家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »03
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


白髪
2014年01月27日 (月) | 編集 |
こんばんは。このブログは、「ごった煮」です。
今日は、白髪について、です。

白髪について書いてみよう!と思ったきっかけは、この前ドイツについて書いた、リンクさせていただいた「マユマユゲ」さん(以下、「マユゲさん」)のブログ:(新)つぶやき日記の
『白髪を巡る冒険と考察』(2012年3月25日日曜日)
を読んで、「ああっ、分かるわ~。分かる分かる!」と、
PC画面を見ながら独り言を連発しながら、読み入ってしまったことです。

上のマユゲさんの記事から、ちょっと抜粋して転載させていただきます。

25歳で両サイドの内側に数十本ずつ出始め。
31歳ではもう白髪染めに手を出さざるを得ない状態に。
34歳でその切なさに耐えきれず、白髪染めを辞め…。
35歳で局地的な白髪率は30~40%を超えている状態に。
もう。こと白髪との戦いに関しては。
50代後半並みの経験値があるのだ。


この状態、私とほとんど同じです。白髪出てる・・と気がついたのが、
私は27歳の時。
髪の色が真っ黒なので、最初は白髪染めではなく「ブリーチ」(脱色)していました。
けれど4度目のブリーチで頭皮が髪の毛全部抜けるかと思うほど、
「表皮が!頭の皮取れるわ!」というほど痛くなり、恐ろしくなりやめました。
以降、どうしても急に短時間で染めないとならない(そういう場合はドラッグストアで売っている毛染め剤使用)という時以外は、
「ヘナ」という、インド産の、100%天然成分の染髪料を使っています。

へナの良いところは、素手でも良いところです(アレルギーのある人は、注意)。
(一応手袋はついているし、素手だと使用後に手が赤茶色くなってしまうが、私の場合は頭皮にも手にもアレルギーは起こらないので、素手です。感触が分かるので作業が速く進みます)
ただし、へナは染めるのに時間がかかります。
今、ドラッグストアで売っている毛染め剤は、放置する時間は15分くらいで済みますが、
へナは最低でも1時間。(1時間だと、難しいかも・・2時間、かな)
私は、念には念を入れて3時間放置しています。
方法:通常どおりシャンプーリンス洗髪(私は、石鹸シャンプー&ホホバリンス)→練って用意しておいたへナをまんべんなく髪に塗る(地肌も忘れずに!)→サランラップでしっかり巻く→その上からシャワーキャップを被ります。→3時間放置。
(あまり放置しすぎると、へナが紙粘土のように固まり始めて、
髪の生え際など、へナがはみ出た部分がカピカピになるので注意)

問題は、この格好の頭の時に「こんにちは~」と誰か来てしまうことです。
(それは、15分放置の染髪料でも普通に髪を洗い中でも同じことですが)
ガス屋のおじさんが集金に来た時にシャワーキャップ被って・・ということは何度かあります。宅急便の人も。さらに上にタオルを被って、「こんな頭ですみません」と言いながら、
「どうも~」と笑って応対します。
(宅急便の人は、私の頭のことはどうでもいいようでした)


それで、女性の白髪について、です。
マユゲさんの記事を参照に。
『白髪を巡る冒険と考察』(2012年3月25日日曜日)

私は、今からもう8年前になるでしょうか、体調を崩してかなり長い間(その頃はもう、へナで染めていました)髪を染めることができず美容院に行ってカットすることさえ、できずにいました。
体調が上向いてきた時に、久しぶりに鏡を見たら、頭が大変なことになっていました。
「えええええええええぇぇぇ何これ。((;゜Д゜)マズいわ~白髪が…いやあああぁぁ」
「ってか、ナチュラルってか普通にこれおばあちゃんじゃん」

私もマユゲさんのように、染めるの抵抗あったんですよね。
マユゲさん、「白髪でも格好よく生きれるところを世間に証明してやる。」
とおっしゃっていますが、私も同じ思いでした。
染めている人は、何を隠しているのだろうか。とか、若ぶっているわね。
などと思ったりもしたものです。
白髪でも許される人、という人がいると思います。例えば女優の樹木希林さん。とても似合っていると思います。あとは、私がテレビで見たアメリカのドキュメンタリ番組に出ていた科学者(大学教授みたいな人)。この科学者は60歳前後で頭髪が7割くらいの白髪率でしたが、髪はツヤツヤで似合っていました。
そのくらいでしょうかね・・
あとは、美容家の佐伯チズさんや作家の落合恵子さん。みなさん、個性的・・。
だから要するに、女性が頭髪に白髪が出てもそのままでいる、ということは、
自分の中身(個性)が白髪に勝っていないと、ただナチュラルに白髪のままだと難しい気がします。私には、その自信はとてもない。認められないのです。
「白髪のままでいい」、と言い切れないです。そうなれればいいのですが。
もっとも、へナで染めることは、髪の保護という面では、とても良いと思います。ついでに茶色になるなら、それでよし、な部分もあります。髪をトリートメントしながら髪の一本一本をコーティングするので、仕上がりがきれいだと、時間がかかっても、鏡を見て、「あぁ、よかった」と気分は明るくなります。

ただ、もっともっと、年をとったら。
アンチエイジング的に
(それよりも、髪の量が少なくなっていそうだな。女性は男性に比べ、睡眠や食べ物などに気をつけることで、髪の量を増やせることもあるそうです)
「やはり見た目は大事」とばかりに、「アデラン○ イブファー○」なんかのHPを見たりするのだろうか。(あれは高そうですよね)



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/01/29(水) 22:42:42 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/01/30(木) 22:55:05 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
鍵コメントさまへ。v-411

コメントありがとうございます!とても、嬉しいです。
なんだか、自説を長々と展開してしまい、恥ずかしい限り。。
そちらに、メールを送らせて頂きました。m(_ _)m
2014/01/31(金) 18:47:49 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック