家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「組織票」とは何か。
2014年02月22日 (土) | 編集 |
雪がたくさん、降りました。
といっても、私が住むところは、まだいい方です。
都市部という都市部、でもない、
「田舎!」でもない(今は全国そういう場所でしょうが)。
同じ県内でも、山間部は大変です。


雪が降って2日後、
普段に比べて車がほとんど走っていない道を、夫と一緒に、
歩いてコンビニに行きました。
地区は違っても、わりと近所。
「ああ、ここにこんな人が住んでいたのだな」
ということが分かる。
車が走っていないので、のんびりしている。

道のあちこちで、公明党のポスターを見かける。山口代表の顔。
この地域は、「創価学会率」が高い。
家から出て、雪かきをしている。
ここの人もここの人も・・学会員の人がいるのかぁ、
と思いながら私は歩いていた。

私が犬の散歩をしなくなって以来、久しぶりに行き会ったおじさん。
すごい勢いで走り去る軽トラックを見て、
「なにあれ、危ないよねー」と、顔を見合わせて苦笑いしました。
(このおじさまは、昔から創価学会の人)


東京で知事選が行われた時、
「組織票」という言葉がしきりにマスコミで繰り返された。
「組織票」って、分かるような分からないような。

近所の創価学会の人は、親切だと感じることが多い。
なんというか、印象が良い。実際に親切だと思う。
祖母の存命中(祖母は、熱心に学会の活動をしていた)も、
私が犬の散歩をしていた頃も、
みんな、ニコニコと挨拶してくれる。
私は、とても嬉しい。こちらも思わず、満面の笑みになる。


私は・・「宗教」について、分からない。いろいろ理解できないことは多い。
創価学会と政治の関係についても、詳細を理解し切れているわけではない。
(何か本を読もうと思ったが、本を読む速度が遅過ぎて断念した)

ただ、創価学会の方々が「南無妙法蓮華経」といって、
祖母や母を見送ってくださったこと、
それはとても感謝しているし、
祖母が、「ご本尊様」に向かって拝んでいたのも、
健康のためにいいと思っていたし、
母から後で聞いた、
「おばあちゃんは死ぬ少し前まで、拝むポーズをしていた」というのも、
感慨深いものがあった。

ここで、なぜ、創価学会の話になるのか、と思った方はいるだろう。
それは、一番近い国政選挙の時でも都知事選の時でもそうだが、
これだけの悪政続きで、「なぜ有権者は自民党と公明党に投票するのか」
、ということに考えが及んだからである。


創価学会の人で、私の父のように「幽霊会員」というわけではなく、
それなりにまたは熱心に活動している方は、相互扶助の精神というか、
そういう気持ちを持っているように感じる。
今は地域でかろうじて残っている、親身なコミュニティ・・
そういう心が、創価学会では自然と息づいているのではないか。

雪かきの時に、近所の人と話したり、お茶を飲んだりした時の、
共同体のような安心感。
学会員はそういうものでつながっているのではないか。
「組織力」とわざわざ言わなくても、助け合おう、のような。
そういう、「ふわふわとした」(という表現は私の主観だが)、
心地の良さがあるのではないか。

これは私の推測だが、(学会員にも「最近の公明党はおかしい」と思う人はいるだろうが」)、学会員にとって、公明党の政策そのものは大事ではないのだと思う。
公明党幹部について言えば、党の存続そのものが活動理由(自民党とくっついている)、
のような。


この前の都知事選で当選した舛添さんの得票は、
おおかた「組織票」ではないかと、マスコミでは言われていた。

自民党推薦で(首相も応援に来ていた)、公明党もそれに追随・・・
そういう感じだったのだろうか。

そして、学会の「組織力」を使って、学会員の有権者に「お願い」する。
(学会の頂点から「上意下達」のように(昔祖母から聞いたりした話を思い出しながら書いているが))
普段会っている○○さんから「△△さんに投票お願いね」と言われれば、
当然、特に高齢者であれば、学会は、自分が究極に「ヤバい」というときの命綱(例えば病院と連絡を取ってくれるなど私には学会が「インフラ」っぽいイメージがある)という役割もあるのではと想像するので、「お願いね」と言われれば投票するということになるだろうし、学会員ではない自分の家族や知り合いにもその候補への投票を勧めるだろう。(私は祖母から、「公明党に入れてやってくれ」と言われたことは、何度もある)
若者の学会員だったら、選挙の時に、学会員ではない知り合いに電話をかけて「○□候補に入れてね」とか。(私は実際にかかってきたことはあります)


ただ、そういうのとは別に、
昔も今も、私に挨拶してくれる人々の、学会の人の気持ちの温かさ。
そして、祖母や母の葬式や法事に来てくれた方の、頼りになる感じ。
「組織力」とは、そういうことかな。

自民党についても、もしかしたら似たようなことが言えるのではないか。
自民等と農家のつながりなどは、私は詳細を知らないのだが、
農家で自民党員なら(昔なら)、だれでも、
頼りになる身近な人が推薦する候補に入れたくなるのか。
近所の人と政治について、などとても話をする機会はないので、
それは想像の域を出ない。
(ただこの間の雪かきで、父を含めた近所の人と話していて、共産党への「アレルギー」みたいなのは強いんだな、とは感じた。)


創価学会員でも、信仰はしていても、政治(公明党)とは別、
という人はいるのだろうか。


この前の都知事選では、当選した舛添さんの評判は、ネットに限れば、
あまりよくなかった。
にもかかわらず、「組織票」とやらを大量得票したのか、
舛添さんが当選した。


「組織票」。そして、「組織力」。

それは、おそらく目に見えないもの。

選挙そのものがもう、形骸化している、という指摘もある。
それもそうなのだが、
自分で「こうだ」という、自己判断が出来ない人が多いのではないか、
と私は思っている。
都知事選付近の私のツイート、そして私がうまくいえないことを、
ツイッターで言っていた方がいた。
それを載せておく。



上の、asoさんのツイート、同意です。
大雪が降って電車のダイヤが乱れているのに何時間かかるか分からないのに、しかも3.11の翌日でも会社に行こうとする人たち。
でも、雪だと選挙には行かないのか、と私も思います。



創価学会について、このブログで書くのは、かなり迷いました。
「タブー」「暗黙の了解でそういうことは書かない」・・・
そういうのが思い浮かび。
2ちゃんねるなどの掲示板ではともかく、ツイッターや普通のブログでは、
学会について、あまり見かけたことがなかったので。
弱小ブログなら、注目もされまい、と思いました。

創価学会のことを書いたけれど、創価学会の存在そのものへの批判、
というのではないです。
ただ、学会が公明党とくっついているのは、
憲法で定めている政教分離に違反している、と私は思います。
(「くっつく」という稚拙な言葉遣いですみません。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック