家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「美味しんぼ」について。
2014年05月12日 (月) | 編集 |
こんにちは。

漫画雑誌の、ビックコミックスピリッツ(No.24号)を買ってきました。
F1000211 スピリッツNO。24 5月12日発売 表紙

今、話題になっている「美味しんぼ」を読むためです。

~これまでの流れ~
■「ビッグコミックスピリッツ」22・23合併号(4月28日発売)の雁屋哲さん作の「美味しんぼ」(福島の真実編)に、[福島第一原発に取材に行くため主人公が福島県を訪れるが、そこで鼻血を出すシーンが描かれた]
というのが、今回の《騒ぎ》の発端。(なのでしょうか)
~その後の動き~
「美味しんぼ」の表現で抗議 福島・双葉町、小学館に 2014年5月7日
(朝日デジタル)
小学館発行『スピリッツ』の『美味しんぼ』(第604話)に関する抗議について(福島県双葉町HP)(2014年5月7日)
「県民への差別助長」双葉町が小学館に抗議 「美味しんぼ」の鼻血描写
(msn産経ニュース・2014.5.7)

参照:
■「美味しんぼ」作者の、雁屋哲さんのブログ
『雁屋哲の 今日もまた』

=================

私自身は、漫画(コミック)そのものをほとんど読んだことがないので、
この話題はツイッターで知りました。
それで、《問題》となった22・23合併号のスピリッツの「美味しんぼ」を読み、
今回も買って読みましたが、
なぜ今頃になって(原発事故から3年も経っているのに)、
漫画の作者が鼻血描写をしたことで騒ぐのか、と思いました。
「美味しんぼ」の『福島の真実』編は、今回で23回目の連載なのですね。
読んでみたら、雁屋さんが取材して作品にしたことも、もう、語りつくされている内容ではないか。それが、井戸川前双葉町長という実在の人物が出てきたから、《騒がれる》ことになったのだろうか。

しかし、「美味しんぼ」はあくまで、作者が描く作品、だと私は思うのです。
今回の号では、主人公の山岡が「しかし、驚いたよ。俺だけでなく、親父も鼻血が出ていたとはな。」と、”心配”している。これは山岡の物語であり、山岡の福島取材であり、その中で、前双葉町長の井戸川さんが出てきて自分の体のことを話しただけではないか。
双葉町は小学館に抗議(何の抗議だ、と私は思った)をしたのだが、
それはやり過ぎだと思う。


コメント
この記事へのコメント
配慮がなさ過ぎてる「鼻血描写」
 こんにちは。

 ハッキリ言って「美味しんぼ」の鼻血描写騒動、相手に対する配慮があまりにもなさ過ぎるし、科学的にも医学的にも根拠もなくただ作者の思いつきで書いたのかとすら思います。
 私は思うに、いくら「表現の自由」だからって、根拠もなくここまでヒドく表現するのは相手に対する侮辱も甚だしいです。放射能と鼻血の因果関係すら分からないのに、あたかもそれを事実のように載せるのはガセネタもいいところです。

 だったら今まで福島を訪問した国会議員でその後そのような症状が出たのか? 出てもないのになぜ? です。
 双葉町が小学館に対して抗議文を出したけど、双葉町、いや福島県全体をバカにしたようなもので許し難い! と行動に出るのは無理もないが、論争してこの問題にけりをつけるべきだと言う意見もあるけど、抗議文を出したり当該号の回収及び謝罪コメントを要求はやり過ぎだろうか・・・。
 アメリカみたいにすぐに訴訟に至ってはないが・・・。

 私は「表現の自由」を尊重する立場ですが、その「自由」にだって限度と言うものはある、やり過ぎれば名誉棄損罪で訴えられて、世間から非難されることだってあるのです。ろくに調査もせず自分の思いつきで書いて問題になればなお更です。

 またこれまでも問題となった描写や表現が結構ある「美味しんぼ」、長寿作品故に影響力もあるだけに、今回の問題は作品の存続に関わる問題となるでしょう。それだけでなく実在の双葉町の前町長を出したことで余計火に油を注いでしまった感もあるけど。

 クジラを巡る問題や従軍慰安婦問題を見ればよく分かりますが、根拠もなく自分の勝手な思いつきでそれを事実のように騒ぎ立てる方こそが問題なのです。
2014/05/14(水) 15:50:32 | URL | アジシオ次郎 #-[ 編集]
Re: 配慮がなさ過ぎてる「鼻血描写」
アジシオ次郎さん、いつもコメントありがとうございます!e-68

>  ハッキリ言って「美味しんぼ」の鼻血描写騒動、相手に対する配慮があまりにもなさ過ぎるし、科学的にも医学的にも根拠もなくただ作者の思いつきで書いたのかとすら思います。

それはどうでしょうか・・。
> 科学的にも医学的にも根拠もなく
とは、私は思えないのですよね・・。

この記事にも書きましたが、私が最重要視したのは、
「私自身が、コミック雑誌を買ってまでほとんど読んだことがない」
ということです。
なので、ブログにも書きましたが、
「これは山岡の物語で、井戸川前町長には話を聞いて井戸川さんが自分の体調を話しただけ」、ということだと思いました。
(夫が以前、「ヤングジャンプ」や「ヤングマガジン」を買っていたのですが、
私は1ページ読みきりや四コマ漫画、ギャグ漫画しか読んだことがないです)

ただ、食べ物が「主人公」で、語り部の中心が山岡さんという見方もできます。

>  私は思うに、いくら「表現の自由」だからって、根拠もなくここまでヒドく表現するのは相手に対する侮辱も甚だしいです。放射能と鼻血の因果関係すら分からないのに、あたかもそれを事実のように載せるのはガセネタもいいところです。

『放射能と鼻血の因果関係』は、「ある」とも「ない」とも言えないと思います。
ただ、原発が爆発して広範囲に放射性物質が飛び散った、
というのは事実です。
放射性物質には、大変な毒性があります。
原発事故の後に、「あまりにも量が多いのではないか」と感じる鼻血が出たのなら、放射性物質と関係があるのではないか、とは考えてしまうのではないでしょうか。

>  だったら今まで福島を訪問した国会議員でその後そのような症状が出たのか? 出てもないのになぜ? です。

それはおそらく、個人差があるからだと私は思います。
チェルノブイリ原発事故後も、避難しろというのに「居座って」しまった住民がいましたが、極端に言ってしまうと、そこに住んでいても元気な人は元気なのと同じ、というのと似ています。
また、福島(といっても、福島のどこなのか、が問題)を視察した議員と、福島の中でも、放射線値の高い地域に日ごろ住む住民では、普段の免疫力が違ってくる、ということもあるのではないでしょうか(これにも個人差はあると思います)。
放射線値が高くても、食べ物に気をつけ空気清浄機をつけ適切に処分して(ゴミに出す、ということになるでしょうか)マスク(放射性物質まで防護できるマスク)を手放さず、
不摂生に気をつけ・・・
という人でも、爆発当初には鼻血が出たりしたのかな・・・と、
私の想像ですが、そう思います。
また、除染をしていますが、
たとえば私の住む山梨では今日はとても風が強いですが、
福島でも、風が吹くと、放射性物質の多い地域の土壌が乾いて飛ぶと思います。
そうすると、
事故から3年経っても鼻血が出る人もいるのではないか、と、想像します。
放射性物質が人体に最初に行く部分は、粘膜や肺だと思います。

>  抗議文を出したり当該号の回収及び謝罪コメントを要求はやり過ぎだろうか・・・。

ブログにも書きましたが、私は、「やりすぎ」だと思いますね・・。

>  私は「表現の自由」を尊重する立場ですが、その「自由」にだって限度と言うものはある、やり過ぎれば名誉棄損罪で訴えられて、世間から非難されることだってあるのです。ろくに調査もせず自分の思いつきで書いて問題になればなお更です。

それはそうなのですが、
私は、「美味しんぼ」はあくまで作品で、「山岡さん」の物語(夫がアニメを見ていたことがあったのですが、その時に聞いた話によると)でしょうが、実在の場所や食べ物屋さんも出てくるそうです。
だから、さっきも書きましたが、主人公の山岡さんは「語り部」で、
グルメの紹介や風刺も含めての作品、ということだと思います。
その中で、実名で井戸川さんが登場したのですが、「実在の場所や人物も出る」ということならば、今までの路線と変わりないということですよね・・。
で、井戸川さんは、「鼻血が出た」という、自分の体験を語ったわけです。
雑誌を買って読むと分かりますが、放射能を吸ったから鼻血が出た、
とは、一言も描かれてはいません。

ただ、漫画の中で福島に言及するにしても「福島」といっても広く、
福島の会津地方や白河よりも、東京や首都圏で汚染がひどい地域があります。
除染が必要なほどです。
(たしか、横浜か横須賀か、その辺りでストロンチウムが検出されたことがありました(すみません、福島由来かどうかは、分からないのですが))
そこは確かに、気になります。
「福島」と、ひとくくりにするのはよくないのでは、と感じます。

>  またこれまでも問題となった描写や表現が結構ある「美味しんぼ」、長寿作品故に影響力もあるだけに、今回の問題は作品の存続に関わる問題となるでしょう。

それは、私は危険な方向だと思います。
表現の自由、言論の自由にかかわります。
「ヘイトスピーチ」とは違う、と思います。


>  クジラを巡る問題や従軍慰安婦問題を見ればよく分かりますが、根拠もなく自分の勝手な思いつきでそれを事実のように騒ぎ立てる方こそが問題なのです。

うーん。。
「根拠もなく」・・・
根拠もなく、というよりも、取材して分かった事実をそのまま作品にした、
というのが、私の感想です。

アジシオ次郎さん、長くなってしまい、すみません。
ありがとうございます!
2014/05/16(金) 18:45:52 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック