家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • »03
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「いい子」を、もうやめたい。
2015年01月19日 (月) | 編集 |
こんばんは。

「頼まれたら『イヤ』と言えない性格」・・・
こんな風に自分のことを表現する人がいますが、私は子どものころ、
そんな感じでした。
特に、母親に対して。

苦い思い出があります。
苦い、というか複雑な気分、かな。

小学校4年生くらいの頃だったと思う。

祖母の知り合いか母の会社の同僚の人たちか、
その辺りはよく覚えていないのですが、その家族と一緒に、
私よりもずっと小さな子(一人)も、遊びに来ました。
一緒に遊んだ記憶はなく、ちょっと家に寄った感じです。

我が家に寄った大人たちと子どもが帰ることになりました。
その時、私の母は、多分・・その、小さな子を喜ばせたい、と思ったのか、
私が持っていて(しかも、気に入っていた)
たんすの上に置いてあった砂時計をその子に見せて、
「これ欲しい?」と聞いたのです。
私の心の中:(まさか・・)
小さな子の返事はどうたったのか、覚えていません。
母が私に、「これ、この子にあげてもいいよね?」と聞いたのは、
はっきり覚えています。
私は、「だめ、それはわたしの」とは言えませんでした。
私:「うん・・いいよ」と返事をしました。
母は私の砂時計を、その子に渡してしまいました。
そして、大人たちと小さな子は、帰っていきました。
私の心の中:(あっ・・・。あーあ・・行っちゃった…)

何となく、ショックでした。

断ればよかったのでしょうが、空気を読んで、それはできませんでした。

このことは大人になってもずっと引っかかっていました。

それから、何十年経ち。母が亡くなるちょっと前です。
ある時、夫と旅行に行った時、
日本の様々な時計メーカーの歴代時計が展示してある、
博物館に行こうということになりました。
時計そのものを見て興味深かったり楽しかったのですが、
嬉しかったのは、ミュージアムショップに、手ごろな値段のシンプルな砂時計があったこと。
あまり大きくても、壊してしまいそうだし・・
(その時、小学生の自分の、そのことを思い出していました)
似たような、高さ8センチの小さいものを買ってきました。

旅行から帰ってきて、自分へのお土産の砂時計の包みを開けました。
「これが欲しかったんだよねぇ・・」と思いながら眺めましたが、
(分かっているけれど同じではない…)満足ではありませんでした。
あの砂時計は永遠に私の元に戻らないし、母に、
「わたしのものだから、いやだ。あげない」と言うこともできない。
砂時計にこだわっていたのではなく・・・
心は埋まらないのですね。

タイトルですが、こういう気持ちになるのは、
年齢は関係ないのだ、と思います。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック