06月23日 (月) | 編集 |
日曜日朝の日テレの、徳光さんが司会の番組で、秋葉の事件や、宮崎勤死刑囚について20代と40代の人にアンケートをして、その結果というのを分析(・・かな)していた。

なぜ、40代かというのは、宮崎勤死刑囚が先週死刑に処されたからだろう。
「加藤容疑者のしたことは理解できない、どうしてそういう行動に出るのか」という意見が多かったようだが、「分かる」という人もそれなりの人数いたらしい。

私が気になった意見・・20代半ばと40代半ばの、専業主婦の人の言葉・・
「人と人とのつながりをもっと大事にしなければいけないと思う」
「家庭で、子どもを愛し話を聞いてやり、きちんとコミュニケーションをとっていれば、そんな行動を起こすことはないと思う」
うろおぼえなので正確ではないかも知れないが、そんなような内容だった気がする。

私自身は子どもだった時代はあっても、自分は子育てをしたことがない。
でも、もし子どもがいたらそう考えるのかなぁ・・。

そして急に、ある人を思い出した。
ある人というのは、何年か前にテレビで見た、50代後半くらいのホームレスの男性。
まだ子どもだった時期に、家族からいじめられ疎まれて、犬を連れて家出して、そのまま長い事ホームレスで生活していた、という人。
親切な女性がこの男性におにぎりをあげようとしたら、この男性はおにぎりを食べた事がなく、黒い物(海苔)が不気味で、食べ物ではないと思ったそうだ・・。
そのくらい、世間と隔離されていた。
でも、とても気が優しそうで、荒んでいるという感じは全くしない人だった。

連れてきた犬が死んでしまった時は、2日間くらい泣き通したそうだ・・。親のような存在だったと・・言っていたような気がする。

テレビで知られるようになって、からなのか(そこら辺は不明だけど)、住み込みで雇ってくれる人がいた。それ以前は川原で暮らしていたけれど、その家に仕事をしながら住まわせてもらうことになった。
でも、それからしばらく経ってテレビ局で取材に行ったら、男性はもう、どこかへ姿を消していたという。

・・このようなことを思い出した。そして、秋葉で事件を起こす前に加藤容疑者と、このおじさんが出会って何か話をしたならば、おじさんは、この人になんと言っただろう・・と想像してしまった。

おじさんは全く一人というわけではなく、その近辺では何となく知られていた人のようだった。親切に接していた人もいたらしい。
でも、夜、一人になると孤独だっただろうな・・と思う。
加藤容疑者も、孤独を強く感じていたらしい。
どっちも、孤独なんだけど、何か違う孤独なのか・・同じなのか・・

人と人とのつながりを大事に・・と思っていても、本当に本当に孤独を感じている人に、
その思いは届くのだろうか・・ということを今日朝っぱらから考えてしまった。

コメント
この記事へのコメント
これもまた考えさせらました。

まずは、そのおじさんと加藤容疑者の孤独は、異質だったと思います。
なぜかは、うまく言えないけど…
多分、2人の根底にある願いが違うと思うから。


2008/06/23(月) 23:09:47 | URL | ryoko #-[ 編集]
ryokoさんこんにちは、ありがとうございます♪
<<2人の根底にある願い>>・・違いますよね・・かなり・・。

私は家族にも恵まれて、物質的にも不自由していないのに、何か寂しいなぁ・・
と感じてしまう事があります。でも、私のこの‘寂しさ’など、
(おじさんと加藤容疑者の孤独が)異なる孤独だったとしても、それとはまた違う‘孤独’なのかな、
それとも孤独なんていううちには入らないだろう・・と思います。
周りの人がどれだけ私のことを大切に思ってくれているか、受け止めないと。
(ちょっと独り言コメントになってしまいましたが)
2008/06/24(火) 15:58:19 | URL | OK #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック