家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「セクハラヤジ」について、夫と話してみました。
2014年07月05日 (土) | 編集 |
こんばんは。(といっても、夜中・・。)またもや更新の間隔が開いてしまいました。

今日は、先月18日に東京都議会で起きた、女性意議員への「セクハラヤジ」について。

塩村文夏都議に「産めないのか」とセクハラやじ
The Huffington Postより。
(投稿日: 2014年06月19日 11時31分 JST 更新: 2014年06月19日)
==============ここから引用。
東京都議会の本会議で6月18日、みんなの党会派の塩村文夏(あやか)議員(35)が、一般質問で妊娠、出産、不妊に悩む女性への支援の必要性を訴えた際、男性の声で「自分が早く結婚すればいい」「産めないのか」などのヤジが飛んだ。朝日新聞デジタルなどが報じた。
==============引用ここまで。

これは、テレビや新聞報道でも詳しく伝えられているので、ここでの詳細はこれまでにとどめますが、まずひとつ言えることは、これは重大なセクシャルハラスメント(性的嫌がらせ)です。女性への侮蔑・軽蔑です。
その野次が飛ばされた時に起こった笑いは、陰湿な笑いです。
この後の、世間というか世の中の反応は。
主に女性たちだと思いますが、男性も、怒りをあらわにしました。
ネットでは、抗議の署名が何万と集まりました。
ただ、ちょっと気になったことが。
野次を飛ばした自民党議員の資質を問うよりも、塩村議員を責めるような論調が多い気もしました。しかも、塩村議員の過去の経歴などについて、です。
「そういうことを言われても仕方のない人」として考える人が意外と多いことに、
私は、戸惑いを覚えました。

そして、集団的自衛権行使容認を閣議決定、という大きなニュースが出るまで、
このことは、夫と一緒に見ている朝のテレビニュースでも扱っていました。
夫には、それまで何回か、自民党議員が塩村都議にセクハラ野次を飛ばしたことについて、
「どう思うか」と聞いてみました。
その度に、「あのおねーちゃん(塩村都議)にも悪いところがあったと思うよ。なんか、1500万だか?ふんだくったとか。けっこうな人らしいよ」というような答え。
私は、(塩村さんを「おねーちゃん」と呼ぶことはどっちでもいいが、)
「でもあの人(塩村さん)は、有権者から選ばれた議員なんだよ。あの人の過去がどうだこうだ、というのは関係ないと思う」というところで、そのときは話はそこで終わりました。

そして、6月30日朝。
また、朝の時間帯にそのことを伝えていて、夫が同じようなことを言ったので、
「あのさ、(詳細は省きますがこれは実話です)昔、私が二人目を流産したときに、まだ10日も経たないうちにお姉さん(義理姉)の実家に行ったでしょ。その時に、「また次(の子ども)がんばれよ」と、皆の前で茶化されて笑いものにされて(もっとひどいことも)言われたんだけど、私は黙って我慢したの。それと同じことだよね。と思うんだけど。
私は、塩村都議の過去とか、どういう人か関係ないと思っている。興味もない。
塩村さんと自民党の鈴木都議の個人間の問題ではない。

と私は返事をしたのですが、夫は納得がいっていないようでした。
(下線は、重要な部分ですので、下線を引きました)

そして、これは週刊新潮の見出しについての、私のツイート(7月3日)です。

 ↑(7月3日号でした。
ちなみに、新潮については、「私は、松本サリン事件で河野義行さんを犯人扱いして以来、新潮を買っていません」と言っている方がいる。web上でその方は、2回は言及している(私はそれで初めて、新潮が事件後に「毒ガス事件発生源の怪奇家系図」という記事を書いたことを知った)。私も、週刊新潮は買わない)

(ここに、ネットでの反応として13行の記事を書いたのですが、
冗長になってしまったため、「続きを読む」に移しました。(7月5日18:11))


今、書いていて余計に気分が滅入ってきました。
鈴木章浩都議の謝罪会見やりとり 「早く結婚して頂きたくて」【セクハラやじ】
 ↑ 鈴木議員のこの発言もまた、セクハラじゃん・・と思いました。

「セクハラ野次」問題ですが、根が深いな、と思っています。
セクハラとはまた違いますが、
関連して私が気になっているのは、雅子皇太子妃のことです。
続きは、また書きます。




そしてここから先は、
ネットで、激しく塩村都議への怒りを表明する人の言い分。主旨です。
箇条書きで。ここから。=======
■自民党の鈴木議員の「自分が早く結婚すればいい」という野次は、よくない。
■だが、オレは、秋元康以下のあのおねーちゃん(塩村都議)が許せない。
■なぜかというと、自分がやったこと(放送作家時代に、中高生を「アイドルの穴」という日テレの番組に出演させて同属(筆者注※女性ということだと思う)を「売り」にして自分が名前を売ったこと)には言及しないこと。
■自民の鈴木都議が「自分が結婚すればいい」と言ったのは問題だが、塩村さんは、自分がやってきたことはどうなんだ、ってこと。
(筆者注※↑ ちなみに、「アイドルの穴」という番組の、ネットに出回っている画像を探したら、中高生は出ていなかった。私が見た出演者は、20歳、23歳、24歳の女性)
■仲本工事のことを「気持ち悪い」とか、ツイッターでつぶやいている。
議員なのに人のことをツイッターでこんなに悪くいって、これは基本的人権を侵している。
=========ここまで。

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/05(土) 19:13:50 | | #[ 編集]
そもそもねぇ
そもそも女性を男性と同じように働かせようと考えている事自体が間違いだと思います。今、日本の男性が長時間労働をして過程を顧みなくても成り立っているのは、奥様あっての事なのです。男性がそんなに長時間働かなくても良い労働環境に改善して、男性ももっと家事育児に携わる時間が持てるようにして、男性もそう言う意識に変わらないことには、抜本的には改善されないと思います。日本社会で活躍している女性を支えているのは母親で、母親と同居していても子供はできませんから少子化が進む。長時間労働ですから出会う機会もなく晩婚化が進むのです。政府は何も分かってないですよ。
2014/07/21(月) 08:57:03 | URL | Katsuei #bQBrz5D6[ 編集]
Re: そもそもねぇ
Katsueiさん、コメントありがとうございます!

おっしゃること、すべて同意です。
>男性ももっと家事育児に携わる時間が持てるようにして、男性もそう言う意識に変わらないことには、抜本的には改善されないと思います。

そうなんですよね。
それで、女性は主に家事をするのだから補助的な収入でいいだろう、
という意識が雇う側で根強く(社会的・世間的にも根強く)、
女性の賃金は低いです。
今は良くないことに、
低賃金でよいとする風潮が、男性に払う賃金にまで及んでいると感じます。

今日の朝日新聞の「シングルマザー、追い詰められて 今そこにある貧困」
という記事なのですが、
http://www.asahi.com/articles/ASG7Q132CG7PUHBI023.html
一人親でも育てられるような支援がないと、
どんどん荒廃していきます。
結婚=子どもが生まれる、夫婦で育てる という図式が古いと感じます。

Katsueiさん、ありがとうございます。
2014/07/26(土) 16:23:43 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
こんばんわ。
なによりその場で解決できなかったことが残念でなりません。
野次が華というなら誰かが割って入り、訂正・謝罪を求めることもまた華だと思いますが・・・
おかげでそこに居合わせたすべての人が容認しているかのような印象を与えてしまいました。
たしかに、女性議員の涙は褒められたものではありませんが、それよりもこうなるまで事態を把握できないでいる議員に呆れてしまいます。
きっと反論する機会は与えられているのでしょうから演説中の野次という野次は遠慮してほしいですね。

セクハラ野次とは関係ありませんが・・・
湯浅誠さんがこれからの就労のあり方についてわかりやすく解説してくださっています。
大竹まことゴールデンラジオ
http://www.youtube.com/watch?v=HPUvLeri5Ik
2014/08/01(金) 00:18:11 | URL | ちーず #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ちーずさん、いつもコメント、ありがとうございます!

> なによりその場で解決できなかったことが残念でなりません。

まったくです。。
そして、こういう「セクハラ野次」は全国の地方議会でもあるらしく、
ひどい事例も、ネットでたくさん見ました。
これは「あきらめ」で言ってはなりませんが、
その場で解決しない議会というのは、山ほどあるんだろうなと思いました。
(この問題が大きく取り上げられて以降、「セクハラ野次」が
ぴったりと止んだところもあるらしいですが、
一時的で終わらせてはいけないと思います。
「セクハラ」に限らず、嫌がらせやいびり(いじめ)のような空気、をですねぇ)

> 野次が華というなら誰かが割って入り、訂正・謝罪を求めることもまた華だと思いますが・・・

野次が華、というのは、誰もが笑うような(または失笑)、
言われた方が「まずい!」と思って、冷や汗をかくような野次でしょうか。
ウィットに富んだ、というか。
塩村都議に対する野次、こんなのは、いじめと同じだと思います。

> おかげでそこに居合わせたすべての人が容認しているかのような印象を与えてしまいました。

繰り返しになりますが、これは「いじめ」と同じだと思います。
誰でもいいから、「何だそれは!」「関係ないだろ!」でも、
対抗野次を言うべきでした。
塩村さんについては、私がその立場なら、せいぜい表情が凍りつく、ぐらいしかできないです。私も、社会人新人の頃に間接的にではありますが、性的な話を聞かされて、処世術として、黙っていなければなりませんでした。
長くてすみません、続き。
ひどいのは、女性の先輩が男性社員と性的な話をしていて(私は、場末の飲み場じゃないのにしかも会社の同僚と会社で、よくそういう話ができるな、とあきれていましたが)、
私に対し、「そのぐらいは分かっといたほうがいい」「いちいちそういうことで男性社員をにらまないように。」のような接し方をしたことです。(そういう人ばかりではありませんが)

今では、「セクハラ」という概念が行き渡っているであろうと思うのでそんなことは無いでしょうが、1990年代初めはそんな感じでした。


> たしかに、女性議員の涙は褒められたものではありませんが、それよりもこうなるまで事態を把握できないでいる議員に呆れてしまいます。

ちーずさん、長くてすみません、
いやぁもう、それは議会に限らず社会の隅々に行き渡っていて、
少子化になるのも当然だと思います。
日本全体がセクハラ、またはいじめ体質だと言っても過言ではないような気がします。
(それは、見えない暴力として行き渡っています)

> きっと反論する機会は与えられているのでしょうから演説中の野次という野次は遠慮してほしいですね。

最低でも、 議会では、ですよね。。

> セクハラ野次とは関係ありませんが・・・
> 湯浅誠さんがこれからの就労のあり方についてわかりやすく解説してくださっています。
> 大竹まことゴールデンラジオ
> http://www.youtube.com/watch?v=HPUvLeri5Ik

ありがとうございます!聞いてみます。
ちーずさん、いつも感謝です。
2014/08/11(月) 19:03:36 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック