家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


その笑いの意味は?
2014年03月07日 (金) | 編集 |
下に貼り付けたのは、
私がツイッターでフォローしている、「たか」さんという方のツイートです。
(2014年1月17日)

スーツ姿の男性は、
プラカードの、「原発反対」という言葉または内容の、
何に対して「クスッ」として笑ったのか。

上の、たかさんのツイート、ずっと引っかかっていました。

なぜ、笑ったのか。
その笑いの意味は、何だろう。
「そーんなことやったってさ、しょうがないんじゃない?」
という感じに思って、なのか。

3,4日前に、このようなツイートが画面に流れてきた(赤文字の部分)。
まあ、平和であれ、ってのは皆思ってるのに、9条バカは何故だか、自分達に靡かない人達は皆戦争志向、みたいな物言いするでしょ?千歩位譲って彼らの危機感としても、だ…同国民すら理解出来ないのに、どうやって9条で他国は攻めて来ないと言えるのか本当に不思議2014, 3月 3

原発反対のプラカードを見てクスッと笑った人と、イメージが重なった。
同意できる点はある。
『9条バカは何故だか、自分達に靡かない人達は皆戦争志向、みたいな物言いするでしょ?』という部分。憲法9条を守りたい全員がそうでなくても、そういう傾向のある人もいる。
だけれども、だよ。
憲法9条は変えてはならない。
これは、国民のものです。

こういうことだと思います。(ツイートを使わせてもらいました)

憲法9条
「1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」


私が実際に誰かと直接、憲法9条について話をする機会があるか、というと、
ないです。
インターネットの中の世界では、ツイッターで見たり転載したり、
掲示板などのサイトをたまに見たりはあるが、
外交関連の話題の中で、
9条を軽く取り扱っている傾向がある、と感じる。

戦争の話を振ったら、「今は昔みたいに白兵戦ではなく、核兵器で終わりだよ」
とか、「9条があるから中国が責めてきても自衛隊は太刀打ちできない」とか、
掲示板などでそういうやり取りをみていると、
憲法9条そのものを、大雑把にでも理解していないのではないか、と感じる。
大手マスコミでも報道しているように、
安倍首相は「集団的自衛権の行使を容認する」という方向です。
(集団的自衛権行使=海外で戦闘行為をすること)
ネットで先のような書き込みをしている人たちは、その危険が分からないのか。

ただ、でも、まだ、ネット空間の中であっても、全く関心がないのではなく、
書き込みをするだけ、「ネトウヨ」はマシかも・・とは思う。


上の人のツイート(赤い文字の部分)が2,3日引っかかっていて、今日私は、

こんなつぶやきをした。


本音と建前という言葉がある。

全て建前で生きていく、というわけにもいかない。

けれど、相手に本音を言うと「ふっ、そんな理想・・」などと言われる・または思われるのを恐れて、表上は「シニカルな」または「ニヒリズムな」自分で固めているのだろうか。
私もそういう部分があることは認めます。無難に人と付き合いたいとか。
でも、誰かと話をしていて、ふと「憲法9条についてどう思うか」と尋ねられても、
笑ったりはしないと思う。
だって、それは大事なことではないか。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック