家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


抗がん剤使用について、悩む場合。
2013年11月28日 (木) | 編集 |
こんばんは。

抗がん剤使用の是非について---サイト紹介です。(2013年11月04日・月)
の記事の続きです。
この時は、当時の自分の手帳を引っ張り出していろいろ見たり、当時の母の様子も書いた(多分書いたと思う)のですが、肝心な部分を消してしまい、また、続きを。

母の病気の経緯

・2007年12月 大腸がん発見。2008年1月外科手術(リンパ節に何ヶ所か転移あり。術後何ヶ月か後のCT検査等は一切なし)(←CT検査(MRI等も)一切なし、これは問題だと思います) (少し前に乳がんも見つかっていた。→「センチネルリンパ節生検」(2008年3月)・放射線治療・抗がん剤治療でほぼ完治、と後に医師)

・2008年 大腸がんの抗がん剤治療(「ゼローダ」という、錠剤の抗がん剤を飲み始める。手先が黒くなる、感覚が鋭敏になりすぎる(冷たい水で手を洗うと痛く感じる、等))
    それと同時に、乳がんの治療も平行した。(放射線治療(わきの下の皮膚が黒くなる。だるさ等も少しあったと記憶している)、抗がん剤点滴治療。(母は、「HER2陽性乳がん」でした。それに対応する抗がん剤だったと思う)) 

・2008年は、治療に通いながら、そして抗がん剤の副作用が皮膚など表面的に出ながらも、孫の面倒を見たり、母は比較的元気でした。

・2009年4~5月。
腰の痛み、便秘のようなお腹の違和感を訴えて、だんだん腰の痛みがひどくなり、7月21日に東京の病院(都立駒込病院)にて、骨盤(仙骨)と肺(無数に点がある)と転移がある、と診断される。

・2009年)9~10月半ば。
都立駒込病院で、痛みを取る治療(適切な投薬指導)、FOLFIRI(フォルフィリ)という標準治療をすると劇的に痛みは取れ、20回(だったと記憶)の仙骨への放射線治療で、気力も回復したように見えました。

地元に帰ってきてから(2009年11月)は、車で10分くらいの総合病院に良い外科医(M医師)と出会うことができ、M医師も母の話を、どんな小さいことでもよく聞いてくれて、腫瘍マーカーも維持していました。

・2010年2月半ば、FOLFIRI(フォルフィリ)がだんだん効果がなくなってきて、FOLFOX(フォルフォックス)という種類の抗がん剤に切り替えました。

※抗がん剤(FOLFIRI)治療中は何度か、真っ赤な尿が出るくらいの膀胱炎になり、その度に「クラビット錠(500mg)」という抗生物質を処方されました(3日分)。それで大体治りましたが、精神的には、自分の真っ赤な尿を見たり、母はつらかっただろうと思います。

・2010年3月・M医師:「抗がん剤(FOLFOX)はFOLFIRIよりかは粘膜に対する刺激が少ないので、膀胱炎や歯茎からの出血が少ないようであれば、「アバスチン」(分子標的薬)を使ってはどうか」「アバスチンは、早めにした方が、効果がある」

この頃です。
M医師より、「本人(母)抜きで、家族の人と話がしたい」と言われ、私と妹が行きました。
M医師:「状況はよくない。腫瘍マーカーが以前より上がってきている。
肺に広がった転移がんは、今すぐどうこうなるものではない(結果的に最後は、肺が急激に悪化、その後すぐ亡くなったが)。問題は骨盤(仙骨)のがんで、薬の治療で完全にがんを取りきるのは難しい。
医師の話は、大体、このような内容でした。

この頃、母は、骨盤の痛みがひどい、抗がん剤の副作用でだるくて思うように動けない、抗がん剤の後は食欲がなくなる、ということで辛そうでした。
母自身が、M医師に、「先生、抗がん剤をもうやりたくない・・・。つらい。先生、抗がん剤続けたほうが良いですかね・・」と、涙ながらに話したことがあります。
私自身はその時、抗がん剤の知識がないこともあって、何と考えていいか分からず、というのはありました。
でも、母をそばから見ていて、「抗がん剤でこんなになるなら、続けない方が良いかも」と思ったことはあります。でも、抗がん剤をやめるのは、寿命を縮めることになるのではないか。そう考えると、やめた方がいい、とはっきりも言えず。

M医師は、ちょっと考え考え、「抗がん剤を続けるかどうか、は、考え方にもよりますね・・」と言った。
「全く抗がん剤をせずに、苦しくなった時だけ来て『何とかしてくれ』という患者さんもいましたよ」とも言っていた。

母は、結局、続けることを選びました。

私が自分で後悔しているのは、そこで「抗がん剤」は発がん性もあるということを知っていれば、それを母に話せたのに、と思いました。(ネットの情報で後からそれは分かりました。薬を調剤する人が、密閉した空間で、ものすごい厳重な装備をしていること、母の副作用を見ていたし、抗がん剤に発がん性がある(強い薬なので、だるいなどの副作用が出るわけです))

なので、
FOLFIRI(フォルフィリ)という最初の治療をして骨盤に放射線治療をして、がん患者用にも使える強い鎮痛剤を投与して自分でコントロールでき、調子がよくなった時点、
または、FOLFOX(フォルフォックス)という抗がん剤が効かなくなってきた時点で、治療をやめて、心身ともに日常生活もやっと、という状態ではなく、
痛みだけを取り抗がん剤の副作用からも開放されて、最後の時間は、例えば、孫と散歩に行ったり、泊まりは無理でも小旅行もできたかもしれない、と、今さらながら思っています。

「抗がん剤を続けるかどうか、は、考え方にもよりますね・・」
という、M医師の言葉が思い出されます。
母は(できるだけ長く生きて孫の成長が見たい、という希望もあり)、最後まで抗がん剤治療に望みを繋ぎましたが、それが良かったのかどうか・・と、今になって思うところです。

ただ、私は抗がん剤=増がん剤、などと、「脅し文句」になってしまうような言い方はしたくありません。
乳がんの、ホルモンに関係する種類のがんは、そのタイプに利きが良い抗がん剤があるそうです。白血病もそういう抗がん剤がある、と聞いた事があります。なので、全ての抗がん剤治療を否定はしません。

もしも自分が、がんになったら・・・
部位にもよるでしょうが、とにかく、自分のがんそのものについて、抗がん剤について、その他の治療方法について、自分が自分の主治医になるつもりで勉強するのが大事だ、とは思っています。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック