家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宛名は正しく
2013年12月27日 (金) | 編集 |
こんばんは。

今、年賀状の宛名書きをしている私です。

今年は・・つい最近のことです。
私は、友人の名前・・名字ではなく(名字も大事だけれど)、
名前の一部を間違えていたことに気がつき、気がついてから2,3日動揺し、
申し訳ないことをしたなぁ…と家の中をウロウロし、
よし、メールしようと思ったら、その時、
ちょうどその友人から、短いメールが。
返信と一緒にそのことを、「字を間違っていてゴメン!」と伝えました。
そうしたら、「大したことじゃないよ」と。
ホッとしました。(ありがとう)

けれども、注意です。

年賀状を書いていて、「もしや」・・と思い浮かぶ字がありました。
記憶が怪しいような。。
年賀状を出す人の住所の地名、さらには、
名字に「敷く」の「敷」の字が使われている人が何人かいます。
という字の、上の点一つ・・・つけたり、つけなかったりしていない?私。

よし、この期に調べよう、と、国語辞典で調べました。
うわっ、ついてるよ・・点が。
(ちゃんと調べすに10数年~20数年)

もう一つありました。
東京都大田区の、「大田区」、私は「太田区」と書いたり「大田区」と書いたりしていたことに、今さらながら気づき、正しくは大田区である、と、自分に言い聞かせました。

今日はちょっと、こんな記事になってしまいました。すみません。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック