家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »03
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本音は
2014年11月22日 (土) | 編集 |
この前、生協の「放射能関係のお知らせ」のチラシを見ながら、
夫に話しかけました。

私:「最近さー、『家庭でできる放射能対策』というのが入るようになったさ」
  「『①誰でも被曝する可能性があると認識する』とかね、『②生まれもった免疫力を保つ』とかさ、・・要するに食品検査ばっかりに頼らないで体力を鍛えろ、ということかな。」

夫:「・・・。オレたちの甥っ子姪っ子たちにさ、食べ物に気をつけろ、っていうのは分かるさ・・。
  けどさ、オレはもう、あと20年も生きれればいい。」

私:「えっ・・・」

思ってもいなかった答えでした。
夫がそういうことを言うのを聞いたのは、初めてでした。

その後、
夫:「友達のお見舞いに行ってさ、そう思ったよ・・。
  いろいろ考えないで、生きたいって。」
と・・。そんなような答えでした。

夫の友人は今、闘病中です。
あまり具合が良くありません。
ほぼ同年代の人です。
私は、返す言葉がありませんでした。
夫の気持ちがよく分かりました。

十数年前に、二人で岩手、宮城を旅行したことがありました。
気仙沼で、港でとれたてのかつおを食べたり、岩手でも、美味しいものを食べたり。
その頃は食品の放射能汚染など気にもしていません。
原発事故が起きるとは思っていませんでした。

今日、ツイッターで見かけたつぶやきに、
『(主に)家族のご飯を作る(と一般にされている)お母さん達が真っ先に放射能汚染に反応したのは当然だったのかな~?なんて考えるわけです。』という、
つぶやきがありました。
それはよく分かります。
もちろん放射性物質にも気を配らなければ、なのですが、
夫の心の中から出た言葉は重かったです。
(夫は私に批判的に言ったわけではなく、
入院中の友人の姿を見て、そう思ったのだと思います)
生きているから食べることができる、わけで・・。
普段ほとんど弱音を吐かない人なので、その言葉は重かったです。


========================

11月3日に干した渋柿を、きのう、芯が軟らかくなったので手でもみました。
父が私に、
「青森に送るのか」と聞きました。
「青森?」
「おまえはよく青森に手紙を出しているから。」と父。
(あさこはうすさんへのハガキを出すのは、いつも父に頼んでいます)
私は、
「青森の人は会った事はないけど、青森でJパワーっていう会社が原発建設していて、
原発完成予定地の中にその人の家があってさ。
福島で爆発したのにね。まだ原発つくろうとしてるから。
その人は建設に反対してて。私は応援してるの」
と、父に話しました。
「そうだな。あんなになっちゃったのに、
まだ原発なんてまずいな」
・・・そんな会話をしました。

これからも、一人で考えたり、
一人でもできる原発反対表明はしていこうと思います。
いつも読んでくださって、ありがとうございます。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック