家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »03
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ルイ・ヴィトン
2014年03月28日 (金) | 編集 |
どうもこんにちは。

最近、春になってポカポカと暖かくなってきたからなのか、
何となく、ツイッターにしても文章がまとまりません。
ブログも更新はしたいけれど、あまり内容が重いと・・無理かも。どうしよう・・
と思っていたところへ、コメントをたくさんいただいて、ヒントもいただきました。
ありがとうございます。

今日は、ファッションブランドの「ルイ・ヴィトン」について、です。

ヴィトン(LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループの中核ブランド(wikipediaより))のバッグや小物というと、最近、見かけないような気がします。(もっとも、私が近所の買い物や妹の家や病院へ行く以外、ほとんど家から出ていないというのが大きいですが)
たまーに、デパート(百貨店ですね)の売り場を通り過ぎますが、売れているのかな・・なんて思ったり。今はほとんど、ネットか、質流れ品などの格安な物が流通しているのでしょうか。

私が20代の頃は、バブルがはじけてその名残の空気が世の中に流れていて、ブランド品なんかも、観光地に行くと、バッグだけはヴィトン、とかそんな人が沢山いたような記憶があります。
もう少し進んで2000年代~だんだん経済的に苦しくなってきたからか、その頃から、財布だけヴィトン、という人を山梨の街中でも見かけるようになりました。
で、最近は・・・(これも私が極端に家から出ないなったのが原因とは思いますが)
ほとんど見かけないように思います。
(昨日ドラッグストアで、私より少し年上くらいの人が、古ぼけたヴィトンの財布を出していたのがなぜかとても印象に残りました。)(というただそれだけですが)

今、「ヴィトン 最近」で検索したら、知恵袋でルイヴィトンのバッグ(特にモノグラム)は最近街で見かけなくなったと思いませんか?というQ&Aを見つけました。
(「中国人と同レベルに見られたくない日本人はヴィトンを買いませんよね?」という、質問者の一言がすごいわ・・と思いましたが)

私が見つけた一番最新(2011年)のニュース(ルイヴィトンなど高級ブランド 日本での販売「底入れ」気配)や、他のサイトを見ると、ルイヴィトンの世界でのシェアで日本が占める割合は10%くらいといったところでしょうか。このニュースサイトでは『ただ、かつてのような「ブランド信仰」は若者層を中心に薄れており、ピーク時(1996年、1兆8971億円)の半分以下にとどまる。』とあります。

だから、今どき「ヴィトンを語る」のは相当な遅れ感はありますが、
どっちでもいいですが私がヴィトンや他の欧米有名ブランド品を持って使っているかというと、持っていないです。
なにしろ、特にヴィトンは難しいです。テレビで紹介していて「うわ、かわいい鞄~」と思っても、自分に合うかどうか、なんですよね。鞄だけが浮くというか。
それは、他のメーカーでも同じかも。一時期、「プラダ」のバッグがやたら流行った時がありました。猫も杓子もプラダ。あっち向いてもこっち向いてもプラダ。しかも、これがまた、ビニールで出来ているのに(特殊ナイロン?のような)、やたら価格が高いのです。よくこんなビニールに高いお金出すわ、と(私も一つ欲しいかも・・と内心思いながらも私は人と一緒じゃ嫌だわみたいのもありましたが)、思ったりもしました。

長い。すみません。

「カッコいいわ」と思ったのは、うのちゃん(神田うの)が、もうかなり前(10年くらい経つかな)どこか海外から帰ってきたのか出発か、空港の通路でヴィトンの皮のスーツケースを5,6個重ねてカートを押していた時。さっそうと。(元サッカー選手の中田も、空港でそんな感じだった)

なんか、お金貯めてやっと買ったのを押入れから大事そうに紙袋や箱から出してチマチマ使う、という感じじゃないんですよね、ヴィトンは。うのちゃんみたいに荷物を入れてガーっと運んで、部屋に入ってもその辺に投げとく、のような使い方がいいです、皮の鞄は特に。ブランド物は特に頑丈につくられているでしょうから、日ごろからどんどん使えばいいと思います。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック