家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


復員兵の話
2014年09月27日 (土) | 編集 |
今回は、先日の記事の最後で、書こうと思うと記した、朝日新聞読者の投稿について、です。私が、読者の戦争証言の連載の中でもっとも忘れられなかった話です。

昭和61年7月~62年2月、朝日新聞4面 テーマ談話室「戦争」連載シリーズをまとめた、
朝日ソノラマ発行・朝日新聞テーマ談話室編者の「戦争---血と涙で綴った証言---上巻」(昭和62年7月31日発行)の、
246~7ページ(紙面では昭和61年10月23日付で掲載)より。投稿者は、当時55歳の神奈川県在住の女性。健在であれば83歳になっています。月日の流れを感じます。
全文は、本を写真に撮って載せました。
クリックすると拡大します。

タイトルは、「娘心を傷つけた『南京の話』」。

F100029朝日新聞 声 戦争1

F1000294 (1)朝日新聞 声 戦争2

F1000295 朝日新聞 声 戦争3

この中から、一部抜粋してここに転載します。ここから============

「・・・30畳くらいの部屋に緑色のカヤをいっぱいにつってゴロ寝です。疲れでウトウトしかけたころ、五、六人の男が酒盛りをはじめました。みな復員兵で、いわゆるプロのやみ屋。それぞれに手柄話が始まりました。
 聞くに耐えない話ですが、中国の娘さんを何人もで暴行し、いったい女の体にどこまで手が入るかということになって、どんどん手を入れていくと、腕の付け根まではいるんだとゲラゲラ笑いながら話しているのです。
 私はバネじかけの人形のようにとび起きてカヤの外にとび出そうとしました。すると母があわてて、そっとしてないと何をされるかわからないと引き止めたので、じっとしていましたが、その間にも、それはどこだ? 南京南京、あそこは一番おもしろかったぞ、やり放題盗み放題だ、とにかく行軍中、兵隊が疲れてなかなか指揮がとれなくなると、上官が、もう少しの辛抱だ、次の町に入ったら何でもやれというのだそうです。」・・・

=============ここまで

「敗戦の年の秋口のことです」と書いてあるとおり、この女性が復員兵から話を聞いたのは戦争が終わってすぐ、の時期です。「私はバネじかけの人形のようにとび起きてカヤの外にとび出そうとしました。」に表れているように、相当なショックを受けたのだろうな、と思いました。
この読者証言の連載を読んでいた私は当時16歳で、「いったい女の体にどこまで手が入るかということになって、・・・」の部分は、被害者の体のことを想像して自分に置き換えてみるととても恐ろしく、この話は、時々なにかのきっかけで思い出しました。(この証言の一週間後の当時25歳の女性の投稿には、「女性の立場から身震いするほどの恐怖感で体をこわばらせました。」という感想があります。また、25歳女性の投稿と並んで、55歳女性証言に対し"反論"めいた投稿も。掲載当時65歳男性(戦地に日本軍として行った人)は、「敗戦にすさんだ生活の中での酒席のワイ談を、決して真実と信じてはならない。」(「私は、前進でそれどころではなかった・・・連日行軍のその日、朝から下痢をして・・・」ということも)、と書いています。ですが、「敗戦にすさんだ生活の中での酒席のワイ談を、決して真実と信じてはならない。」とは言い切れない、と思います。

「日本軍 レイプ」で検索したら、
ニューギニアで 旧日本兵が行った残虐
というページに出会いました。こんなことまで・・という日本軍の残酷・残虐行為。(読むと気分が悪くなるかもしれないですが、私は、これは確かに現実に起こったのだと思いました)
1944年から1945年にかけてのことらしいですが、読んでみると、文中でも筆者が「はたして、この被害の実態が被害者側の証言だけで証明できるのだろうか。」と書いているように、「真実かどうか」「実際にあった事件かどうか」は、証明が難しいかもしれない。でも、証言した現地の人は、確かにいる。
(上のリンクのニューギニアの記事は、1997年10月17日発行の「週刊朝日」らしいです。書いたのは、須藤真理子さんという、2000年の12月に亡くなったジャーナリストのようです。「映像作家の鎌仲ひとみさんが、須藤さんの闘病の日々をNHKの特集番組で撮影なさった」と、こちらのページ→Cafe Lunatique (No.0019) 寮美千子の掲示板 に、須藤さんのことが書かれています。

また、おそらく一般の方のブログですが、
復員兵が帰ってきた 昭20年秋 (2007年2月3日)
という記事を見つけました。
(ブログ:「nozawa22」さま。)勝手ながらリンクさせていただきました。
『昭和二十年の秋だっだろうか。その頃あちこちの家に戦地から父や兄が帰ってきた。』
というはじまりで、復員兵の人の話を書いていらっしゃいます。
戦地から帰ってきた日本軍の兵士ひとりひとりに、
想像も出来ない苦労があったのだな、と思いました。


-----------------


重い話が続きましたが、
次回のブログは、少し趣を変えて。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック