家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


薬物注射による死刑執行の失敗例(アメリカ)。 自ブログ過去記事を振り返ります。
2014年05月29日 (木) | 編集 |
こんばんは。今日は少し重い話題です。
死刑制度の続き。約5ヶ月ぶりです。

私は以前(2013年12月16日)、死刑は刑であるが、国家による殺人でもある。
という記事を書きました。
その中で、
『私は、今の絞首刑は、残虐だと思います。
その点では、死刑を今すぐ廃止すのは無理でも、
薬物注射など、できるだけ苦痛の少ない方法に変えた方がいいのでは、

と、思います。』

と書いて記事を結びました。
しかし、薬物による死刑執行では、アメリカで失敗した死刑囚が何人かいる、
というのを(今年)4月になって知りました。
最期は眠るように・・という、ドラマや映画のような死刑囚の死を想像していました。
でも、違いました。
(死刑で「きれいな死」を想像する自分の心は、無意識にグロテスクです)


下に、アメリカで死刑囚に対する死刑執行が失敗した例を、リンクします。

■AFP BBニュース(2009年10月18日付)
AFP BBニュース 「 米国の死刑、執行失敗例では中世並みの悶絶」

■CNNニュース(2014年1月17日付)
死刑に使う薬物変更、10分間あえいで死亡 論議も 米オハイオ州 2014.01.17

■The Huffington Post国際(2014年05月01日付)
アメリカで死刑執行に失敗 死刑囚は意識回復後に死亡

AFPの2009年の死刑執行の失敗例では、
死刑囚は、『9月、ローメル・ブラウン(Romell Brown)死刑囚の刑執行では、致死薬注射が試みられたが、針を刺すのに連続18回失敗し、』という状態だったようです。
執行する側の不手際なのか薬物が合わなかったのかそれとも違う理由か不明ですが、
この頃はまだ、
「薬物の在庫がなく、本来とは違う薬物で失敗」という理由ではないようです。

2014年1月の例では、(一部抜粋、転載。色文字の部分)
米国ではオハイオ州など多くの州が死刑執行の際に薬物を投与しているが、欧州の医薬品メーカー各社が自社の製品を米国の死刑に使うことを禁じたため、代替薬の使用を迫られていた。
オハイオ州は、デンマークのルンドベック社が製造する麻酔薬のペントバルビタールを使っていたが、ペントバルビタールの在庫が昨年9月で底を突いたことから、マグワイア死刑囚の死刑では初めて、鎮静剤のミダゾラムと鎮痛剤のヒドロモルフォンを組み合わせて使った。

デンマーク製の麻酔薬の「在庫が底を突いた」という理由で他の薬物にしたら、
死刑囚が『約10分間にわたってあえぎ、体を震わせながら死亡した。』
ということです。

今年4月29日の失敗例では、(引用、抜粋。色文字の部分)
『死刑囚は最初の薬物が投与された約10分後に意識を失ったと宣告されたが、その約3分後に息が荒くなり、体を動かして頭を上げようとし、声も出したという。州は注入に問題があると判断して執行を中止したが、死刑囚はその後死亡。執行開始から約40分たっていたという。』(「The Huffington Post国際」が「朝日新聞デジタル」から引用)
これも、『ヨーロッパの大手製薬会社数社が、死刑執行のための薬物販売を拒否しているからだ。』(上リンクHuffington Postの記事より)
というのが理由でしょうか。

ヨーロッパの製薬会社が、死刑執行のための薬物を売るのを拒否していて、その代替として他の薬物を使ったら、死刑執行時に、死刑囚に著しい苦痛を与えた、
というのを私が知ってからもう一ヶ月は経っていますが、
なかなか重い内容で書くことができませんでした。
上にも書きましたが、繰り返し。
昨年12月16日の記事で私は、
『薬物注射など、できるだけ苦痛の少ない方法に変えた方がいいのでは、
と、思います。』
と書きましたが、それはちょっと、考え直すべきだと思いました。
薬物でも、「すんなりと死ぬ」わけではないと知ったからです。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック