家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


元旦に、ほっとした話。
2014年01月11日 (土) | 編集 |
おはようございます。

アメリカ各地では、大寒波が来ているようで、シカゴの街も凍っている・・??
日本列島にも寒波が(北海道はかなり寒そうですね)来ていますね。

山梨では、我が家の辺り、夏は最高39度。冬は最低マイナス8度。
寒暖差が激しいです。


ところで・・今年元旦の話。


毎年元旦には、近所の単位の「組」で、「ご礼(れい)会」(この字かな)という、
顔合わせのような行事があります。今年もありました。ずっと続いています。
今年集まったのは、約18人くらい。

回覧板を回したり、連絡をしたり「区費」を集めたりする役割の、
「組長」という役がありますが、各世帯の持ち回りです。任期は、2年。
4月始まりで2年やって、交代し、新しい組長さんになります。

今年3月まで任期の組長さんは、両親が高齢になられて、
もう両親が組長を努めるに大変なので引き継いだ、いわば私たちの年代初の、
40代の若い男性です。
(私の住むこの集落では100歳を超える女性が一人、隣のおばあさんは94歳で、
70代後半~80歳代の人口が多く40代では「若者」です)

今年のご礼会で、その若い組長さんは3月で次の人に引き継ぐに当たり、
「私はこの地域に生きていて、初めて組長というものをやってみて、
近所のことがわかったような気がします。
至らないところもたくさんありましたが、・・」
と、挨拶をしました。

そうしたら、82歳の(小柄だが82歳にはとても見えない)おばさま(年齢的には「おばあちゃん」ですが、若く見えます)が、若い組長さんに、

「でもさあ、よくやったよ~!」

と、組長さんが挨拶している途中、みんなの前で声をかけました。
私は、「そうだなぁ」と思って、おばさま(Tさん)の言葉を、
うんうん、と頷いて聞いていました。組の人たちみんなも、ニコニコ聞いていました。
若い組長さんは、「そうですかね、ありがとうございます」と、
頭を掻き掻き、笑顔でした。

「よくやったよ」語尾は上あがりな感じで、
聞いていて、私まで嬉しくなりました。

おばさまの家は、私の家とは徒歩1分30秒くらいで、すぐです。
同い年くらいの旦那さんと「ななちゃん」という、13歳の雑種の犬と暮らしています。

私も、おばさまに褒められたことがあります。
大したことではないのですが、面と向かって他人に褒められるというのは、
大人になると、なかなか、ありません。うれしかった。

おばさまは、「おせっかい」や「詮索したがり」でも近所では有名な人なのですが、
今では何かにつけ、「余計なことを言わない方がいい」とか、どうしても表面上の付き合いになりがちの中、このおばさまは、良い意味で「おせっかい」。貴重な人です。

もう何年も前、愛犬の散歩中に、違う集落の人ですが私のことを、「若いのによく毎日散歩行ってるね!」と声をかけてくれた人がいました。
母と同じくらいの、私が昔バイトをしていた縫製工場の奥様です。

私も、人が元気になるような言葉をかけたいな。
いつまでも、自分が言われて嬉しくなっているだけではなくて、
「がんばってるね!」みたいに、人を励ます言葉。言えるかな・・。
そんなことを、思いました。



コメント
この記事へのコメント
むかし聞いた言葉
この記事で昔のことを思い出しました。

褒める時はみんなの前で、叱るときは1対1で。
これは、体育会系で後輩を指導する立場になったときに先輩から教えられた、もちろん1対1で話をしていた時の事でした。
叱ると怒るの違いもあり、場(の空気)が乱れているような時には怒る。
これらのことは自分自身を鍛えていないとできない、それが先輩の諭しでした。
私は長年の体育会系の活動の中でイジメなど見たことも聞いたこともない。優れた先輩達のお蔭と今でも感謝しています。
2014/01/20(月) 00:24:18 | URL | ictkofu #IDjST/Bo[ 編集]
ictkofuさん、コメントありがとうございます!
☆ictkofuさん、お久しぶりです。
返信が遅れてしまい、申し訳ないです。
サイトにもあまり訪問できずにいました。

> 褒める時はみんなの前で、叱るときは1対1で。

これは、とても良い言葉ですね!
うーん。。(思わず、唸ってしまいます)良いです!

(似たような言葉を私の夫が言っていたことがあって、
「批判(例えば、何かのクレームなど)は実名で、
褒めたり寄付するのは匿名でもよい」・・、のような内容だったです。)


> これは、体育会系で後輩を指導する立場になったときに先輩から教えられた、もちろん1対1で話をしていた時の事でした。

そうだったのですね。素晴らしい先輩です。


> 叱ると怒るの違いもあり、場(の空気)が乱れているような時には怒る。

この言葉も、良いです。


> これらのことは自分自身を鍛えていないとできない、それが先輩の諭しでした。

ですね。。
はい。。
『場(の空気)が乱れているような時には怒る。』

なんというか、ちょっと、心洗われるような気分になります。
ありがとうございます!
2014/01/24(金) 17:51:51 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック